最近20才前後が加害者となる交通事故が急増してるように感じます。

小学校の子どもを持つ親としては心配でなりませんが、事故のニュースを見ても子どもが注意してても防げないケースがほとんどのように思えます。
しかしながらニュースで報じられるのは加害者が引き起こした結果と被害者側の対策(集団登校等)ばかりで根本的な解決に向かってないように思えます。

前段長くなりましたが、
根本的な解決に向かう為には加害者側向けの教育
・無免許の危険性
・加害者になった場合の人生
・被害者家族の心境
等を義務教育の内に行う必要があると思いますが、中学校等では行なわれているのでしょうか?
また私の考えに対するご意見も募集します。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/05/05 10:12:11
  • 終了:2012/05/12 10:15:06

回答(0件)

回答はまだありません

  • id:rouge_2008
    推測になりますが、現状では運転免許取得者に対する教育(運転免許更新時講習や運転免許取得者教育)しか行われていないのではないかと思います。(※運転免許取得者教育は任意で、義務ではありません。)

    加害者にならない為の教育は必要だと私も思います。
    車、バイク(原付含む)等の危険性についてや、加害者になった場合の人生に関係しますが、被害者の身体・生活に与える影響とその責任(自身だけでなく保護者の責任)などはもちろんですが、自身や同乗者も障害を負ったり、死亡する場合もある事など、しっかり注意する必要があると思います。
    義務教育である中学生を対象にするのか、免許を取得できる高校生を対象にするのか、どの時点でどの程度教育すると最良なのかは分かりません。

    首相官邸ホームページでは、国政に関する意見を募集しています。
    http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
    ※各府省庁に直接送信できますので、国家公安委員会・警察庁と文部科学省宛てに送信すると良さそうです。

    上記の意見送信とは別に、kou32rrさんの地域のPTAに相談して、PTAから学校側に要請するのもいいと思います。
    授業のカリキュラムに組み込むのは、決定するまで時間が掛かると思いますが、ホームルーム等で取り上げてもらうのは、受け入れて貰いやすいのではないかと思いますので、皆さんの意見を聞いて話し合ってみてください。
    各府省庁の意見送信も、TwitterやFacebook、あるいはブログ等で意見を募ってから行うといいのではないかと思います。
  • id:kou32rr
    コメントありがとうございます。

    やはり教育環境としてはまだまだなんですね・・・

    実現までは時間掛かると思いますが、できることからやってみようと思います。
    ありがとうございました!
  • id:yobax
    間違いなく教育です。
    社会人に対しても教育です。

    伝えて行くことしかありません。
    http://youtu.be/aaw4h2e-oec
    これは残された家族や友達の短いCMです。こういうのを民放に流して欲しいですね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません