ゼオライト(沸石)とガラス質火山岩との違い?

ゼオライト(沸石)とガラス質火山岩(真珠岩、黒曜岩、松脂岩等)の違いは何なのでしょうか?
調べても訳が分からないので質問いたします。

調べてみると、ゼオライト(沸石)とガラス質火山岩はともにアルミノケイ酸塩であるそうです。
しかし、ゼオライトは粘土鉱物であるとどこかに書いてありました。
粘土鉱物は、風化した結晶構造を持つと理解しております。

これに対して、ガラス質火山岩は、非結晶のガラス質からなるということがわかりました。

だとすれば、
(1)ゼオライトとガラス質火山岩とは、化学的組成は共通するが、
(2)しかし、ゼオライトは結晶構造を持ち、ガラス質火山岩は非結晶構造を持つという点で互いに異なる。

したがって、
『ゼオライトとガラス質火山岩とは、単に化学組成が共通するだけで、全く異なる鉱物である』
と結論してよいのでしょうか?

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/02/19 16:44:42
  • 終了:2012/02/26 16:45:07

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません