日銀の山口広秀副総裁が、国債について2月2日に高松市で講演をしたそうなのですが、その時の題目を教えて下さい。

あとどのような方々が出席されていたのか教えて下さい。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/05/23 00:52:02
  • 終了:2012/05/27 22:40:59

ベストアンサー

id:Yoshiya No.2

Yoshiya回答回数1047ベストアンサー獲得回数2802012/05/23 01:37:56

ポイント50pt

ホーム > 対外説明・広報 > 講演・記者会見 > 講演・挨拶等 2012年 > 【挨拶】山口副総裁「欧州債務問題、日本経済、金融政策運営」(香川)・日本銀行

【挨拶】
欧州債務問題、日本経済、金融政策運営
香川県金融経済懇談会における挨拶
日本銀行副総裁 山口 廣秀
2012年2月2日

1.はじめに

2.海外経済の動向と欧州債務問題の現状

海外経済はこのところ減速傾向ながら先行きは緩やかに回復の見通し
昨年末にかけて深刻さを増した欧州債務問題
本年入り後は幾分緊張が和らぐも警戒は怠れない


3.欧州債務問題の基本的な性格

通貨統合に不可欠の財政や競争力に対する規律づけが機能せず
リーマン・ショック後の財政赤字拡大という日米欧共通の問題も
欧州債務問題の根本的な解決には時間がかかる


4.日本経済の展望と中長期的な課題

やや長い目でみれば物価安定のもとでの持続的成長経路へ
しかし欧州債務問題の影響を始め不確実性は大きい
日本経済の中長期的な課題:成長力の強化と財政の持続性確保
外需・内需の両面作戦で成長力の強化を
市場の信認が失われないうちに財政の持続性をしっかり確保すべき


5.日本銀行の金融政策運営

デフレ脱却に向けて強力な金融緩和を推進
きわめて緩和的な金融環境を活用して外需・内需の開拓を
金融政策運営の不断の点検と万が一の場合に備えた体制整備


6.おわりに

・上記サイト内に講演内容の全文が掲載されています。


香川県金融経済懇談会の記事

成長強化と財政再建を/日銀副総裁、高松で講演(四国新聞社 2012.02.03)

日銀の山口広秀副総裁は2日、香川県高松市内で開かれた県経済界の代表らを対象にした県金融経済懇談会で講演し、「当面の世界経済の最大の懸念材料は欧州債務問題」とした上で、日本経済の課題については「成長力の強化と欧州の例を教訓にした財政の健全化」と指摘した。

(略)

懇談会には県内の経済団体や金融機関の代表ら13人が出席。1996年から1年半、日銀高松支店長を務めた山口副総裁は懇談会後の記者会見で、県経済の印象について「バランスの取れた産業構造でショックに強い」との認識を表明。「医療・介護や観光などの成長が期待される分野を中心に自律的な成長システムを築いてほしい」と語った。


欧州通貨統合維持の信認低下リスクも=山口日銀副総裁(ロイター 2012.02.02)


香川県金融経済懇談会には清水日本銀行高松支店長浜田香川県知事大西高松市長が出席しています。

その他の回答(1件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4740ベストアンサー獲得回数7552012/05/23 01:18:56

ポイント50pt

http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2012/ko120202a.htm/
(香川県金融経済懇談会内)

『欧州債務問題、日本経済、金融政策運営』

「海外経済の動向と欧州債務問題の現状」
「欧州債務問題の基本的な性格」
「日本経済の展望と中長期的な課題」
「日本銀行の金融政策運営」

出席者:大西秀人(高松市長)、 清水季子(日本銀行高松支店長)


http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/8153_L41_24.1.28-24.2.5.pdf

http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/18835.html

id:MEI-ZA-YU

他の出席者:おそらく香川県商工会議所連合会や高松商工会議所、香川県が本店の香川銀行、百十四銀行の代表者はもちろん、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行などの代表者でしょうね。
http://www.hir-net.com/link/bank/kagawa.html

2012/05/23 02:19:05
id:Yoshiya No.2

Yoshiya回答回数1047ベストアンサー獲得回数2802012/05/23 01:37:56ここでベストアンサー

ポイント50pt

ホーム > 対外説明・広報 > 講演・記者会見 > 講演・挨拶等 2012年 > 【挨拶】山口副総裁「欧州債務問題、日本経済、金融政策運営」(香川)・日本銀行

【挨拶】
欧州債務問題、日本経済、金融政策運営
香川県金融経済懇談会における挨拶
日本銀行副総裁 山口 廣秀
2012年2月2日

1.はじめに

2.海外経済の動向と欧州債務問題の現状

海外経済はこのところ減速傾向ながら先行きは緩やかに回復の見通し
昨年末にかけて深刻さを増した欧州債務問題
本年入り後は幾分緊張が和らぐも警戒は怠れない


3.欧州債務問題の基本的な性格

通貨統合に不可欠の財政や競争力に対する規律づけが機能せず
リーマン・ショック後の財政赤字拡大という日米欧共通の問題も
欧州債務問題の根本的な解決には時間がかかる


4.日本経済の展望と中長期的な課題

やや長い目でみれば物価安定のもとでの持続的成長経路へ
しかし欧州債務問題の影響を始め不確実性は大きい
日本経済の中長期的な課題:成長力の強化と財政の持続性確保
外需・内需の両面作戦で成長力の強化を
市場の信認が失われないうちに財政の持続性をしっかり確保すべき


5.日本銀行の金融政策運営

デフレ脱却に向けて強力な金融緩和を推進
きわめて緩和的な金融環境を活用して外需・内需の開拓を
金融政策運営の不断の点検と万が一の場合に備えた体制整備


6.おわりに

・上記サイト内に講演内容の全文が掲載されています。


香川県金融経済懇談会の記事

成長強化と財政再建を/日銀副総裁、高松で講演(四国新聞社 2012.02.03)

日銀の山口広秀副総裁は2日、香川県高松市内で開かれた県経済界の代表らを対象にした県金融経済懇談会で講演し、「当面の世界経済の最大の懸念材料は欧州債務問題」とした上で、日本経済の課題については「成長力の強化と欧州の例を教訓にした財政の健全化」と指摘した。

(略)

懇談会には県内の経済団体や金融機関の代表ら13人が出席。1996年から1年半、日銀高松支店長を務めた山口副総裁は懇談会後の記者会見で、県経済の印象について「バランスの取れた産業構造でショックに強い」との認識を表明。「医療・介護や観光などの成長が期待される分野を中心に自律的な成長システムを築いてほしい」と語った。


欧州通貨統合維持の信認低下リスクも=山口日銀副総裁(ロイター 2012.02.02)


香川県金融経済懇談会には清水日本銀行高松支店長浜田香川県知事大西高松市長が出席しています。

  • id:hokuraku
    出席者は
    http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/economy/20120203000102
    によると13人だそうです。私も高松市長、高松支店長、副総裁までは分かったのですが残りは分からず。力不足申し訳ありません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません