電気代の削減の質問です。

マンション管理組合の理事長です。
共用部分の電気代を、設備(電子メーターなど)なしで削減できる方法があれば、どなたか教えていただけませんか。現在の契約は、低圧17kW・電灯7KVAです。 
負荷設備は、 エレベーター1台(5.5kW)揚水ポンプ(3,5kW)
       排水ポンプ(2kW)などです。

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/06/16 08:14:09
  • 終了:2012/06/23 08:15:03

回答(2件)

id:Hyperion64 No.1

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842012/06/16 09:59:45

 マンションのようなケースではかなり精神論(住人にお願いモード)です。設備導入しない場合は行動ルールで対応するしかないでしょうから、やはり精神論になります。

 次のような条件で、マンション共用部分のみを夜間割引サービスに加入します。
 夜11時~朝7時までで、約70%割引を最大限活かすように住人にお願いする。ただし、昼は30%値上がりです。ここで昼間とは朝7時以降23時前のことです。
 具体的な行動ルールはこうです。

1)昼間のお風呂や洗濯は避けてもらう
 →要するに揚水ポンプと排水ポンプを昼に動かさないためです。風呂桶の溜め水を利用すれば洗濯の時間制限をはずせます。

※深夜の入浴なんて嫌でしょうけど。6時台の朝シャワー推奨なら許容されるかもしれません。トイレも水使用量が大きいのですが、夜だけ使用までは強要できないでしょう。

2)元気な住人には昼間の昇りエレベータ使用をひかえてもらう
→降りエレベータよりエネルギーを使うので。

3)共用部の照明器具を一部はずす(これは夜間割引とは関係ないですが)

 一番効果高いのは各家庭でも夜間割引サービスに加入してもらうことでしょう。どうして共用部分の電気使用と連動した生活リズムになるので。ですが、干渉されるのを嫌がる住人が多いのがマンションなので、そこまではできないでしょう。上の例でも嫌がる住人はいるとは思います。
 早いハナシマンションの上層階の方が共用部の電気使用量は大きいのです。エレベータでもポンプでも上層階のために動いているようなもんですから。ですので、共用部電気料金を按分して高層階ほど高く負担してもらうと節約意識は高まります。


参照:
http://www.h5.dion.ne.jp/~siosai/dennki/index.htm#STEP4

id:papa-tomo

エレベータンーの話は誤りだと思います。ほとんどのエレベータは釣り合いおもりを使って、定員乗車が一番エネルギー効率が良いように造られています。なので「昇りエレベータ使用は降りエレベータよりエネルギーを使う」は、ほとんどの場合は逆になるか、上下でほとんど変わらないはずです。

2012/06/17 13:00:42
id:319329136@twitter No.2

村上 智史回答回数1ベストアンサー獲得回数02012/06/17 11:02:19

私も理事長です。また、管理組合向けのコンサル会社をやっております。
先般、私のマンションの共用部に電子ブレーカーを導入した際に、そのブレーカーの業者からの提案で初めて知ったことがあります。

それは電力会社との契約変更という手段です。

まず、電子ブレーカーの導入によって「負荷設備契約」(設備容量のKwを契約容量とする)から「主開閉器契約」(使用する電流値と稼働時間から契約Kwを決定)への変更ができます。これによって電気代が削減が可能になります。

それともう一つ。
従来は、電灯系と動力系の受電契約を分けた「2本の契約」となっていました。
これを今回「合算契約」で一本化し、「低圧高負荷契約」に統合したことによってかなり電気料金が安くなるようです。

当マンションの場合は、照明の使用量のほうが比重が高かったという特性も影響しているようですが。

いずれにしても、電力会社は収入が下がるようなアドバイスはしてくれないので、
省エネ業者やコンサル会社にご相談された方がよいでしょう。
よろしければ、ご相談承ります。
http://yonaoshi-honpo.co.jp

  • id:miharaseihyou
    現実的には照明を更新する際にLEDにする・・くらいしか節約方法はありません。
    あとは空調温度の設定とかですね。
    くれぐれも悪質な業者による電気代節約のセールスにだけは引っ掛からないようにして下さい。
    あれは全然効果ありませんから。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません