ある資産についてリースバックの手法でオフバランス化したとします。

この時一般には、リスクテイクしたのでしょうか、それともリスクヘッジしたのでしょうか。解説もあわせて教えてください。
どちらとも言えない場合は、どのような場合リスクヘッジまたはリスクテイクになるのか、一般的な条件を示してください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2012/03/18 20:46:21
  • 終了:2012/03/25 14:23:16

ベストアンサー

id:suppadv No.1

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682012/03/18 22:08:06

ポイント100pt

土地のように資産の価値の増減があるものであれば、その増減がリスクですので、リスクヘッジしたと考えるのが普通です。
一般的には、リースバックの手法でオフバランス化するのは、土地のような資産のものが多いと思いますので、リスクヘッジになると思います。



減価償却をするような資産に関しては、毎年の償却が決まっていますので、どのような金額でリースバックしたかで、リスクヘッジとリスクテイクが決まると思います。

id:Lhankor_Mhy

ありがとうございます。
リースバックの料金が変動するリスクもあると思うのですが、これは一般に資産価値変動のリスクよりも小さい、ということでよろしいのでしょうか。

2012/03/23 19:11:01

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません