海外駐在が決定しました。部下全員が外国人です。赴任までにできることは

回答の条件
  • 途中経過を公開
  • 男性,女性
  • 20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2012/02/15 12:01:19
  • 終了:2012/02/16 18:35:24

回答(100 / 100件)

Q01赴任ギリギリまで学んでおきたいことは(複数選択)

英語65
異文化理解78
会社の人間関係(政治)13
赴任先の遊びの情報15
合計100

Q02赴任前に語学学習の補助がでます。あなたは何をしますか?(複数選択)

語学用テキストを購入する34
語学学校に入学し学ぶ73
NHKラジオ講座で学ぶ22
赴任先国の人をナンパして学ぶ7
合計100

集計

×
  • id:silvertail
    外国人部下の質問に答えられるように、日本の歴史や文化について勉強しておく。
  • id:papavolvol
    海外の知識人たちは、日本の歴史や文化をとても良く知っていることが多いです。
    日本の歴史や文化を英語で正しく説明できるようになっておくと、海外で知識人として尊敬されます。
    現地で人脈を築くには必須の教養だと言えるでしょう。


    (上記の silvertail さんに賛同します。)
  • id:ShinRai
    外国人の部下を喜ばせる、笑わせることができたら、勝利では?

    私の友人は、隠し芸を学んでいました。日本的で、ダイナミックで、
    元気がでる芸です
  • id:kou-tarou
    ケア・テーカー(Care Taker)と言われないように、何事も現地の人から学ぶ姿勢が大切かもしれません。そして現地の最低限の法制度だけは、知っておいた方がいいと思います。あと宗教です。公の場でタブーとされる習慣もあります。例えば、フランスとかでは貴族に関する話は避けるのがベストと言われています。
  • id:hits
    たにぐち明生 2012/02/16 12:05:47
    英会話に自信がないならば、英語を日常的にたくさん聞くこと。
    CNNやBBCなどを垂れ流してでも観ていると、欧米と日本の報道内容の大幅なズレにも気がつきます。
  • id:matsunaga
    「異文化交流」「多文化共生」について学ぶことが最重要です。
    自文化至上主義に陥らないよう、「異なる」ことを「優劣」ではなく「興味深い」ととらえられるような訓練をしておくのがいいでしょう。違うことは正しいことでも間違ったことでもなく、ただ違う、と受け取ることができれば、いくらでも学ぶことができますし、学ばせることもできます。

    語学に関しては、対象となる言語による直接法で教えてくれてカリキュラムがしっかり整っている(理論背景のある)語学学校がいいだろうと思います。

    で、「海外駐在が決定しました。部下全員が外国人です」という質問なのに、なぜ「英語」なんでしょうね?中国だったら中国語を勉強した方が絶対にいいです。たとえば日本に駐在するフランス人が英語を勉強してきたら何でやねんと思いますよね?タイに行くならタイ語を少しでも勉強しようというこころがまえこそが、現地でうまくやっていく基本でしょう。
  • id:heatful-teppei
    松永英明@ことのはさん

    言葉足らずでスイマセン。欧米人がほとんどで公用語が英語というくくりだったもんですから。ご指摘の通り中国だったら中国語、タイだったらタイ語ですね。ありがとうございます。
  • id:heatful-teppei
    色々と皆さんコメントありがとうございます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません