自律神経のバランスと体調について教えてください。

季節の変わり目で気温の上がり下がりが激しいときに体調が悪くなったりしますが
気温が下がった時は、急に気温が下がる=交感神経優位=内臓の働きの低下なので体調が悪くなるのが理解できるのですが、急に気温が上がる=副交感神経優位=この時は内臓の状態はいいのではないかと思うのですが、どうして気温が急に上がっても体調に影響するのですか。わかりやすくご教授お願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/03/30 22:30:32
  • 終了:2012/03/31 10:35:29

ベストアンサー

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4697ベストアンサー獲得回数8612012/03/30 23:44:39

ポイント100pt

気温が急に上がり下がりすると、気候があれてます。
これはつまり暖かかった(昼間の余熱が残っている)のに、
夕方から低気圧が急に発生したりするっていうことです。
低気圧は、人の皮膚にも影響をあたえています。お風呂から上がったとき、立ちくらみがするように、気圧も血圧にもわずかながら影響しております。
気圧が下がるとむくみやすいし、息はハアハア、心臓はどきどき、一生懸命おくりださないと血流+酸素が末端に届かなくなってしまい、末端の血液はもどりにくくなって、疲れやすい状態です。
また、大きな傷をうけてふさがったところは、もともと血管がとぎれがちで、そこに低気圧がくると血流がさらにとどこおりがちで、しくしく痛んだりするそうです。
 
ちなみに私もそうですが、家族のぜんそくもちさんたちも、3ー4月と9月には低気圧がくるから体調悪いといっています。できるだけ薬で備えています。この薬というのが、副交感神経刺激薬。つまり、低気圧がきて体調が悪いときは、やっぱり交感神経優位というか、もっとアドレナリンを出して心臓をどきどきさせないといけないぞ、と体が過剰にみがまえているのです(それが逆に気管支にはよくなかったりするようです。こういう過剰反応がアレルギーもってる人だけなのかはよくしりませんが)。それをゆるめるためのお薬をつかっています。
明日、明後日は低気圧が来ますから、みなさんお大事に。

  • id:miharaseihyou
    湿度の影響や花粉症の影響もあるとは思うけどね。

  • id:kyokusen
     お呼びいただきましたのに遅参しましてすいません。……いや、ちょっと腰を痛めてましてPCの前に坐ってられなかったんです(^^;

     さて、高温時における体調の悪化と言うお話なのですが、この辺りはむしろ体液とか血流の問題を持ってきたいと思います。この辺りに自律神経系がどう関与しているか、私はちょっとよくわからないのですが、というか、副交感神経系が亢進した場合血管などが拡張する方向に働くんじゃなかったかいなぁ、とボンヤリ思っているのですけれども、これは体内の熱を放散する方向の反応という事になりましょうか。結果寒い時は逆に交感神経系が亢進して血管が収縮、これに対応する為心拍数が上がって血圧が上がるという減少が起きますよね。ちなみに血圧が落ちても心拍数は上がるはずなのですけれども、この辺りは心臓にも無茶をさせない方向で反応が出ますのでそんなに心拍数は上がらない。でもある点を越えると心拍数が上がり危険な状態になる……熱射病や日射病という状況が出現する訳ですけれども、この辺りを考えるとやっぱり難しいよなぁ、と思うわけなのです。

     さて。
     これらはつまり人間が恒温動物であるという事に由来する訳なのですが、高温時は血液が体表面へと向かいます。従って体内中心部への血液供給が減ると言う事になりますね。また、汗もかきますので体液が失われるということにもなります。このあたりが進んでいけば血液はその運搬性を落としてしまうと言う事になるのですが、それらの反応へ体内のエネルギー(ここは軍事/経済でいう『資源』という文言を持ってきたい所です)が持ってかれる事により通常の生体維持活動以上のモノが必要になってくるということになりましょう。
     つまり、寒くても暑くても人間は体内の恒常性維持のために何らかの仕事……寒けりゃあ筋肉を動かして体温を作ろうとしますし、体中の血管を収縮させて体中心部に血液を集めて熱を逃がすまいとします。暑けりゃ汗を流して体温を減らそうとしますし、体内で発生した熱を外に発散させようとして体中心部から血液を持ってかれます。ともあれ、これらの反応をおこわなければならない分余計な仕事をしなければならなくなる訳で、となればくたびれてきて体調も悪くなる、という事になるのかな、と。

     ちょいとまとまりに欠ける文章ですが、こんな辺りでいかがでしょう?
  • id:koko24
    きょくせんさん、
    いつもありがとうございます。
    腰、心配ですね。お気をつけください。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません