現フランス共和国国歌「ラ・マルセイエーズ」についてどう思いますか

今日世界史で習って、正直こんなこと言ってたのかよ、と愕然としました

以下、途中までの和訳を書いておきます

進め 祖国の子らよ
栄光の日は来たれり!
我らに向かって 暴君の
血塗られた軍旗は 掲げられた
血塗られた軍旗は 掲げられた
聞こえるか? 戦場で
獰猛な敵兵の咆哮が
奴らは汝らの元に来る
汝らの子と仲間の 喉を掻ききるため!

市民らよ 武器を取れ
隊列を組め
進め! 進め!
敵の汚れた血で
田畑の畝を満たすまで!

回答の条件
  • 回答したユーザーを表示
  • 途中経過を公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2012/06/28 01:07:04
  • 終了:2012/07/05 01:10:03

回答(5 / 50件)

Q01ラ・マルセイエーズについて(択一)

国歌としてはないなぁ0
素晴らしい国歌だ!3
id:miharaseihyouid:papavolvolid:kobu9857184
国歌としてはないけど、嫌いじゃない0
ありえない2
id:s983031id:TAK_TAK
合計5
  • id:seble
    日本がいかに平和かよく分かるというもんで。
  • id:papavolvol
    フランスもアメリカもそうですが、生きる権利、自由、そして幸せを追求する権利は、戦って、多くの犠牲を払って、そして勝ち取ったものなのです。だから子供の時から、人権、自由、幸福を追求する権利のためには、戦うことを教わります。
  • id:papavolvol
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASGH2200G_S2A520C1000000/
    上記は池上彰教授の日本国憲法の基礎の講義です。
    日本では自由や平等は、日本国民が戦って勝ち取ったものではなく、第二次世界大戦後にアメリカの占領軍が強制的に憲法に盛り込ませたものだという一部始終が分かりやすく解説されています。
  • id:TAK_TAK
    この訳文を鵜呑みにすることが間違っているのです。

    そもそも、言語の意味は一対一対応していないので、
    日本語に訳することで意味が変わってしまうのです。
  • id:miharaseihyou
    自由や平和や国家そのものも戦って勝ち取らなければ得られない・・と言うのが世界の常識なんだけど、日本は戦いを穢れと考える伝統があって、見たくないものは無いと思いこむ人が多い。
    島国だから、防衛しやすく、他国に攻撃されても滅亡しないで済んだという歴史的な事情もある。
    先の敗戦の後ではアメリカの都合により独立できたしね。
  • id:gm91
    国歌としては別にありえなくはない、と思います。
    歌詞自体はちょっと血生臭くて好きじゃないですけど、和訳したものから受ける印象とフラ人が受ける印象はまた違うような気がする。

    君が代を英訳したって多分イメージが伝わらないだろうし。
    「石にコケ生えるくらいずっと」って何それ?とか思いそう。
  • id:papavolvol
    フランスもアメリカも、生きる権利、自由、そして幸せを追求する権利は、戦って、多くの犠牲を払って、そして勝ち取ったものです。だから、大切に守っていかなければならないと、強くたたきこまれます。
    アメリカの独立宣言も一度読んで見られると良いと思います。感動しますよ。

    日本では自由や平等や基本的人権の思想は、日本国民が戦って勝ち取ったものではなく、第二次世界大戦後にアメリカの占領軍が強制的に憲法に盛り込ませたものです。

    たからといって、日本で自由や平等や基本的人権の思想が軽く考えられて良いはずはありません。日本だって第二次世界大戦の尊い多くの犠牲の後で手に入れた自由や平等や基本的人権の思想なのです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません