60%の人間はプログラミングの素質がない

というのは本当でしょうか?
http://cpplover.blogspot.jp/2012/05/60.html
プログラミングできる人とできない人との間の深い溝
http://d.hatena.ne.jp/masatoi/20090707/1246965336
確かに、プログラマで
できる子は教えなくてもできるので、教える必要は無いし、
教えないとできない子は、教えてもできないので、いつの間にか他部署に行っている気がします。
プログラマの一番の教育は「教えないこと」?
新人にプログラマの適性があるかどうかの判断の材料に「教えないとできないか」どうかというのが自分の中ではあるような気がしますが、他のブログラマの方はどう思いますか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/05/23 00:03:54
  • 終了:2012/05/30 00:05:06

回答(13件)

id:australiagc No.1

australiagc回答回数467ベストアンサー獲得回数902012/05/23 00:57:28

ポイント8pt

非常に興味深いですね。特に「構築したメンタルモデルを、ブレずに一貫して適用できるかどうか」という点は、大いに賛同できます。

個人的には、プログラミングというものは素質さえあれば、他の工学系の技術と比べても非常に簡単に習得できるものだと思っています。一度も学術的にプログラミングを習った事のない人でも、良いモノを作る事がありますからね。

プログラミングの大半は既存のコードやライブラリの応用であって、自分の技術力で一からソフトを構築するような事は非常に稀です。既存のリソースを効果的に使い、カスタマイズしていく作業は、まさに「一貫した規則を形成して適用」することだと思います。

プログラマの育成において「教えない」というのは少し極端かも知れませんが、実際に動いているコードを与えて実行の仕方だけを教え、後は好きなように応用させてみるというやり方が良いのではないかという気がします。私自身、下手に一から教えられるよりは、大量のサンプルコードを貰った方が学びやすいですし。

と、根拠の無い私見、悪しからず。

他2件のコメントを見る
id:garyo

>プログラミングをやったことない奴はそういう幻想を持つようですが、
私は職業プログラマなので「プログラミングをやったことない奴」には当てはまらないですね。
実際プロのプログラマにとってプログラミングというのは「容易いこと」です。遊んでいるようなものなので、「こんなのでお金もらっていいのかな」と思うくらいです。
会社でプログラム組んで、家に帰って「あー疲れた。気分転換にプログラムでも組むか」というのが本当のプログラマだと思います。
そのため、誰でもプログラムなんて組めると思っているし、実際組めない人がいて説明しても出来ないのが自分には不思議でした。本当にプログラム組める・組めないは人によって何かの要因があるというのは面白い考えなので、質問してみたわけです。

2012/05/25 22:46:50
id:australiagc

情報工学が難しいなら、電子工学や機械工学、ましてや航空工学なんてそれこそ幻想の領域ですよね…。ITと違って、ミスしたら高確率で人命に関わるっていうプレッシャーもありますし。

と、それらからドロップアウト(笑)した僕でもITならデカイ顔してプロ名乗れます。帰宅して気分転換にプログラム組んでるだけでも、応募してもいない仕事の依頼が来たりしますからね。他の工学分野じゃありえない位、自由の利く分野だと思っています。

2012/06/05 10:37:31
id:papa-tomo No.2

パパトモ回答回数362ベストアンサー獲得回数1072012/05/23 01:37:42

ポイント8pt

プログラマにも色々なレベルがあり、求められる資質も変わってきます。

個人的には、プログラミングの資質は、いわゆる絵心に似ていると思っています。誰かにおそわるわけでもなく、絵が描ける人というのがいます。一方、いくら教えても上手く描けない人もいます。そして絵が描けたとしても、それとプロの絵描きの能力は別ものです。

The camel has two humpsは、以前話題になり聞いたことがあります。初級プログラマの素質を持っているかどうかは、確かにそのように感じています。記号を素直に捉える能力と、論理的に物事を考える能力は別物だと思っていますが、プログラミングを行う能力はその2つの能力を要求しているように思います。

資質を備えているのは基礎として必要です。が、プログラマとして生き抜くための勉強は必要であり、教えてもらえる方が良いと思います。いくら適正があっても、仕事として能力を発揮できるかは、また別の話だと思います。

例えば、あるプログラマはゼロから作る能力は長けているが、他の者が書いたコードを読み取ることができず、プログラムの変更を行うにあたりゼロから書き上げるということを見たことがあります。少人数で構築しているときには天才的な能力を発揮するかもしれませんが、グループでシステムを構築しているときには、リスクが大きくなりすぎて使えないプログラマということになってしまいます。

ちょっと話がそれてしまいましたが、プログラミングの資質だけではプログラマになれないということは、明らかだと思います。

id:a-kuma3

ぼくは、ここ数年で料理をするようになったのですが、料理とプログラムを組むことって、すごく、共通点が多いなあ、と思います。
トップレベルに達するには、資質が必要なんでしょうけど、ある程度のレベルに達するのに必要なのは、きちんとした知識と、手順をきちんと守ること。
それが分かった上での、アレンジだったりするんだなあ、と。

2012/05/23 02:17:04
id:garyo

ありがとうございます。
>例えば、あるプログラマはゼロから作る能力は長けているが、他の者が書いたコードを読み取ることができず、プログラムの変更を行うにあたりゼロから書き上げるということを見たことがあります。
ありますね。先日も何度説明しても共通の関数を使うというのが理解できず、独自の関数を自作して、同じ処理の使いまわしを出来なくしたり、似たような処理は山ほどあるのに、説明しても理解できない人が居ました。結局その人の担当分は破棄して3人くらいで書き直しましたが、プロジェクトが遅延して、顧客から責められました。

2012/05/23 06:55:19
id:a-kuma3 No.3

a-kuma3回答回数4524ベストアンサー獲得回数18802012/05/23 02:14:03

ポイント8pt

面白い論文だとは思いますが、60% を置いてけぼりにする程度の教育しかできていない、という数字だと思いました(文中でも、触れられてはいますけどね)。
プログラミングは、芸術では無く技術なので、ある程度のところまでは素質が無くてもできるようにするのが、教育の役割だと思います。

思うに、プログラミングは、それをすることが目的ではなく、なんらかの動くプログラムを作ってなんぼだと思うのですが、教育で教えられるのは、プログラミング言語の文法がメインになることが多いと思います。
なので、通りいっぺんの教育には期待してませんから、そういう子たち(新人とは限らない)には、こんなことを教えるようにしてます。

  • コードを書く前に、設計しようよ
  • マニュアルを読もうね
  • テストの方法論、ってのがあるんだよ

他にも、細かいことはいっぱいあります。
ログはこういう内容を残さなくちゃいけない、とか、デバッガを使えるようになろうね、とか。


もちろん、素養というのはあると思います。
「メンタルモデルの形成と適用」というのは一理あると思いますが、モチベーションをどう作れるのか、という面が大きいと思うんです(特に、仕事の場合)。

  • 手を抜くことに、一生懸命になれる
  • 表現の方法は一通りではないと分かっていて、より良い表現を探すことに喜びを見いだせる
  • やり方が分かっただけでは満足できなくて、何故、どうして、という疑問を解消したい

で、質問に戻って、『「教えないとできないか」どうか』ですけど、文法以外にも、教えた方が良いことがたくさんあるよね、ってのがぼくの思いです。


# 三日三晩、語り合えるようなネタですねえ :-)

id:garyo

ありがとうございます。
>で、質問に戻って、『「教えないとできないか」どうか』ですけど、文法以外にも、教えた方が良いことがたくさんあるよね、ってのがぼくの思いです。
出来る子は、文法だけ知ってるので最初は色々説明が要りますが、ある程度説明すると似たようなコード見てプログラムが書けるようになってくるので、だんだん質問しなくなってきます。サンプルコードがない処理の時にやり方を説明するくらいです。
教えないといけないことは山ほどあるのですが、必要に応じて教えていけば、そこそこ動くものは作ってきます。

2012/05/23 07:06:16
id:TAK_TAK No.4

tak回答回数995ベストアンサー獲得回数832012/05/23 09:23:29

ポイント8pt

まずそもそも素質の意味が、質問者さんや読者が思ってる意味とは異なる意味で使われているようです。
教育上の...より、学術的な意味で

新人にプログラマの適性があるかどうかの判断の材料に「教えないとできないか」どうかというのが自分の中ではあるような気がしますが

これも、
多分、「教える」の意味が、人によって大きく異なり、
同じ言葉を違う意味(直ちには分からない違い)で使っているので、
意味の齟齬を意識することなく、実際は意見が合ってるのに合ってないと思ったり、
違うことを言ってるのに同じことを言ってると勘違いします。





質問の直接の答えは、
知らないことは知りようが無い
ので、
教えなければ第0歩も踏み出せません....
という訳で、

プログラマの教育だろうがなんだろうが、「教えることしか出来ない

他1件のコメントを見る
id:garyo

ありがとうございます。
自分でも新しい言語を覚えるときは、最初はわけがわからずにただサンプルを打ち込んで動かしているうちに、だんだん特定のあることをやるためにはどこを変更しないといけないかわかるようになり、自分の作りたいプログラムが組めるようになります。
ある程度わからない所はお約束(呪文)として書いているうちにそのうち判るようになるというのはあると思います。
派生開発や修正の場合はソースのどこを変えて、どこを残すのかを見極めるのができるかどうかが、重要になる気がします。

2012/05/23 10:26:23
id:a-kuma3

だんだん特定のあることをやるためにはどこを変更しないといけないかわかるようになり

ということが、モデルを構築する素質、ということなんですかねえ。
質問にある論文を見るまでは、「自分にフィードバックをかけられるかどうか」ということだと思ってました。

2012/05/26 17:43:12
id:kou-tarou No.5

koutarou回答回数654ベストアンサー獲得回数812012/05/23 12:42:33

ポイント8pt

>60%の人間はプログラミングの素質なし。本当?
「素質」というよりも、適性がある人、ない人はいると思いますが、プログラミングが好きだ。理想の職業だ。自分に適している。と思う人自体は、少ない気がします。

>新人にプログラマ適性、判断材料?
判断材料になると思います。

(1)教えなくてもできる人
経験者。未経験でも好奇心がある。自分が学んできた分野を転用できる(論理的思考、数学、法学、将棋など)。性格的に適している。

(2)教えないとできない人
未経験者。好奇心がない。やりたくない。好きになれない。学んできた分野を転用できない。

僕は、新人のプログラミング教育を担当したことがあるんですが、教えなくてもできる人は、非常にセンスがいい人だと思います。知的・肉体的体力があり、頭がいい人です。
建築でいえば、見よう見まね、我流で建てる事ができる人です。
ただ、フォローしなければ、我流で建てた建築物が雨漏りするようなトンデモ建築になることもある。基礎工事は大切だな。プログラムは建築物と同じだなと感じますね。

id:garyo

ありがとうございます。
>ただ、フォローしなければ、我流で建てた建築物が雨漏りするようなトンデモ建築になることもある。基礎工事は大切だな。プログラムは建築物と同じだなと感じますね。
そうですね。

2012/05/23 22:07:00
id:kokorohamoe No.6

心は萌え回答回数23ベストアンサー獲得回数22012/05/23 16:16:01

ポイント8pt

程度の問題ではありますが、大学でアシスタントをしていた頃の経験ではコンピューターサイエンス系の学科でしたが、才能があるなと思ったのは上位10%ぐらいです。

規模の小さなプログラムなら組める人は多いと思いますが、いわゆるネットのコピペを超えて正しく設計、正しく実装となると 10%もいるかどうか疑問です。

最近はネットのコピペで動くものも多いですし、どうでしょう。分野によると思いますが。
プログラマの一番の教育は聞かれたらヒントを教える。事だと思います。
聞かれないうちは、黙って見守る。のがいいと思います。

id:garyo

ありがとうございます。
>プログラマの一番の教育は聞かれたらヒントを教える。事だと思います。
私がプログラムを始めたのはASCIIが創刊した頃で、コンピュータ雑誌に回路図が載ってるような時代で、周りに教えてくれる人も居らず、ネットもないので本や雑誌で自分で勉強するしかなかったですね。

2012/05/23 22:09:37
id:pretaroe No.7

pretaroe回答回数531ベストアンサー獲得回数752012/05/23 16:45:57

ポイント8pt

「60%の人間はプログラミングの素質がない」
というのは本当だと思いますよ。

でも素質がなくても、仕事でプログラミングはできます。

そもそも大量生産でデジタル土方のやり方で
プログラミングの素質なんか必要とする方法をとっていません。


>教えないとできない子は、教えてもできないので、いつの間にか他部署に行っている気がします。

教えてもできない子は、他部署に言ってほしいところですがそうも行かない場合は
コピペでできるような箇所をやていただくか
テスト班になっていただくかとかそういうことになりがちですね。

ネットでよく批判されがちな
仕事でこんなひどいコードがあるのか?とかいう感じのコードを
ができるのは、
コピペやそういうので作成してもらう一因もあります。


プログラミングの素質がなくてもSEの人はゴロゴロいますし
仕様書もかけますね。

id:garyo

ありがとうございます。
>コピペでできるような箇所をやていただくか
>テスト班になっていただくかとかそういうことになりがちですね。
そういうのはありますね。

2012/05/23 22:12:30
id:nmori No.8

morinatsu回答回数72ベストアンサー獲得回数82012/05/23 19:17:15

ポイント8pt

人間の直感に逆らった前提に基づいて思考できる人と、それが苦手な人の差は大きいと思います。
代入にせよ、ループにせよ、コンピュータ処理ならではの考え方、書き方を求められる局面が多いので。

小学生が教師から突然「今日から『1+1=3』になります」と告げられた時にそれに従えるか。自分なりに法則性を見いだそうとするか。単に『1+1=3』だけでは情報が足りないことに気づけるかどうか。それとも今までの勉強が全て無駄になったと途方に暮れてしまうのか。

もちろん教えかたの問題もあると思うのです。が、教える側に立つ人は抵抗なく順応してしまった人が多いので、出来ない人がどうしてつまづいているのかがなかなか分らないし、分っても手助けする方法が的外れになりがちだと思います。

id:garyo

ありがとうございます。
>小学生が教師から突然「今日から『1+1=3』になります」と告げられた時にそれに従えるか。自分なりに法則性を見いだそうとするか。単に『1+1=3』だけでは情報が足りないことに気づけるかどうか。それとも今までの勉強が全て無駄になったと途方に暮れてしまうのか。
数学に関して言えば、自分では何か空間モデルのようなものがありますね。
こういうルールだから○○は××になるはずという直感というか、数学的モデルが目に見える(実際に見えるわけではないですが)△△の答えがでるのは直感的におかしい。そういう例外がいくつも出てくるとモデルがぼやけてきて不安になります。
>もちろん教えかたの問題もあると思うのです。が、教える側に立つ人は抵抗なく順応してしまった人が多いので、出来ない人がどうしてつまづいているのかがなかなか分らないし、分っても手助けする方法が的外れになりがちだと思います。
組み込み系のプログラムで、実機で動いていてデバッガも使えないICEも使えない、再現性の非常に低いバグのデバッグ方法など、方法は思いつくけど、どうすればそのデバッグ方法を思いつくのかは説明できないことはありますね。

2012/05/23 22:23:10
id:t-mon No.9

ぬよい回答回数58ベストアンサー獲得回数22012/05/24 08:02:22

ポイント8pt

C言語とありますが、最近の人は読書をしない人が増えていて、それもその題に関連してるのではないでしょか?

id:garyo

ありがとうございます。
リンク先には
>この傾向は、年齢、性別、教育レベルの差にかかわらず、等しく起こるものであることも、経験的に知られている。どうやら、世の中にはプログラミングを理解できる人間とそうでない人間がいるように思われる。
とあるので、時代的なものではないようです。

2012/05/24 13:13:27
id:tazikisai-mukou No.10

多食斎友好=世田介回答回数276ベストアンサー獲得回数332012/05/24 10:27:54

ポイント7pt

すみません。同じ回答を2回してしまいました。これは、無効回答ですので。

id:tazikisai-mukou No.11

多食斎友好=世田介回答回数276ベストアンサー獲得回数332012/05/24 10:34:56

ポイント7pt

「プログラミング」の意味の捉え方で、大きく変わると思います。
狭義のプログラム、機械語やFortran,C,JAVAなどの機械・コンピュータを対象とした場合は、モット少ないと思います。しかし、広義のプログラム(物事を順序立ててに自己・他人や機械が実行可能な?流れを計画するなど)ならば殆ど(99%以上)の方が組めると思います。

id:garyo

ありがとうございます。
リンク先では以下の記述があります。
>プログラミング学習者の集団において、その成績をグラフ化すると2つの山があるからだ。

通常、センター試験などでは得点分布は正規分布になる(ならないときもありますが)わけですが、この場合は得手不得手はあっても誰でも同じように理解できると言えると思います。
山が2つでるということから、プログラムの能力には何かの要因が必要ではないかというのがリンク先の意見のようです。

2012/05/24 13:19:26
id:yossiy7 No.12

勇者よっしー回答回数778ベストアンサー獲得回数962012/05/26 00:00:42

ポイント7pt

例えば、プログラマ全体から見たら、ポインタを理解してる人なんて、ごくわずかじゃないですか?
更にキャリアクラスとか、const static とstatic constの違いが判る人とか、ごくごくわずかです。
僕は文字列操作や文字チェック関数はマクロ使わないと工数が一気に増えるのですぐマクロを使いますが、それを他のプログラマに見せた時にまず「マクロって何だ」みたいな反応されますよ。
プログラムそのものにも、理解度があって、判らない人はずっと判らないです。
それでも、プログラマの職場は、回ってます。上手く動いてます。
昔からの格言ですが、プログラマは3割の出来る人が動くコードを書きます。後の7割は、そのコードの間を埋めたり、真似をしたりしているだけです。
---
つまり、プログラマそのものに適正が無くても、プログラマを職業としてやってる人なんて大量にいるという事です。
プログラマの資質なんてどこにあるのか曖昧過ぎです。
本当の意味でのプログラマの資質なんて言い出したら、人類上の1%未満だと思いますよ。

id:garyo

ありがとうございます。
>例えば、プログラマ全体から見たら、ポインタを理解してる人なんて、ごくわずかじゃないですか?
アセンブラからやってるとそんなに難しい概念でもないんだけど、最近はそうなのかな。
char a[]="ABCDEF";

a[1]も*(a+1)も1[a]も同じというのはc言語の配列はポインタのシンタックスシュガーに過ぎないことを理解してないと違和感を感じるよね。
http://codepad.org/c9kvPYZ1

const charとchar constの違いの分かる人も少ないだろうね。
>プログラマの資質なんてどこにあるのか曖昧過ぎです。
>本当の意味でのプログラマの資質なんて言い出したら、人類上の1%未満だと思いますよ。
定性的にいうと、プログラムが書けるとは何かとか色々議論が発散しますが、定量的にふたこぶラクダを示した所が、リンク先の興味深い所だと思いますよ。

2012/05/26 22:39:07
id:namarinet No.13

namarinet回答回数1ベストアンサー獲得回数02012/05/29 13:54:38

ポイント7pt

日本では60%どころか90%以上は無いとおもいます。
日本ではプログラマと言われている人のうち実際に成果を上げている人は1割に満たないはずです。

  • id:taknt
    どんなに教え方を工夫しようとも わからない人間はいる。
    そして、何がわからないのかも わからない。
  • id:taknt
    「プログラミングなんてずっとやってれば突然わかるようなもんだよ」
    「えー!? ホント?」

    http://nanamicb.blog55.fc2.com/blog-entry-64.html
    http://mimizun.com/log/2ch/english/984327758
  • id:papa-tomo
    >プログラミングなんてずっとやってれば突然わかるようなもんだよ

    確かにそうですね。

    機械は作った通りに動くので、動かしながら理解する能力が長けていれば、論文の言う所のプログラム資質が無くても大丈夫だと思います。むしろ天才プログラマは、そういう人の方がなれるのかもしれません。
  • id:TAK_TAK
    こうやって教えます。
    http://blog.livedoor.jp/tak_tak0/archives/51763179.html
  • id:taknt
    生徒「先生、できました」
    先生「どうやって作りましたか?」
    生徒「隣の人のを 写しました」
    先生「自分で 作らなかったのかい?」
    生徒「先生は、盗めといいましたから」

  • id:kia_44
    「プログラミングができる」っていうのを狙った結果を出せるって意味なら
    だれでもできるようになると思ってます。
    素質とか向き不向きは当然ありますし、時間が許さないのもあるでしょうけど。

    プログラミングではないのですが、先日事務所の女の子たちが数人がかりでExcelと格闘していました。楽しそうなので参加してみたのですが。

    vlookup関数を使い、条件によって3列目から取ったり4列目から取ったりしたいってことだったんですけど、必要か所にif関数を入れればいいだけですよね。
    これが思いつかなかったみたい。
    思いつかなかった原因は、人それぞれ。
    ・vlookupはわかってても、列番号の中にif関数を使えると思わなかった。
    ・vlookup(検索値,範囲,列番号,検索の型)の検索値って何?って子
    ・vlookupの存在を知らなかった
    ・何が分からないのかわからない

    関数は道具ですから、その道具の用途、使用方法が正しくわかる。これが必須。
    どんな道具がある?使用方法は?もっと便利なのないの?といった疑問が必要。
    わからないことを調べることができる人はまだまだ伸びる。(ネット検索でいいし)
    わからないなりにも、ためしにやってみる人はまだまだ伸びる。もんだと思います。

    あと、考え方について。
    プログラミングに限らず、目標がある。そこへの道筋を順序良く考えられる人とそうでない人の差は出るでしょうね。

    一気に処理したい→パターン化する→1件ずつ処理するしてループさせればよい
    という感じで、現状から目標の間にある「できないこと」をいかに「自分にできること」に置き換えていくかができるかどうかのカギになるんじゃないかな。

    勉強ならステップを1段ずつ登れるけど、実務となると3段飛ばしになったりしますし。
    人によっては壁に見えるでしょうね。その間のステップ作れるかどうかがカギだと思います。
    そして教える側は教える対象の感じてる壁を理解して、その間にステップを作ってやればいいんだと思います。
  • id:JavaBlack
    >60%の人間はプログラミングの素質がない
    というのは、たぶん誤読だと思う。
    論文ではそこまで主張していないはず。

    「プログラミングは誰にでもできるようになる」というのはウソ。
    見てれば分かるけど、そういうことを主張している人は、ろくにプログラミングをやったことがない。
    キャッチボールしかやったことのない人が「誰でも野球はできるようになる」と言ってるような物です。そういう人達が主張する「できる」のレベルが低すぎ。
    並列処理どころか再帰呼び出しもできないくせに「プログラミングができる」なんて言わないように。

    たとえばこれ
    >vlookup関数を使い、条件によって3列目から取ったり4列目から取ったりしたいってことだったんですけど、必要か所にif関数を入れればいいだけですよね。

    再帰呼び出し以前のレベルかよ。。。
  • id:taknt
    プログラミングの素質がない = プログラミングができない
    には ならないと思う。

    別に 再起呼び出しとか使わなくても プログラムは できるし。

    もちろん、プログラムの中には 簡単なもの、 難しいものなど レベルは あるでしょう。

    才能がないと 難しいものは 作れないでしょうね。
    アルゴリズムとかが考えられないものもあるでしょう。

    あなた プログラマーなんでしょ。囲碁を対戦してくれるやつ作ってよと言われても
    囲碁を知らなきゃ作れないし、強いプログラムを作るには 囲碁の実力がないと ダメでしょう。
    それが ないから 素質がないプログラマーだとは いえないし。

  • id:kokorohamoe
    言い方は色いろあると思いますが、3行か3行のハローワールドを書ければ、プログラムが出来る。という事になるか?
    といわれれば、広義で言えば、プログラムはかけているからできる。になるでしょう。
     
    ただ、ここで言われているのは、一般的には業務レベルでという事になり、才能といわれているのは
    いわゆるトッププログラマーなどの、それでメインプログラマーとしてお金が稼げる人たちの事でしょう。

    プロ野球選手でなくても、野球はできますが。一般的に職業として野球ができる。という意味では プロ野球選手でなければできているとはいわれないでしょう。趣味のレベルと言われてしまう。という事だと思います。

    言い方を変えれば、 ハローワールドを書ければ、プログラムが出来る。という定義の場合
    みなさん、 プログラムが出るね。といわれて、嬉しいですか?
    できて当たり前。と答えますよね。

    ちなみに、囲碁などは、いわゆるNP困難問題に入るのかどうかはしりませんが、ごく基礎的なアルゴリズムなので、強いのは作れなくてもいいですが、弱いものは 数カ月程度囲碁を勉強して作れないと プログラムが出来るとは言わないと思います。

    つまり、数カ月程度囲碁を勉強して、囲碁プログラムを作れるのがプログラムが出来る。ということかと思います。
    この時に、囲碁を勉強するかどうかは別です。


  • id:Beirii
    世の中にいるプログラマはそもそも教育のおかげでプログラマになり得たと言えるのかどうか。
    個人的には教育によってプログラマを育てるのは無理だと思ってます。
    企業が新人に教えられるのは、要は企業内の開発規則・基準と業務知識でしかない。
    もちろん通り一遍の事は教えるでしょうけど、
    そこには市販されている書籍にある以上の知識は無いでしょうし、
    書籍の知識で万人がプログラマになれるわけでもないのは自明でしょう。
    素質と言う言い方が正しいのかどうかはわかりませんが、
    向き不向きは間違いなく存在していると確信しています。
  • id:kia_44
    ID:JavaBlackさんにフルボッコにされそうなのでレスw

    結局どこまで求めるかになりますよね。

    発注側としては理想はプラットフォームに依存せず、入力効率を最大限引き出せるようなインターフェイスと、効率的なデータベース設計ができてて、必要に応じたアウトプットができてたら最高。

    実際の運用での話ですが、
    簡単なものならPHP+SQL(必要ならjs)でも組める。むしろプラットフォームの関係で全部がこれでいけたら理想。

    弱みとなるアウトプットも印刷だけならPDFでもいいしそのままwebでもいいし、CSVはきだしでもいいし。出力環境がかぎられるならアクセスの帳票でもいいし、出力結果をいじるならむしろExcelにVBAでSQL文投げちゃってもいい。

    という感じで手段としてのプログラミングなら時間と環境さえ許されれば誰でも可能だと思いますよ。

    オリジナルOS作りたいとか新しい規格打ち上げるレベルは職業プログラマでも1割もいないでしょう。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません