新幹線で東京から新大阪まで移動する場合、行き帰りともグリーン車で座っているだけなのにとても疲れるのです。なぜなのでしょうか。高速移動は体に負荷がかかるからなのでしょうか。このことをできるだけ科学的に論説したサイトを教えていただければ幸いです。また、その疲れ対策なども紹介したサイトがあればうれしいです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/03/11 12:11:15
  • 終了:2012/03/18 12:15:03

ベストアンサー

id:kumonoyouni No.9

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312012/03/14 00:49:41

ポイント50pt

調べてみました。

新幹線に長時間乗っても疲れない席は?

都内の某大学の名誉教授M氏は毎週、講義をしに東京─名古屋を新幹線で往復しています。車中、なるべく疲れないようにするため、振動の少ない席を選んでいるといいます。

 それにはまず、旧型の0系よりも2階建て車両組み込みの100系車両にし、その自由席に乗るのです。車体のうち、もっとも振動の少ない位置はどこかといえば、中央の席です。つまり、席番号10Cと11Cになります。

  M氏はその席に座ると窓外の景色を見ず、読書もしません。座席を倒さずに背筋を伸ばして座り、頭を背もたれにもつけません。たまにトイレに行って軽い体操をするだけ。これがI氏流新幹線での疲労防止最善法だとか。

 東海道新幹線が開業(昭和39年)したとき、0系車両の普通車座席は、約3時間座りっぱなしで疲れを感じないように設計されたそうです。人体は、どんなに快適につくられたいすでも、同じ姿勢をつづけられる生理的限度ははぼ3時間といわれています。

 新幹線の座席は開業以来いろいろと改良され、とくにグリーン車のものなど旅客機並みに改善されました。


なぜ、太字の部分が効果的なのか、それには理由があります。

http://smple-style.com/sofa/design/sofa_design.html

「1/4の法則」
ソファーの「心地よい」とされる座面高は、一般的に座る人の身長の1/4と言われています。日本人の平均身長は164cmですから、座面までの高さは40~45cmが最も適しています。ポイントは、かかとに少し体重の負荷を感じるくらいがベスト。ということです。このソファー座面が一般的によいとされる座面高さですので、日本人の体にはフィットするソファーとなります。だから、長時間座っても疲れにくいのです♪座面の高さは姿勢と作業性に最も大きな影響を及ぼすので使用目的に合わせて選びましょう。(浴室の椅子等、座面が低いほど体全体は安定し、手先に力をいれやすい。反面、立位への以降が難しく背中に負担をかける為長時間の使用は体に負担がかかります。一方、座面が高い場合、立位に近い為、歩行への移行はスムーズですが、下肢への負担は大きいのです。)


「S字ラインの法則」
立っているよりは、座ったほうが“楽”と思いがちですが、人間は立っている時よりも座っている時の方が1.4倍もストレスを感じていることが明らかになったのです!直立した人間の身体を真横から透視すると、背骨は“S字”のラインになっていますが、座っているときの背骨は“C字”を描きます。“C字”の背骨は椎間板の一部に負担を集中させてしまい、腰にかえって負担を感じさせているのです。座ると“楽”と感じたのは単に脚やヒザの負担が開放されたためです。また、背面が低いと背中の部分に支えがないので“S字”が保てません。一方、“S字”の背骨はスプリングの役目を果たし、椎間板にかかる負担を分散させます。故に、リラックスできるソファーとは“S字”を保つ為の密着度があり、背面の高いものが理想的といえます。背面にシリコンフィルなどをたっぷり使用したソファーは、背中と背面のすき間にピッタリとフィットして、安定感を与えてくれます。このソファーは、ソファーグランド自慢のシリコンフィルを背面にたっぷり使用していますのでS字ラインの姿勢を保つ理想的なソファーなのです。


※関連サイト
 http://www.hilife.or.jp/pdf/97008.pdf
「第2章 人間工学から見たリラクゼーション ~身体の動作を人間工学の立場から分析~」

 長い時間座っていると身体の筋肉に疲れがたまります。座っている間は足にかかる体重が少なくなるので、その圧力は背中にかかるのです。実際、座っているときに背骨にかかる圧力は、立っている時の1.5倍になることがあります。

ダイナミックシッティングの実例やチェックリストも書かれてますので、詳細は上記PDFをご参照ください。

旅行前にご一読 エコノミークラス症候群 [心臓・血管・血液の病気] All About

エコノミークラスでなければ安心?

足の血の流れが悪くなることが問題なので、ビジネスクラスやファーストクラス、また鉄道や船でも起きる可能性はあります。ですから最近では『旅行者血栓症』という名前にしようといわれています。

*** 中略 ***

予防するにはどうすればいいの?

まず、繰り返すようですが、足の中でどろどろした血液が固まってしまうことが問題なので、血の流れを良くすることが重要になります。

具体的には
・体を締め付けない・・・きつい服は着ない、ベルトは緩める
・足を動かす・・・まめにトイレに立つ、1時間に1回は足首をパタパタさせるなどの運動をする
・水分補給をする・・・水やジュースを飲む(ただし、過度の飲酒は利尿作用と足をむくませる作用があるので飲みすぎは控えてくださいね)
といった対策になります。


まとめると・・・
・背骨や骨盤に負担を与えないためには、立った姿勢に近いS字を保つことが重要。
・足は両方床につけるべし。足を組んで座ると、片方の座骨に負担をかけることになり、体全体のバランスが悪くなる。→オフィスで足を組むことはあまりないと思いますが、新幹線の座席に座って足を組む人は意外に多い気がします。
・同じ姿勢を長時間保つとよくない。水分補給を適度に行い、1時間程度でトイレに行ったり、タバコ吸われるなら座席外の喫煙ルームで喫煙するなど、軽く歩くのがよい。

ご参考になれば幸いです。

その他の回答(9件)

id:gtore No.1

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372012/03/11 12:17:31

ポイント50pt

ざっと調べたところですと、こちらこちらこちらに原因と対策が示されています。どうも高速で移動すると体内で活性酸素が発生し、それが疲れの原因になっているようです。その疲れ対策としてはビタミンCやEをサプリメントなどで摂取すると良いようです。こちらもご参考まで。

id:suppadv No.2

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682012/03/11 22:06:39

ポイント50pt

電車での移動は、動かないままで、あまり意識しないような上下の揺れが続くので、体に負担が大きいと聞いたことがあります。
体を動かして、血流を良くするのが良いそうです。
http://q.hatena.ne.jp 

id:tazikisai-mukou No.3

多食斎友好=世田介回答回数278ベストアンサー獲得回数332012/03/12 11:17:07

ポイント50pt

仕事などの『精神的な疲れ』が一番の要因かと。何なら(グリーン車でなくイエローカー{別名ドクターカー}に乗せたもらったら?モット疲れるとおもいます。)
高速移動はあまり原因にならないのでは、(移動速度は飛行機の方が速い)
ただ、会社=>駅(空港)=>駅(空港)=>目的地の乗り換えなどに余裕が無ければ疲れが出る事が考えられます。
*拘束移動(身体的・時間的・精神的)は疲れるでしょうね、光速移動は(経験が有りませんが)浦島現象が出るほど体に負担があるとか、ウワサです。
http://q.hatena.na.jp/Dummy-answer

id:tazikisai-mukou

窓も開かない座席で、ジッとしているのは良くないかもしれませんね。
いっそのこと(乗り過ごしの心配が無ければ)「仮眠」するとか、「ゆるみん」さんの言われるように「運動」=社内の最後尾から、先頭車両まで、何回か往復すれば。ところで、何のため「グリーン車」に乗って居られるのでしょう。それが1番の疑問ですが。

2012/03/12 18:35:29
id:yurumisuto No.4

名無しさん回答回数166ベストアンサー獲得回数142012/03/12 14:45:49

ポイント50pt

ずっと座っているからではないでしょうか?
時々体を動かすといいですよ
http://q.hatena.ne.jp/

id:fmht7 No.5

fmht7回答回数642ベストアンサー獲得回数642012/03/12 19:24:07スマートフォンから投稿

ポイント50pt

N700系車両が増えてきましたが、アクティブサスペンションの効果でカーブのスピードがあがり横G/縦G共に増えています。従って体にかかる負担も増えています。
また気圧が車外と異なり耳抜きがうまくできないと辛いと思います。
新幹線の最新技術:JRおでかけネット

id:yk1997kobba No.6

こっば回答回数2400ベストアンサー獲得回数2122012/03/12 21:37:08

ポイント50pt

こちらは参考になりますか?

長時間電車に乗ると、疲れるのはなぜ?
http://tokudanegaido.seesaa.net/article/194345967.html

原因は、列車の「振動」にある。とりわけ、新幹線のように、高速で突っ走る列車は、つねに細かく振動している。人は、意識してもしなくても、その振動を感じつづけているわけで、それが長時間つづくと、感覚器管が疲労を覚えるのである。さらに、列車が加速したり減速したりするときには、体が後ろや前にもっていかれるような感じになるものだ。これは、人の体にも慣性の法則が働くためだが、そんなとき、人間は無意識のうちにどこかの筋肉に力を入れ、倒れないようにバランスをとっている。そうやって、筋肉に加わる小さな負担も、疲れの一因になる。これら以外にも、精神的な影響もある。退屈だったり、隣の席の人に気をつかったり、着いてからの用事がプレッシャーになっていたりすると、気疲れしてしまうのだ。一般的に、列車に乗る時間が三時間を超えると、ドッと疲れやすくなる。


別にグリーン車だけというわけではないでしょう。
新幹線も、どこにいても振動はきたりしますので。


新幹線の移動で疲れない方法
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3042994.html

id:es-labo No.7

eses回答回数287ベストアンサー獲得回数382012/03/12 22:00:06

ポイント50pt

そのほかですが、
子供のころから乗り物よいが多かったこと(大人になり改善はされましたが)
花粉症のシーズンはなかなか体調万全とはいかないことと、
近頃は加齢性?のものがちらほら視力や睡眠が浅かったりと・・・
そこで、移動時間は仕事モードよりもリラックスモードの服で、
移動先でベスト状態にするために、
その下に休養時専用 リカバリーウエアを家族ともども着用しています。
http://www.venex-j.co.jp/

さらに、LED照明なども目が痛いので。
http://www.jins-jp.com/functional/pc.html
http://www.zoff.co.jp/sp/zoffpc/
そして到着先では、トイレや宿泊先でスーツに着替えて活動しています。
個人差があると思いますので、参考まで。

id:NazeNani No.8

なぜなに回答回数1615ベストアンサー獲得回数2762012/03/13 05:05:52

ポイント50pt

私の場合も新幹線やTGVなどの特急による長時間移動だけでなく
10時間を超える国際フライトの飛行機での移動も多いのですが、
長時間只大人しく座っているだけの方が逆に疲れることがあり、
その場合の一番の原因は「姿勢」でした。
気圧の差やG圧や電磁波うんぬんもあることはありますが、
一番簡単に効果的に改善できたのも姿勢です。
ここに詳細が詳しいです。:http://allabout.co.jp/gm/gc/63335/

下記抜粋引用です。

移動時間、悪い姿勢をとり続けることで身体が受けるダメージは、想像以上に大きいのです!

ココで言う「悪い姿勢」とは、いつものように正しい姿勢に反する形のことではありません。旅の移動中、もっとも悪い姿勢は「同一姿勢」なのです。長時間、同じ姿勢をとっていると、骨盤や背骨に負担をかけます。血液の循環も滞ります。


続編で対策も載っています。「旅を愉しむ! 乗り物で疲れない姿勢」:
http://allabout.co.jp/gm/gc/63335/2/

意図的にストレッチをするなどでも良いのですが、
個人的には意図せずとも自然にこまめに姿勢を変えられることと
時間の有効活用も兼ねて、新幹線の中では景色を観ながら
乗車前に買った駅弁などを食べたり、おせんべいなどのカリポリと
食べられて顎を動かせつつカロリーは低めのお菓子などを食べたり、
お茶を飲んだりしています。何かしてると2時間くらいはすぐに過ぎます。
また、お手洗いなどに行くついでに少し車内を歩いてスペースのある所で
ストレッチ体操をしたり、席でゆっくりと仮眠や安静にしたいような時も
空気式でかさばらない「トラベルクッション」を持参して、
それを首や腰などにあてたりしながら時々姿勢を変えて仮眠するので、
後からどこかが痛くなったり、疲れにくくなりました。
トラベルクッションは安価で、畳むとポケットティッシュくらいの
コンパクトなサイズで、地味で目立たない色のがありますが、
エアクッションで枕にすると普通のよりも振動も伝わりにくいので、
これで30分程でもうとうとできたら、その後は気分爽快です。
飛行機→高速列車や空港バスという時差ぼけ移動の時も活躍しますし、
別に仮眠しなくても単に長時間座ってるだけの時もあると楽なので便利です。
自分で快適で一番楽なように、時々位置を変えるようにします。

エア式のトラベルクッションは、四角いのとか、飛行機内でよく見る
ちょっと目立つ首巻き凹型とか腰用のH型のとか色んな形がありますが、
腰にも首にもまんべんなく使えて、新幹線内で一番目立たずに役立つのは
ベーシックで地味なお色の四角いクッションです。一個あれば充分です。
カバー付きのだと洗えて清潔でいつも良い香りにできるのと、
使い心地もダブルクッションみたいで快適なので、
↓こういうオーソドックスで地味なタイプのが一番おすすめです。:

id:kumonoyouni No.9

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312012/03/14 00:49:41ここでベストアンサー

ポイント50pt

調べてみました。

新幹線に長時間乗っても疲れない席は?

都内の某大学の名誉教授M氏は毎週、講義をしに東京─名古屋を新幹線で往復しています。車中、なるべく疲れないようにするため、振動の少ない席を選んでいるといいます。

 それにはまず、旧型の0系よりも2階建て車両組み込みの100系車両にし、その自由席に乗るのです。車体のうち、もっとも振動の少ない位置はどこかといえば、中央の席です。つまり、席番号10Cと11Cになります。

  M氏はその席に座ると窓外の景色を見ず、読書もしません。座席を倒さずに背筋を伸ばして座り、頭を背もたれにもつけません。たまにトイレに行って軽い体操をするだけ。これがI氏流新幹線での疲労防止最善法だとか。

 東海道新幹線が開業(昭和39年)したとき、0系車両の普通車座席は、約3時間座りっぱなしで疲れを感じないように設計されたそうです。人体は、どんなに快適につくられたいすでも、同じ姿勢をつづけられる生理的限度ははぼ3時間といわれています。

 新幹線の座席は開業以来いろいろと改良され、とくにグリーン車のものなど旅客機並みに改善されました。


なぜ、太字の部分が効果的なのか、それには理由があります。

http://smple-style.com/sofa/design/sofa_design.html

「1/4の法則」
ソファーの「心地よい」とされる座面高は、一般的に座る人の身長の1/4と言われています。日本人の平均身長は164cmですから、座面までの高さは40~45cmが最も適しています。ポイントは、かかとに少し体重の負荷を感じるくらいがベスト。ということです。このソファー座面が一般的によいとされる座面高さですので、日本人の体にはフィットするソファーとなります。だから、長時間座っても疲れにくいのです♪座面の高さは姿勢と作業性に最も大きな影響を及ぼすので使用目的に合わせて選びましょう。(浴室の椅子等、座面が低いほど体全体は安定し、手先に力をいれやすい。反面、立位への以降が難しく背中に負担をかける為長時間の使用は体に負担がかかります。一方、座面が高い場合、立位に近い為、歩行への移行はスムーズですが、下肢への負担は大きいのです。)


「S字ラインの法則」
立っているよりは、座ったほうが“楽”と思いがちですが、人間は立っている時よりも座っている時の方が1.4倍もストレスを感じていることが明らかになったのです!直立した人間の身体を真横から透視すると、背骨は“S字”のラインになっていますが、座っているときの背骨は“C字”を描きます。“C字”の背骨は椎間板の一部に負担を集中させてしまい、腰にかえって負担を感じさせているのです。座ると“楽”と感じたのは単に脚やヒザの負担が開放されたためです。また、背面が低いと背中の部分に支えがないので“S字”が保てません。一方、“S字”の背骨はスプリングの役目を果たし、椎間板にかかる負担を分散させます。故に、リラックスできるソファーとは“S字”を保つ為の密着度があり、背面の高いものが理想的といえます。背面にシリコンフィルなどをたっぷり使用したソファーは、背中と背面のすき間にピッタリとフィットして、安定感を与えてくれます。このソファーは、ソファーグランド自慢のシリコンフィルを背面にたっぷり使用していますのでS字ラインの姿勢を保つ理想的なソファーなのです。


※関連サイト
 http://www.hilife.or.jp/pdf/97008.pdf
「第2章 人間工学から見たリラクゼーション ~身体の動作を人間工学の立場から分析~」

 長い時間座っていると身体の筋肉に疲れがたまります。座っている間は足にかかる体重が少なくなるので、その圧力は背中にかかるのです。実際、座っているときに背骨にかかる圧力は、立っている時の1.5倍になることがあります。

ダイナミックシッティングの実例やチェックリストも書かれてますので、詳細は上記PDFをご参照ください。

旅行前にご一読 エコノミークラス症候群 [心臓・血管・血液の病気] All About

エコノミークラスでなければ安心?

足の血の流れが悪くなることが問題なので、ビジネスクラスやファーストクラス、また鉄道や船でも起きる可能性はあります。ですから最近では『旅行者血栓症』という名前にしようといわれています。

*** 中略 ***

予防するにはどうすればいいの?

まず、繰り返すようですが、足の中でどろどろした血液が固まってしまうことが問題なので、血の流れを良くすることが重要になります。

具体的には
・体を締め付けない・・・きつい服は着ない、ベルトは緩める
・足を動かす・・・まめにトイレに立つ、1時間に1回は足首をパタパタさせるなどの運動をする
・水分補給をする・・・水やジュースを飲む(ただし、過度の飲酒は利尿作用と足をむくませる作用があるので飲みすぎは控えてくださいね)
といった対策になります。


まとめると・・・
・背骨や骨盤に負担を与えないためには、立った姿勢に近いS字を保つことが重要。
・足は両方床につけるべし。足を組んで座ると、片方の座骨に負担をかけることになり、体全体のバランスが悪くなる。→オフィスで足を組むことはあまりないと思いますが、新幹線の座席に座って足を組む人は意外に多い気がします。
・同じ姿勢を長時間保つとよくない。水分補給を適度に行い、1時間程度でトイレに行ったり、タバコ吸われるなら座席外の喫煙ルームで喫煙するなど、軽く歩くのがよい。

ご参考になれば幸いです。

id:gtore No.10

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372012/03/17 04:50:52

ポイント50pt

電磁波が健康に良くない影響を与えるという見方があるようですが、WHOによると科学的根拠は認められないそうです。しかし、影響が全くないとは言い切れないので、もし気にされるような場合には、たとえばこちらの枕パットような商品が利用できますね。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません