ウイルスと菌の主な違いは大きさがちがうんでしょうかね。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/02/06 17:11:01
  • 終了:2012/02/13 17:15:03

回答(4件)

id:JULY No.1

JULY回答回数966ベストアンサー獲得回数2472012/02/06 17:30:18

目立つ違いは大きさですが、じゃぁ、なぜそんなに大きさが違うかというと、自らは細胞を持たず、他の細胞に寄生することで増殖するので、いわば、「遺伝子情報のみ」みたいな存在だからです。
ウイルス - Wikipedia
なので、「ウィルスは生物と呼べるか?」という話にもなります。

余談ですが、コンピュータウィルスも、元々の狭義の意味では、「プログラムファイルの一部を書き換えて増殖する」という辺りの特徴が、ウィルスと言われる所以になっています。
コンピュータウイルス - Wikipedia

id:kumonoyouni No.2

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312012/02/06 19:30:30

北海道立衛生研究所ウェブ・サイトよりウイルスとはに対比表が載ってますが、ウイルスと菌は別物です。

ウイルスのことを「細菌」と同じように考えている人が結構いますが、ウイルスは「ウイルス」であって「細菌」ではありません。では一体何が大きく違うのかというと、細菌には抗生物質が効くのに対しウイルスには効かないということです。細菌の中にも抗生物質が効かないものもありますが、これは抗生物質に対する耐性を獲得しただけで、もともとは効いていたのです。しかしウイルスには初めから効きません。それは、ウイルスには自分の体内に栄養を取り込んで成長・増殖するという機能がないからです。

  一見すると、ウイルスも細菌もヒトに感染して困らせるという点では同じように見えますが、彼らにしてみれば目的が違うのです。細菌は、感染した生物から栄養をもらって自分の力で増殖します。栄養があって一定の条件がそろえば増殖できるので、生物以外のものにも取り付いて腐らせます。これに対してウイルスは生きている細胞にしか取り付きません。それもそのはずで、ウイルスは自力で増えることができないので、感染した細胞をだましてその力を利用し、増殖します。

  ウイルスと細菌の違いをまとめると、以下のようになります。
*** 以下、略 ***


※その他 参考サイト
[1]ドクターの健康講座より、ウイルスと細菌の違い
[2]病原体:ウイルスと細菌と真菌(カビ)の違い|これからの衛生管理|大幸薬品株式会社

ご参考になれば幸いです。

id:seimeinohana No.3

seimeinohana回答回数5ベストアンサー獲得回数02012/02/07 19:35:36

サイズ以外に重要な違いがありますよ。
カビも数万種あります。他の菌も含めたらとてつもない数の種類があります。
なので簡単ですが、人にとっての重要な相違点を大まかにご説明します。

ウィルスには消化機能、生殖機能などが無いので、人などの生物の細胞の中に入り込んで、その細胞の機能を支配します。そして栄養を摂取して増殖します。
細胞を乗っ取るようなものですから、人は病気になってしまいます。
生物の体内に入り込まない状態では、死んだように何の活動もせず、鉱物に近いものです。
インフルエンザがそうであるように、人の体の中で増殖して、呼吸で外に出て、他人に次々と感染していきます。人から人にうつるので、人ごみが危ないと言われている訳です。

一般的に言われる菌は、おおまかには、他の生物の細胞に入り込まなくても、自然の環境下で成長、繁殖する能力を持っていて、地球の生物多様性からは大切なものです。
有害菌とか有益菌とか区別していますけど、それは人に役立つかどうかで決めている分類なのです。
ちなみに、身近な有益菌には納豆菌とか酵母菌などありますね。

id:ita No.4

ita回答回数204ベストアンサー獲得回数482012/02/08 01:11:15

他の方と若干重複しますが見かたを変えて。

生物の一番すごい所は「自分と同じものを作る」ことです。機械には(まだ)できません。

もしこれが出来る機械があれば、どこかの惑星に一つ打ち上げて一個が二個、二個が4個と倍倍で増やして惑星を埋め尽くしたところで工事を始めて人間が住めるように改造したりできます。

こういうことをするには、自分の設計図と、その設計図通りになんでも作る体を持っていればいいです。生き物はそれを持っています。細菌も。

でもウィルスは自分の設計図とそれを入れる体しかありません。細菌や人間の細胞の「設計図通りに作る」機能を勝手に使って設計図を入れて体をいっぱい作って増えます。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません