ホストからデータを定期的にSQLServer2000のテーブルにデーターを

入れています。
テーブルをデーターの差換え時にDROP、CREATEをしてデーターをINSERT
しています。
(なぜそのようなことをしているのかは途中から保守担当になった為わかりません。)

ACCESSからSQLServer2000のそのテーブルを参照しています。
本来ならばACCESSの使用をやめさせるべきなのですが、暫定の間
使用させたい。
前任者の調査対処方法では以下のとおりとなっているようです。
これを回避する方法はないのでしょうか。
当初、SQLServerのログインユーザーを1つ作成し、SELECT権限しか与えなければ
問題ないとおもうのですが、ACCESSに明るくない為、よくわかりません。


・ログインのアクセス権をSELECTのみにしても回避できない
・Delete,Truncateでも回避できない
 (テーブルをDROP、CREATEをするのではなくTRUNCATEを使用)
・アクセスクエリーで例えば結果の最終行までカーソルを移動していて
 ロックが残っていない場合は発生しない。
 但し、これは使い方次第のためコントロールが難しい。
 又、ユニオンクエリーを使っているとロックの動きが複雑になっている模様。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/05/23 22:56:13
  • 終了:2012/05/30 23:00:11

回答(0件)

回答はまだありません

  • id:papa-tomo
    現状抱えている問題点と改善したい部分を明確にして質問していただければ、答えられるかもしれません。なんとなく読み取れるんですが、はっきりとしないので・・・
  • id:pikacyuu
    現状抱えている問題点と改善したい部分を明確にして質問していただければ、答えられるかもしれません。なんとなく読み取れるんですが、はっきりとしないので・・・

    問題点

    現象
     ホストから定期的に連携されてくるデーターをSQLServer2000のテーブルに
     いれています。
     既存は、データーを入れる際、テーブルをDROP、CREATEしてデーターをいれて
     います。
     なぜ、TRUNCATEなどを使いわないでテーブルをDROPしてCREATEしてるのかはわかりませ ん。(推測ではトランザクションログを出したくないからではと推測します。)
    問題点
     そのテーブルをユーザー様がACCESSを使用してテーブルを参照してるため、
     テーブルをDROP、CREATEができなく、エラーになりその結果がホスト側に
     エラーと返ってきます。 

    対処方法
    1) テーブルをDROP、CREATEするのではなく、テーブルはそのままにして、ホストから   データーが来た場合、TRUNCATE,DELETEができなくエラーになる。
       エラーになりホストにエラーの結果が戻る。

    2) ログインのアクセス権を SELECTのみにしても回避できない
       はい、SELECTのみにしてもロックがかかる動きとなっています。


    業務
     聞込み
     1)ACCESSについて
       ACCESSはVBAで組んだ画面ではなく、通常のリンク機能を使ったテーブル
      参照という認識であってますか。
      通常のリンク機能を使ったテーブル参照と言っても間違いはありませんが
      さまざまあクエリーでテーブル参照している。
      この部分は全担当者保守者も詳細把握しておりませんが、その一部には
      ユニオンクエリーで複数テーブルを参照しているものがあります。


    同改善させたいか。

     1) ACCESSからSQLServerの該当のテーブルをロックさせないようにしたい。
        データーのTRUNCATE、INSERTができるようにしたい。
        現状ACCESSがテーブルをロックさせているため、エラー情報がホストに返って
        しまう問題があります。

    考えられる対処方法
    どうしてもできない場合は、ACCESS用のテーブルを作成し、データーをDTSを使用して
    データーを移送する。

    ほかに逃げてがないか知りたい。
  • id:pikacyuu
    明確な回答をいただくことができれば300ポイントー500ポイント進呈させていただきます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません