ローンが払えず、自己破産した場合でも

負債は連帯保証人に移ると聞きましたが本当ですか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/02/15 23:34:34
  • 終了:2012/02/20 19:25:45

回答(8件)

id:oil999 No.1

oil999回答回数1728ベストアンサー獲得回数3202012/02/15 23:38:31

ポイント16pt

本当です。

主たる債務者が自己破産をして免責されたとしても、
保証人が責任を免れるわけではありません。

http://www.jointsurety.net/bankruptcy.html

id:taknt No.2

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982012/02/15 23:53:31

ポイント12pt

借金した本人が払えなかったら、連帯保証人が 支払うことになります。

http://members2.jcom.home.ne.jp/jiko-hasan/page042.html

自己破産をした者の連帯保証人になっていた場合には、残念ながら、債権者からの取立をストップさせる有効な手立てはありません。

id:suppadv No.3

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682012/02/16 00:46:35

ポイント12pt

貸した側になると判るとおもいますが、借りた本人が返せない場合に備えて、連帯保証人を設定します。
ですので、簡単に保証人になると大変なことになります。

id:hissssa No.4

hissssa回答回数421ベストアンサー獲得回数1272012/02/16 00:46:39

ポイント12pt

補足ですが、「連帯」保証人の場合は、元の債務者が自己破産していない場合でも返済義務があります。
連帯保証人の返済義務は元の債務者と全く同じなので、自己破産どころか単なるワガママで返済を拒否した場合でも、債権者が請求すれば連帯保証人が返済することになります。どんな理由であれ元の債務者が払わないなら連帯保証人が払わされるのです。
実質、連帯保証人というのは、返済義務に関しては「自分が借りた」のと全く同じなのです。

id:kou-tarou No.5

koutarou回答回数654ベストアンサー獲得回数812012/02/16 08:50:55

ポイント12pt

本当です。最近、連帯保証人に関してトラブルが後絶たない。朝日新聞にも詳しく出てましたね。その為、「一般個人の保証、要件の厳格化を」 するようです。
具体的には、明治期から初めてとなる本格的な民法(債権法)改正の論議が行なわれ、法改正へ動き始めましたね。
ちなみに、今月の2/14日から、銀行とかが中小企業などにお金を貸す場合、経営に係わらない人を連帯保証人にすることが原則禁止となりました(金融機関に対する監督指針改正。金融庁)。

id:taroe No.6

taroe回答回数1099ベストアンサー獲得回数1322012/02/16 12:05:26

ポイント12pt

自己破産は、
債権がなくなるわけでないので
連帯保証人に請求する権利が残るわけです。

自己破産を認められた場合は
認められた人の
返済の義務がなくなるだけなんです。

自己破産する場合は、
現在ある資産を放棄することになりますし
たいていは、自己破産をする段階になると
支払いが滞ることが多いので
連帯保証人まで行きますけど。

id:hits No.7

たにぐち明生回答回数39ベストアンサー獲得回数62012/02/16 12:26:00

ポイント12pt

主債務者が弁済不可能なときのためにこそ、保証をつけるのです。
抵当権などの物的担保でも執行されますし、保証人という人的保証の形態でも保証人に債務があります。

しかも、通常の保証人であれば主債務者が弁済不可能なときだけに請求可能となりますが、
連帯保証人であれば、主債務者が弁済しようがしまいが、いきなり請求することができてしまいます(主債務者が破産するかどうか以前に……)。
つまり、連帯保証人というのは、あたかも主債務者と同じ債務を負うようなものです。

そしてもちろん、主債務者だけが破産しても、連帯保証人には債務が残るのです。
だから往々にして、連帯保証人になっていたために破産してしまう人が出ているのです。


そもそも資産をもっていないので物的担保を差し入れることが難しい場合が少なくないうえに、
日本では昔から人的信用に依存する傾向が強く、
債権者が立場的に優位なのもあって、連帯保証人をつけることを要求することが多いのです。
債務者側にきわめて不利な社会慣習だといえます。
企業においても経営者が個人的にも保証をさせられることが少なくなく、企業倒産時に個人としても破産することが多いです。

id:yk1997kobba No.8

こっば回答回数2400ベストアンサー獲得回数2122012/02/18 20:54:41

ポイント12pt

http://www.718728.com/kabarai/hensai03.php

自己破産をした場合、自分は借金を支払わなくて済みますが、責任が連帯保証人に移るので多大な迷惑をかける事になります。

借金したら安易に自己破産すればいい訳ではなく、過払い金の返還請求をして返せる分は返済したり、他にもおまとめローンや、その他の債務整理を行うなどして、努力してみましょう。

自己破産する上で一番の問題は、保証人や連帯保証人に支払い義務が移ることで、自己破産をする場合は、連帯保証人や保証人にも相談しなくてはなりません。最悪の場合、連帯保証人や保証人も自己破産しなくてはならない状況に、追い込まれる可能性があります。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません