エミール・ゾラ氏の

"Truth is on the march; nothing can stop it now."
っていう言葉の意味がわかりません 和訳じゃないです意味です

要するに真実は絶対的なもので、だれにも捻じ曲げられるものではないし、だれも捻じ曲げてはいけない、
っていうことなんでしょうか

詳しい方がいらっしゃいましたら、出典や前後文脈もお願いします

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/03/26 03:06:48
  • 終了:2012/03/29 00:15:26

ベストアンサー

id:quintia No.2

quintia回答回数562ベストアンサー獲得回数712012/03/26 12:27:40

ポイント85pt

とりえあず検索してみて分かったことを書き連ねます。
"Truth is on the march; nothing can stop it now."は出典がフランスの新聞フィガロ紙とありますので、これは英訳であって元はフランス語であったことは分かります。
Google翻訳やフランス語辞書などから、元の言葉は"La vérité est en marche et rien ne l'arrêtera"であることが分かりました。

このフランス文にzolaなどを付け加えて検索をかけてみます。
J'accuse…!
という文書に関する言及に行き当たります。
>”J’ACCUSE ...!” EMILE ZOLA, ALFRED DREYFUS - Professor Wilkes - University of Georgia School of Law
J’accuse - Wikipedia, the free encyclopedia
そしてここからドレフュス事件というものが出てきます。さいわいにこれについては日本語Wikipediaにも記述がありました。
ドレフュス事件 - Wikipedia

その翌々日の1898年1月13日号の新聞「オーロール」は、一面に「私は弾劾する」という大見出しで、作家のエミール・ゾラによる大統領フェリックス・フォール宛ての公開質問状を掲載した。


もちろんフランス版Wikipediaの記事の方が記述は多いし、正確でしょう。フランス語は読めないのですが、Zola や Dreyfus の固有名詞を頼りにドレフュス事件に関するリンクを辿っていくと、ずばり、"ドレフュス事件におけるエミール・ゾラ"という項目にあたります。
Émile Zola dans l’affaire Dreyfus - Wikipédia
marche や figaro といった語でページ検索したり、Google翻訳などを併用すると、ご質問の文章をフィガロ紙へ載せたのは1897年12月25日のようだということが分かりました。
オーロール紙に「私は弾劾する(J'accuse…!)」を載せる1898年1月13日より前ですね。

日本語版Wikipediaのドレフュス事件の項を読むと、

1896年、情報部長に着任したピカール中佐は、真犯人はハンガリー生まれのフェルディナン・ヴァルザン・エステルアジ少佐であることを突き止めた。しかし、軍上層部は、軍の権威失墜を恐れてもみ消しを図り、ピカールを脅して左遷、形式的な裁判でエステルアジを「無罪」とし釈放した。

とあり、この2日後にオーロール紙に「私は弾劾する(J'accuse…!)」を載せることになります。

フィガロ紙に"La vérité est en marche et rien ne l'arrêtera"という言葉を載せた1897年の時点で、エミール・ゾラ氏が事件についてどの程度のことを知っていたか、というのはこれだけでは明確ではないですが、

  • えん罪で終身城塞禁錮となっている人物がいる
  • 真犯人が見つかったが、軍が権威失墜を恐れてもみ消した

という事件に対しての言葉であったことは分かります。

(軍がどのようにねじまげて発表しようとも)「真実」は「世界で起こっていること」の中にあり、その真実自体は何者にも(=軍部であろうとも)ねじまげることはできない。

というような意図だったろうと思います。

id:higurasi1

お……おぉ………

詳しい回答をありがとうございます!
こんな重たい背景があるとは……
世界を俯瞰したような冷めた思想家の言葉かと最初は思いましたが、
なかなかどうして熱い男だったんですね……

2012/03/26 22:37:43

その他の回答(1件)

id:Saitama-2000 No.1

∅東雲∅回答回数3ベストアンサー獲得回数12012/03/26 03:49:13

ポイント15pt

一応、こんな和訳ですかねぇ。
真実が進行中である。いまや何ものもそれを止めることはできない

真実というのは、誰にも止めることはできない。
「真実に限り、誰にも止められず、突き進む」、ということでしょうか。

凄く意味が深い言葉だと思いますよ。
すいませんm(_ _)m出典まではわかりません。

id:higurasi1

やっぱ一言じゃ語れないような言葉なんでしょうかねぇ

2012/03/26 06:37:04
id:quintia No.2

quintia回答回数562ベストアンサー獲得回数712012/03/26 12:27:40ここでベストアンサー

ポイント85pt

とりえあず検索してみて分かったことを書き連ねます。
"Truth is on the march; nothing can stop it now."は出典がフランスの新聞フィガロ紙とありますので、これは英訳であって元はフランス語であったことは分かります。
Google翻訳やフランス語辞書などから、元の言葉は"La vérité est en marche et rien ne l'arrêtera"であることが分かりました。

このフランス文にzolaなどを付け加えて検索をかけてみます。
J'accuse…!
という文書に関する言及に行き当たります。
>”J’ACCUSE ...!” EMILE ZOLA, ALFRED DREYFUS - Professor Wilkes - University of Georgia School of Law
J’accuse - Wikipedia, the free encyclopedia
そしてここからドレフュス事件というものが出てきます。さいわいにこれについては日本語Wikipediaにも記述がありました。
ドレフュス事件 - Wikipedia

その翌々日の1898年1月13日号の新聞「オーロール」は、一面に「私は弾劾する」という大見出しで、作家のエミール・ゾラによる大統領フェリックス・フォール宛ての公開質問状を掲載した。


もちろんフランス版Wikipediaの記事の方が記述は多いし、正確でしょう。フランス語は読めないのですが、Zola や Dreyfus の固有名詞を頼りにドレフュス事件に関するリンクを辿っていくと、ずばり、"ドレフュス事件におけるエミール・ゾラ"という項目にあたります。
Émile Zola dans l’affaire Dreyfus - Wikipédia
marche や figaro といった語でページ検索したり、Google翻訳などを併用すると、ご質問の文章をフィガロ紙へ載せたのは1897年12月25日のようだということが分かりました。
オーロール紙に「私は弾劾する(J'accuse…!)」を載せる1898年1月13日より前ですね。

日本語版Wikipediaのドレフュス事件の項を読むと、

1896年、情報部長に着任したピカール中佐は、真犯人はハンガリー生まれのフェルディナン・ヴァルザン・エステルアジ少佐であることを突き止めた。しかし、軍上層部は、軍の権威失墜を恐れてもみ消しを図り、ピカールを脅して左遷、形式的な裁判でエステルアジを「無罪」とし釈放した。

とあり、この2日後にオーロール紙に「私は弾劾する(J'accuse…!)」を載せることになります。

フィガロ紙に"La vérité est en marche et rien ne l'arrêtera"という言葉を載せた1897年の時点で、エミール・ゾラ氏が事件についてどの程度のことを知っていたか、というのはこれだけでは明確ではないですが、

  • えん罪で終身城塞禁錮となっている人物がいる
  • 真犯人が見つかったが、軍が権威失墜を恐れてもみ消した

という事件に対しての言葉であったことは分かります。

(軍がどのようにねじまげて発表しようとも)「真実」は「世界で起こっていること」の中にあり、その真実自体は何者にも(=軍部であろうとも)ねじまげることはできない。

というような意図だったろうと思います。

id:higurasi1

お……おぉ………

詳しい回答をありがとうございます!
こんな重たい背景があるとは……
世界を俯瞰したような冷めた思想家の言葉かと最初は思いましたが、
なかなかどうして熱い男だったんですね……

2012/03/26 22:37:43

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません