家は買った方が得だと思いますか?

※私はリスクの低い賃貸が最強だと思ってるのですが、皆さんは如何でしょうか?宜しければ2択で回答頂けると幸いです(o^^o)

回答の条件
  • 回答したユーザーを表示
  • 途中経過を公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2012/04/01 05:37:45
  • 終了:2012/04/08 05:40:03

回答(11 / 50件)

Q01家は買ったほうが得だと思いますか?(択一)

はい5
id:ryouga-529id:qa2id:zodazoda519id:papavolvolid:bnn
いいえ6
id:tamaki_rx7id:MI6id:miharaseihyouid:Lhankor_Mhyid:171132636@twitterid:xnissy
合計11

Q02お金があるなら家を買いますか?(択一)

はい7
id:tamaki_rx7id:ryouga-529id:qa2id:zodazoda519id:papavolvolid:xnissyid:bnn
いいえ4
id:MI6id:miharaseihyouid:Lhankor_Mhyid:171132636@twitter
合計11
  • id:papavolvol
    将来、アメリカの景気が良くなる可能性は高いです。その時に人口減少や規制緩和の遅れで日本の経済が今よりも拡大していない可能性があります。すると、円安になるかもしれません。その時に、まだ日本で代替エネルギーが普及していなくて、農業の自由化が遅れていることも考えられます。エネルギーと食糧を輸入に頼っている日本では、円安は物価の高騰を意味します。もちろん食費も家賃も高騰します。現在の働き盛りの人が年金生活をするようになってこのようなことが起こると、無理をして家を買っておいた人は住むところがありますが、賃貸をしていた人は年金では家賃が払えなくなってホームレスになるでしょう。あくまで仮定の上に仮定を積みかさねた話です。家を買うにもリスクがあり、家を買わないにもリスクがあります。
    売りやすく貸しやすい不動産を所有することは、ファイナンシャルプランの観点ではリスクを軽減することになります。自然災害や原発事故はリスクではあります。発生確率と発生した場合のダメージを総合的に判断しなければならないのは、不動産も株式も同じです。若い時から計画して資産を形成し、退職する年齢までに国内外の株式と債券、不動産、預貯金などをバランス良く保持して資産形成するのが理想です。
  • id:seble
    場所と値段次第かな?
    家は不動産屋が儲かるだけ。
    土地だけを買う方がまだまし。
    ちょっと地方へ出れば日本車数台分でそこそこの土地が買えるのに・・・
    (リタイヤして住む頃には老人ホームか・・)
  • id:Lhankor_Mhy
    投資として考えるなら、一般的には自己居住用不動産はリスクに見合った利回りではないと思います。同じリスクをとるなら他にもっとましな金融商品があるように思えます。ただし、個別の物件に関していえば買った方がいいモノもあります。
     
    ぜいたく品とか娯楽として考えるのが、持ち家に対する妥当な評価だと思います。サッカー見に行くのに利回りを考える人がいないように、ぜいたく品としての持ち家購入なら利回りを考える必要はないでしょう。
  • id:deokisikun
    皆様、貴重なご意見誠にありがとうございます!!

    >papavolvol様
    確かに、賃貸料金の高騰になると大変ですね><
    その時は、固定資産税も上がって家主も大変そうです

    >seble
    土地だけというのは考えませんでした。Σ(・。・)

    持ち家用に使うまでは、駐車場とかで黒字運用できたら理想でしょうか。
    (家を建てた場合も同じですけども)

    >Lhankor_Mhy
    なるほど、贅沢品ですね。

    以前、購入を考えた際の結論としては、即金で買えない場合(お金が無い場合)にはやめといた方がいいかと思いました。
    贅沢品を借金して購入するのは、ちょっとってゆう考えです。
  • id:Lhankor_Mhy
    >即金で買えない場合(お金が無い場合)にはやめといた方がいいかと思いました
     
    私もそう思っていたんですが、↓を読んで少し考えが変わってきています。
    http://www3.keizaireport.com/report.php/RID/152343/
    この持ち家優遇税制&低金利の時代では、持ち家の最大のメリットは「100%ローンを低金利で組める」ということなのではないか、と思うようになってきました。
    実際のところ、サラリーマンが数千万円のお金を2%を切るような金利で借りられるのは、ここ数年の住宅ローンしかないだろうと思います。レバレッジ効かせてハイリスクハイリターンを狙うなら、住宅ローンが一番かもしれません。
     
    少なくとも、即金で買える現金があったとしても、住宅ローンで家を買って、住宅ローン減税の恩恵を十分に受け取った後、繰上返済すべきでしょう。もちろん、そのまま低金利で借り入れておき、余剰現金を別の投資に回すのもアリです。
     
    ↓あるいは、スター銀行の「預金連動型」で外貨建というのもリスクは高いですが面白いのかもしれません。
    http://www.tokyostarbank.co.jp/starone/products/homeloan/index.html
    http://www.tokyostarbank.co.jp/products/deposit/fx_savings_account/fx/index.html
     
    ↓また、こんな試算をしているFPもいます。
    http://suumo.jp/journal/2012/01/23/11431/
  • id:deokisikun
    >Lhankor_Mhy

    コメントありがとうございます^^

    優遇税制&低金利は確かに魅力なのですが、住宅ローン金利の見直し(1,2年単位とかですかね?)によっては、金利が上がるリスクがあると見ています。

    ですので、おっしゃる通り即金で買える現金があった場合に低金利にて住宅ローンを組みつつ、金利上昇のリスクを見極めながら余剰現金の別投資が賢い選択かもしれませんね

    投資はある程度のリスクは覚悟しなければならない事はわかってはいるのですが、僕はビビリなので、それならば資産運用以外で堅実に収入を増やせれるように、仕事なりクリエイトなり頑張る方が健全かなぁとか思ったりもします。
    収入と資産運用のバランスをとられてる方々は凄いです。

  • id:miharaseihyou
    家を買ったら毎年毎年高額な税金がかかってくるんですよね。
    しかも、人口減少は不動産価格の値下がりにつながる。
    マンションだと10年経ったら捨て値でも買い手が付きにくい。
    自分の勝手に出来る部分が多いという快適さはありますが、確実に損な買い物です。
    賃貸だと壁にフックを付ける事さえ難しい。
    その辺りをどのように評価するか?でしょう。
  • id:deokisikun
    >miharaseihyou

    コメントありがとうございます^^

    壁フックとか勝手に出来ない事を我慢すれば賃貸の方が良いですね。

    Twitter等で人口減少のグラフが流行っておりましたが、
    不動産価格が上がっても競争力は低下して、老人ばかりの未来の日本はあんまり想像したくないですね・・;;

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません