Emacsで、anyhingとiswitchb-modeが干渉して困っています。


iswitchb-modeをつかって下記のようなことをしたいのですが、anythingが入っているとこれができません。

①C-x b でiswitchb-buffer (このとき、*anything complete*バッファが画面右半分にあらわれる)
②画面の下方エリアにバッファ候補リストが出るので、数文字タイプして絞り込み
③C-s/C-r で候補リスト内を前後移動

③のC-sとC-rで、(おそらく)anythingの方にキーバーインドをとられてしまって、前後移動ができません。

そもそも①のタイミングでanythingが起動してほしくないのです。

どうすればよいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

【環境】
CentOS 5.3 Emacs 23.2.1(gccでコンパイル)
anythingはauto-installで入れました。
M-x auto-install-batch anything

【参考】
.emacsの内容を一部抜粋します。
(require 'anything-startup)
(global-set-key "\C-xx" 'anything-filelist+)
(require 'anything-config)
(iswitchb-mode t)

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/03/31 23:40:45
  • 終了:2012/04/07 23:45:10

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません