確定申告と住民税など


確定申告初心者です。
昨年は会社員でしたが退職し今年はアルバイトで過ごしていました。

おそらく「住民税、健康保険などの額が収入に比例して減額される」はずだと思いますが
確定申告をしないと反映されないのでしょうか?

もう申告の期限が迫ってきているのですが行くことができそうもありません。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/03/10 20:48:40
  • 終了:2012/03/15 20:38:11

ベストアンサー

id:conkichi No.2

conkichi回答回数15ベストアンサー獲得回数12012/03/11 13:20:29

2011年の1月まで会社員
2011年2月~2011年12月までアルバイトで収入50万程度です。

とのことですので、

1 所得税について

 1月までの給料の金額とアルバイトの収入が103万円を超えていなければ、確実に
 1月までの給料から控除されている源泉所得税は還付されると思われますので、3月
 15日の確定申告の期限に関わりなく、(つまり期限後になっても)確定申告をして
 源泉所得税の還付手続きを行う方がいいと思います。

 上記103万円を超えていた場合でも、ご質問のような場合には源泉所得税の一部又
 は全額が還付されると思われます。


2 住民税と国民健康保険について


 正規、非正規に関係なく、給料を支給した会社には「誰にいくらの額を支給したのか」
 を、その従業員の住所地に報告する義務があり、その報告を受けた市区町村では、各
 人毎に収入を集計し、各人の前年の収入を元に住民税と、国民健康保険を賦課決定する
 ことになっています。

 ご質問の
 「住民税、健康保険などの額が収入に比例して減額される」はずだと思いますが確定申
 告をしないと反映されないのでしょうか?
 については、
 確定申告による所得税の還付請求を行うか行わないかによらず、住民税と国民健康保険
 の額は、収入に比例して賦課決定されることになっています。


3 余計なお世話

 「健康保険」というご質問でしたからあえて、国民健康保険について意見を述べましたが、
 会社で健康保険に加入しており、その任意継続による健康保険の場合でしたら、上記記述
 は当てはまらず、前年の所得がどうであっても、保険料がかわることはありません。

 上記には、給与を支給した者(会社が)市区町村に報告する義務があると書きましたが、
 少額支給の報告書を提出しない場合もあります。(会社が提出をサボる、又は制度上認め
 られている)その場合、質問者が確定申告をしたことにより、市区町村が知らなかった所得
 を、わざわざ報告する結果になるといえます。(確定申告をすると必ず市区町村にも報告さ
 れます)

 なので、私だったら源泉所得税として徴収された金額が多額でなければ、何もしません。
 この考え方や行動が、必ずしも正しくはないと思いますが。

id:hatekazu0909

区役所からも収入少ないならしなくていいよと言われました。
そういうもんなんですねー

ご回答ありがとうございます。

2012/03/15 20:37:52

その他の回答(1件)

id:seble No.1

seble回答回数4678ベストアンサー獲得回数6172012/03/10 21:18:17

順序逆で申し訳ないですが。
昨年とは2011年の事ですね?
年末調整はされなかったという事ですね?
たぶん、若干の払い過ぎなので、確定申告でいくらかは返ってくるはずだったのだと思います。
退職後、2011年末~の国保は、主に2011年の所得を基準に算出されますので、払い過ぎ状態であれば若干高めになると思いますが、サラリーマンの源泉はそれほどは多すぎないはずなので、さほどの差はないだろうと思います。
(会社がきちんと計算している場合のみ)
税金の払いすぎの場合は追徴はありませんから、申告しなくともあなたが損をするだけでさほど問題はありません。
額次第ですが、、、
2012年の収入に対する確定申告は2013年2、3月に行います。

id:hatekazu0909

わかりづらくてすみません。
2011年の1月まで会社員
2011年2月~2011年12月までアルバイトで収入50万程度です。

2012/03/10 21:24:04
id:conkichi No.2

conkichi回答回数15ベストアンサー獲得回数12012/03/11 13:20:29ここでベストアンサー

2011年の1月まで会社員
2011年2月~2011年12月までアルバイトで収入50万程度です。

とのことですので、

1 所得税について

 1月までの給料の金額とアルバイトの収入が103万円を超えていなければ、確実に
 1月までの給料から控除されている源泉所得税は還付されると思われますので、3月
 15日の確定申告の期限に関わりなく、(つまり期限後になっても)確定申告をして
 源泉所得税の還付手続きを行う方がいいと思います。

 上記103万円を超えていた場合でも、ご質問のような場合には源泉所得税の一部又
 は全額が還付されると思われます。


2 住民税と国民健康保険について


 正規、非正規に関係なく、給料を支給した会社には「誰にいくらの額を支給したのか」
 を、その従業員の住所地に報告する義務があり、その報告を受けた市区町村では、各
 人毎に収入を集計し、各人の前年の収入を元に住民税と、国民健康保険を賦課決定する
 ことになっています。

 ご質問の
 「住民税、健康保険などの額が収入に比例して減額される」はずだと思いますが確定申
 告をしないと反映されないのでしょうか?
 については、
 確定申告による所得税の還付請求を行うか行わないかによらず、住民税と国民健康保険
 の額は、収入に比例して賦課決定されることになっています。


3 余計なお世話

 「健康保険」というご質問でしたからあえて、国民健康保険について意見を述べましたが、
 会社で健康保険に加入しており、その任意継続による健康保険の場合でしたら、上記記述
 は当てはまらず、前年の所得がどうであっても、保険料がかわることはありません。

 上記には、給与を支給した者(会社が)市区町村に報告する義務があると書きましたが、
 少額支給の報告書を提出しない場合もあります。(会社が提出をサボる、又は制度上認め
 られている)その場合、質問者が確定申告をしたことにより、市区町村が知らなかった所得
 を、わざわざ報告する結果になるといえます。(確定申告をすると必ず市区町村にも報告さ
 れます)

 なので、私だったら源泉所得税として徴収された金額が多額でなければ、何もしません。
 この考え方や行動が、必ずしも正しくはないと思いますが。

id:hatekazu0909

区役所からも収入少ないならしなくていいよと言われました。
そういうもんなんですねー

ご回答ありがとうございます。

2012/03/15 20:37:52
  • id:seble
    おわ、あっちこっち飛ぶな。
    だったら、申告すれば源泉された所得税のほとんどが返ってくるかと。
    住民税も非課税で国保は7割引かな?
    しなきゃソンソン。
    消費税も8%とか言ってるから、今のうちに取り返しておかないと。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません