デザインで自己ブランディングをしていくマニュアルがあったら買いますか?


グラフィックデザインの仕事をしているのですが、
対企業向けのデザインの仕事ではなく
一般の方たちにもっとデザインに親しんでもらうような方向での仕事ができないか考えています。

ブログやサイトを個人またはSOHOで運営している方に質問ですが、
デザインの勉強をした事がない人でも
デザインで自己ブランディングをしていくマニュアルのようなものがあったら購入しますか?

フリーソフトを使って
お金をかけず、簡単に表現できるデザインのツボとコツを解説するようなものを考えています。

まだ内容は具体的ではなく、漠然としていますが
この方向でのニーズがあるかどうかを探っています。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/04/15 14:55:09
  • 終了:2012/04/20 16:08:22

ベストアンサー

id:a-kuma3 No.6

a-kuma3回答回数4363ベストアンサー獲得回数18002012/04/16 23:36:17

ポイント200pt

デザインの勉強をした事がない人でも
デザインで自己ブランディングをしていくマニュアルのようなものがあったら購入しますか?

と、

お金をかけず、簡単に表現できるデザインのツボとコツを解説するようなものを考えています。

のつながりがよく分かりません ><

マニュアルというよりは、素人向けにデザインの How To を紹介するようなものだと想像して書きます。


まず、自己紹介から。
仕事では、一般に SE とかプログラマとかに分類される人間です。
「美しい」だけではなく、「機能性」を合わせもったデザインを仕事で要求されることは、ままあります。
個人としては、絵を書くのも、見るのも嫌いじゃありません(というか、下手の横好き)。
工業デザインと言われる類のものについても、興味があります。

というような人間が、勝手に書き散らかします m(_ _)m


いわゆるトップの人たちには、「センス」が重要だと思いますが、ぼくのような一般人にとって、デザインの七割がたは「技術」だと思ってます。
先人たちの積み重ねによって、きちんとしたテクニックがあって、それをきちんと学べば、普通の人たちでも、そこそこのレベルにまでは達することができるんだろう、と。

ただ、美大の先生が書いているようなテキストって、難しいのは仕方ないとしても、つまらないんですよ。
デザインの技術が優れていることと、ずぶの素人に分かりやすく説明できる技術は、別物なんですね。

それ(デザイン)で飯を食おうなんて思って無い素人ですから、基礎をじっくり積み重ねて、なんて欠片も思っちゃいません。
裏側には、深い洞察と体系づけられた知恵があるのかもしれませんが、とりあえず、簡単なことを知っていれば、「おおっ」というような効果が得られるような、虫の良いものを期待してたりします。
その上で、「実はね...」と、理屈が付いて、「なるほどなあ」と思えるようなテキストって、なかなかありません。

質問の文面には、「フリーソフトを使って」というような書き方をされていますが、ソフトの使い方云々よりも、水彩や色鉛筆などにも通じるようなデザインの壺みたいな本が欲しいな、という気がします。
値段は、もちろん内容に応じてなんですが、料理のレシピ本程度(1000~2000円くらい)だったら、一般向けとしても、それほど高くないのではないか、と思います。

あくまでも個人としてですが、興味がある対象はこんな感じです。

  1. 色(目的に応じた、とか組合せとか)
  2. レイアウト(動線とかも含めて)
  3. ユニバーサルデザイン(文字を使わない表現)
id:giornodeluxx

深い洞察のご意見、本当にありがとうございます。
構成をどのようにするかは今でも迷っているところではあるのですが、
このような意見をいただけた事で、自分の思い込みだけではない
バランスの取れたものができそうです。

ぜひ参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

2012/04/18 22:51:32

その他の回答(6件)

id:yossiy7 No.1

勇者よっしー回答回数777ベストアンサー獲得回数962012/04/15 15:03:20

ポイント148pt

同人誌で出して、イベントで売るという方法もあると思います。
実際、そういう人いますよ。
何しろ同人誌即売会は「デザインを考えなきゃならない素人」の集まりだし、普通の人よりデザインというものに触れる機会が多い。実際イベントでもよく売れているように見えます。
同時にネットでダウンロード販売もして、ちょっとしたチュートリアルを紹介してみるのもいいと思います。また、pixivに登録して、チュートリアルを小出しにしていくのも手だと思います。「pixivの講座」はよくネットで取り上げられますので、知名度は一気に上がると思いますよ。
自己ブランディングというのとはちょっと離れてるかとは思いますが、自己ブランディングしたグッズをそのまま売ってるような同人サークルも最近目立ってきてますし、近い場所だとは思います。

id:giornodeluxx

同人、Pixivはまったく気づきませんでした。
確かに「デザインを考えなきゃならない素人の集まり」かもしれません。
(ただし非常にレベルの高いものを求められるようにも思いますが。。。)
早速自分でも調べてみます。
本当にありがとうございました。

2012/04/16 02:43:59
id:taknt No.2

きゃづみぃ回答回数13481ベストアンサー獲得回数11982012/04/15 16:31:45

ポイント120pt

デザインってセンスだと思ってました。

こういうのって勉強すれば よくなるんでしょうか?
だったら少しは興味がありますね。
本は 安かったら 買ってみるかもしれません。

id:giornodeluxx

ありがとうございます。
やはり価格がお手ごろというのは大事ですよね。

2012/04/16 02:45:41
id:ryou01 No.3

ryou01回答回数134ベストアンサー獲得回数52012/04/15 18:04:05

ポイント120pt

値段にもよりますが、僕も絵は下手で「絵心」というものが全くないので、入門編などでわかりやすそうだったら
買うと思います。

>一般の方たちにもっとデザインに親しんでもらう...

とてもいいと思います!!
手軽にデザインを習えるというところはあまりないですし、
デザインのツボとコツを教えるというのも、一からくどくど
教えるよりわかりやすく簡潔で雰囲気的に寄り付きやすいです。また「講座」というのは一度人を寄せ付ければ減ることは少ないと思いますので知名度も上がりやすいと思います。


まとめると僕はその方向性に大賛成!!ということです!!

今後も応援しております、頑張ってください!!!!!!!

id:giornodeluxx

ありがとうございます。
応援していただいて心より感謝いたします。
自分は「デザインは人を幸せにする」って本気で信じていますので
その点がうまく伝えていく事ができたらって思っています。

2012/04/16 02:49:07
id:maya70828 No.4

楽1978回答回数1364ベストアンサー獲得回数1392012/04/15 21:42:48

ポイント120pt

サイトを個人で運営しているものですが、まず、ブランディングという意味がわかりませんでした。(汗
デザインを勉強したことがない人が対象みたいですが、同人向けの本なのでしょうか?
デザインを勉強したことがない人で、ある程度お金をかけてやりたい人には売れなさそうですね。
勉強したことがない人はデザイン関連の本もあまり知らないので有名どころの本を買っていくような気がしますが・・・
でも、立ち上げる企画としてはいい線をついていると思います。
その辺をもう少し検討して工夫された方がいいのではないでしょうか。

id:giornodeluxx

「いい線をついている」とのことで、安心いたしました。
確かに内容についてはもう少し検討・工夫が必要だと思います。
本当にありがとうございました。

2012/04/16 02:53:10
id:kou-tarou No.5

koutarou回答回数653ベストアンサー獲得回数812012/04/16 18:17:35

ポイント172pt

自分のブログを開設するとき、けっこう迷いました。ブログのタイトルとか、説明文、背景の画像、カラーはどうするか等。
なぜ迷うのか?
それは企業のように何かを売りたいとか、伝えたいとかいうよりも、日常の出来事、体験とかを、いろいろと備忘録的に書くという感じだから。はじめから目的や内容がはっきりしていない。でもカッコよくオリジナリティーがあるブログやサイトをつくりたい。このようなジレンマを解消してくれそうな期待がありますね!
企画からデザインへ落とし込む、ブランドアイデンティティ、ブランドプロミスなどに関する本はありますが、「デザインで自己ブランディング」はないかもしれません。

Webブランディング成功の法則55

Webブランディング成功の法則55

簡単に表現できるデザインのツボとコツが分かれば、迷わず気持ちが楽になりそうです。購入してみたいです。

id:giornodeluxx

ありがとうございます。
そのようなジレンマは多くの方が感じていると自分も思います。
素晴らしい本も紹介していただき、心から感謝いたします。
ぜひ参考にさせていただきます。

2012/04/18 22:42:22
id:a-kuma3 No.6

a-kuma3回答回数4363ベストアンサー獲得回数18002012/04/16 23:36:17ここでベストアンサー

ポイント200pt

デザインの勉強をした事がない人でも
デザインで自己ブランディングをしていくマニュアルのようなものがあったら購入しますか?

と、

お金をかけず、簡単に表現できるデザインのツボとコツを解説するようなものを考えています。

のつながりがよく分かりません ><

マニュアルというよりは、素人向けにデザインの How To を紹介するようなものだと想像して書きます。


まず、自己紹介から。
仕事では、一般に SE とかプログラマとかに分類される人間です。
「美しい」だけではなく、「機能性」を合わせもったデザインを仕事で要求されることは、ままあります。
個人としては、絵を書くのも、見るのも嫌いじゃありません(というか、下手の横好き)。
工業デザインと言われる類のものについても、興味があります。

というような人間が、勝手に書き散らかします m(_ _)m


いわゆるトップの人たちには、「センス」が重要だと思いますが、ぼくのような一般人にとって、デザインの七割がたは「技術」だと思ってます。
先人たちの積み重ねによって、きちんとしたテクニックがあって、それをきちんと学べば、普通の人たちでも、そこそこのレベルにまでは達することができるんだろう、と。

ただ、美大の先生が書いているようなテキストって、難しいのは仕方ないとしても、つまらないんですよ。
デザインの技術が優れていることと、ずぶの素人に分かりやすく説明できる技術は、別物なんですね。

それ(デザイン)で飯を食おうなんて思って無い素人ですから、基礎をじっくり積み重ねて、なんて欠片も思っちゃいません。
裏側には、深い洞察と体系づけられた知恵があるのかもしれませんが、とりあえず、簡単なことを知っていれば、「おおっ」というような効果が得られるような、虫の良いものを期待してたりします。
その上で、「実はね...」と、理屈が付いて、「なるほどなあ」と思えるようなテキストって、なかなかありません。

質問の文面には、「フリーソフトを使って」というような書き方をされていますが、ソフトの使い方云々よりも、水彩や色鉛筆などにも通じるようなデザインの壺みたいな本が欲しいな、という気がします。
値段は、もちろん内容に応じてなんですが、料理のレシピ本程度(1000~2000円くらい)だったら、一般向けとしても、それほど高くないのではないか、と思います。

あくまでも個人としてですが、興味がある対象はこんな感じです。

  1. 色(目的に応じた、とか組合せとか)
  2. レイアウト(動線とかも含めて)
  3. ユニバーサルデザイン(文字を使わない表現)
id:giornodeluxx

深い洞察のご意見、本当にありがとうございます。
構成をどのようにするかは今でも迷っているところではあるのですが、
このような意見をいただけた事で、自分の思い込みだけではない
バランスの取れたものができそうです。

ぜひ参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

2012/04/18 22:51:32
id:ibuki81 No.7

伊吹。回答回数125ベストアンサー獲得回数112012/04/18 14:29:05

ポイント120pt

自分はセンスとかそんなにない方なんですが、興味はあります。
価格にもよりますが、都合よく目の前にあったら買いそうな気がします。
自分はこういうの大好きなんで←((え
『一般の人たちに楽しんでもらえる』的な趣向はとても素晴らしいと思います!!
雑誌とかで写真で説明を加えてもらっているようなものであれば、興味がある人たちは沢山いると思うので結構上手くいくのではないでしょうか。

id:giornodeluxx

ありがとうございます。
やはりこういうものを求めている方は沢山いるということで間違いないですね♪
参考にさせていただきます。(´∀`)ノ

2012/04/18 22:57:06
  • id:stosyuto
    まあ、お金は大事ですし、購入しなくてもフリーソフトで対応できるならば、極力フリーソフトを使ったほうよいでしょう。しかし、なによりも自分が満足するのを尊重するのであれば、購入するのがいいですね。これを参考にしていただければ幸いです。
  • id:giornodeluxx
    コメントありがとうございます。
    参考にさせていただきます。(´∀`)ノ

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません