少林寺拳法に関する質問です。 少林寺拳法の出てくる小説を書いています。

少林寺拳法には「試合」はなく「演武」のみと聞きましたがそうでしょうか?
少林寺拳法には「日本選手権」のような大会がありますか?あるとすればそれは「試合」形式ですか、それとも「演武」形式ですか? 「演武」だとすれば優劣は審査員が決めるのですか?
どうも個人と二人の種目があるようですが、その辺を教えて下さい。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/03/11 21:58:10
  • 終了:2012/03/18 22:00:07

ベストアンサー

id:gtore No.3

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372012/03/18 01:11:22

ポイント25pt

少林寺拳法には、試合はないが大会はありますね。試合と呼んでいる場合もあるようですが、本来それは演武のことです。その演武を大会で発表するわけですね。試合がないのは、勝ち負けに執着するのを避けるためのようです。

少林寺拳法には「演武」という自己表現方法があります。

武道と言うとどうしても「試合」「勝負」というのが頭に浮かびます。もちろん武道ですから、強さを抜きに考える事は出来ませんが、試合を中心においてしまうと「心」が育たなくなってしまいます。

少林寺拳法にも大会はありますが、そこで行われるのは「演武」という形で競い合います。
この演武は単独、もしくは組をつくって、技の構成をきめます。その決めた技を何度も何度も繰り返して「一緒に」稽古します。

その成果を大会という場で発表するのです。

http://www.1doing.com/modules/pico01/index.php?content_id=10

少林寺拳法には試合というものがありません。そもそも武術において「試合う」とは生死をかけた戦いを意味するからです。またたとえ一定のルールを設けて勝ち負けを決めたとしても、本人が「負けた」と思わない限り、本当の勝負は決まらないものなのです。
 しかし何よりも少林寺拳法において試合というものがないのは、宗門の行として修行すべき少林寺拳法にあって、試合を行うことで、勝負にこだわり、勝つことにのみ執着し、やがては他人を蹴落とし、己さえ勝てばよいという心が芽生えないとも限らず、そういった弊害を避けるためなのです。

http://shorinjichofu.fc2web.com/faq/faq.html#shiai
id:htokuda2011

有難うございました。良く理解出来ました。

2012/03/19 08:25:30

その他の回答(3件)

id:rsc96074 No.1

rsc回答回数4394ベストアンサー獲得回数4022012/03/11 22:27:04

ポイント25pt

 こちらは参考になるでしょうか。

少林寺拳法には「試合」はなく「演武」のみと聞きましたがそうでしょうか?

 「運用法」とかいう試合形式もあるみたいです。(^_^;

●Shorinji kempo Unyo-ho Japan 少林寺拳法 運用法
http://www.youtube.com/watch?v=F1nBnwQ0U4U&feature=fvwrel

※参考ULR
●少林寺拳法 > 運用法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E6%9E%97%E5%AF%BA%E6%8B%B3%E6%B3%95#.E9.81.8B.E7.94.A8.E6.B3.95

少林寺拳法には「日本選手権」のような大会がありますか?


 国際大会と高校などの大会があるみたいです。

少林寺拳法国際大会
全国高等学校少林寺拳法大会
全国高等学校選抜少林寺拳法大会
全日本少年少女武道錬成大会 (少林寺拳法)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E5.B0.91.E6.9E.97.E5.AF.BA.E6.8B.B3.E6.B3.95

id:yk1997kobba No.2

こっば回答回数2400ベストアンサー獲得回数2122012/03/13 18:53:06

ポイント25pt

こちらは参考になりますか?

http://shorinjichofu.fc2web.com/faq/faq.html#shiai

少林寺拳法には試合がないというのは本当ですか?

少林寺拳法には試合というものがありません。そもそも武術において「試合う」とは生死をかけた戦いを意味するからです。またたとえ一定のルールを設けて勝ち負けを決めたとしても、本人が「負けた」と思わない限り、本当の勝負は決まらないものなのです。
 しかし何よりも少林寺拳法において試合というものがないのは、宗門の行として修行すべき少林寺拳法にあって、試合を行うことで、勝負にこだわり、勝つことにのみ執着し、やがては他人を蹴落とし、己さえ勝てばよいという心が芽生えないとも限らず、そういった弊害を避けるためなのです。


http://www.sokanishi-h.spec.ed.jp/?action=common_download_main&upload_id=469

Q2.少林寺拳法は、試合をするの?

①一般の格闘技(ボクシング、キックボクシング、総合格闘技など)のような形での試合
は行いません。
②少林寺拳法の技術は、暴力から身を守るためのものです。護身の技術という性格上、通
常の試合は成り立ちにくいのです。(試合では成立しない技もあるため)

③技術の上達を評価するために、学んだ技を組み合わせて発表する「演武」というものが
あります。大会(試合)は、この「演武」の完成度を競う形で行われます。
④高校生の大会としては、県大会(4月)、関東大会(6月)、全国大会(7月)、県新人
大会(11月)、関東選抜大会(12月)、全国選抜大会(3月)があります。4月の県
大会、11月の県新人大会で上位に入れば、全国大会など、より上の大会に進むことが
できます。これら以外では、一般向けの大会に出場することができます。


大会などは、
少林寺拳法全日本学生大会
http://2011japan.ajssf.org/home

あとは、rscさんと同じような感じです(^^;

id:gtore No.3

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372012/03/18 01:11:22ここでベストアンサー

ポイント25pt

少林寺拳法には、試合はないが大会はありますね。試合と呼んでいる場合もあるようですが、本来それは演武のことです。その演武を大会で発表するわけですね。試合がないのは、勝ち負けに執着するのを避けるためのようです。

少林寺拳法には「演武」という自己表現方法があります。

武道と言うとどうしても「試合」「勝負」というのが頭に浮かびます。もちろん武道ですから、強さを抜きに考える事は出来ませんが、試合を中心においてしまうと「心」が育たなくなってしまいます。

少林寺拳法にも大会はありますが、そこで行われるのは「演武」という形で競い合います。
この演武は単独、もしくは組をつくって、技の構成をきめます。その決めた技を何度も何度も繰り返して「一緒に」稽古します。

その成果を大会という場で発表するのです。

http://www.1doing.com/modules/pico01/index.php?content_id=10

少林寺拳法には試合というものがありません。そもそも武術において「試合う」とは生死をかけた戦いを意味するからです。またたとえ一定のルールを設けて勝ち負けを決めたとしても、本人が「負けた」と思わない限り、本当の勝負は決まらないものなのです。
 しかし何よりも少林寺拳法において試合というものがないのは、宗門の行として修行すべき少林寺拳法にあって、試合を行うことで、勝負にこだわり、勝つことにのみ執着し、やがては他人を蹴落とし、己さえ勝てばよいという心が芽生えないとも限らず、そういった弊害を避けるためなのです。

http://shorinjichofu.fc2web.com/faq/faq.html#shiai
id:htokuda2011

有難うございました。良く理解出来ました。

2012/03/19 08:25:30
id:gtore No.4

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372012/03/18 02:16:05

ポイント25pt

種目には、単独演武、組演武の他に団体演武があり、審査に関しては少林寺拳法審判規則「演武審査要領」というものがあるようです。
http://www.fukuoka-koutairen.com/youkou/youkou22/y_30/ken/shorinji_ken_zenkoku0523.pdf
http://kkataru.mine.nu/koutairen-shorinjikempo/04_taikai_zyouhou/H38/38_05.pdf

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません