わたくしの地元(東北地方)では

町内会のことを"部落"と呼んでいて、(町村の)公式な文書でもそのような意味で使われるのですが、
そういう地域は意外と多いのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/03/30 13:35:15
  • 終了:2012/03/30 19:30:43

ベストアンサー

id:windofjuly No.1

うぃんど回答回数2625ベストアンサー獲得回数11492012/03/30 14:23:11

ちょっと古い資料(2008年4月)ですが、
東北では秋田と山形に多く、他の地方では高知県が極端に多い
http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/122PDF/122data.pdf.pdf

人口集中度合いとおおよそ似ているところがありますね

その他の回答(1件)

id:windofjuly No.1

うぃんど回答回数2625ベストアンサー獲得回数11492012/03/30 14:23:11ここでベストアンサー

ちょっと古い資料(2008年4月)ですが、
東北では秋田と山形に多く、他の地方では高知県が極端に多い
http://www.nikkei-rim.net/glocal/glocal_pdf/122PDF/122data.pdf.pdf

人口集中度合いとおおよそ似ているところがありますね

id:papavolvol No.2

papavolvol回答回数1074ベストアンサー獲得回数1982012/03/30 15:30:21

出典不詳ですがWIKIには次のような文がありました。

  • 「部落」という言葉自体も、事実上の放送禁止用語となっており、出演者が「集落」の意味での部落という言葉を使った時でさえ、すぐに謝罪訂正、もしくは「集落ですね」などとその場で言い換えられる。

「部落」という単語はもともとは、「集落」という意味だったと思います。
東北地方では今でもその意味で使われているそうです。

  • (大辞泉の1)比較的少数の民家が集まっている地区。共同体としてまとまりをもった地縁団体で、村の単位となる。
  • (大辞林の1)比較的少数の家からなる地域的共同体。生産と生活をともにする農民の共同体的結合を基礎とした地縁団体として形成され、明治時代の市町村制施行以後市町村の下部機構として機能するようになった。

東京より西では「部落」と言う単語は人権問題を議論するときのみに使われ、本来の「集落」という意味には使われません。

  • (大辞泉の2)被差別部落
  • (大辞林の2)被差別部落(ひさべつぶらく)

したがって、ご質問のような意図では「自治会」「町内会」「コミュニティ」という言葉が使われます。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E9%83%A8%E8%90%BD&dtype=0&dname=0ss&stype=0

  • id:miharaseihyou
     所謂「被差別部落」が引っ掛かったんだと思うが、言葉狩りの一種だな。
    部落は時々聞くけど、被差別部落の意味ではないことが多い。
    普通に聞いていれば「部落」が集まって「村」ができていると理解できる。
     
     日本語は変なところで歪められている。
    昔は言葉を問題にして企業や金持ちを脅して金銭を強請る「同和ゴロ」が多かった。
    会社の事務所などに強引に上がり込んで同和教育とやらを延々と続け営業妨害した。
    今でも生き残っているかな?

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません