【母子健康手帳のクラウド化】

成人の大半は、自身の母子健康手帳を持っていない(親が紛失した・廃棄した)と
思うのですが、母子健康手帳データを役所側にクラウド的に預ければ、
データの散逸リスクを回避できると思うのですが。
http://6506.teacup.com/0120320354/bbs
の議論も参考にアンケートにご回答下さい。

回答の条件
  • 途中経過を非公開
  • 男性,女性
  • 20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2012/07/04 18:06:45
  • 終了:2012/07/05 19:15:38

回答(100 / 100件)

Q01あなたは「自分自身の」母子健康手帳を持っていますか?(「お子さんの手帳」ではありません)(択一)

持っている30
持っていない47
わからない23
合計100

Q02母子健康手帳データを母子側でなく役所側がクラウド保管するサービスがあったとして、あなたは支持しますか?(択一)

支持する16
支持しない49
わからない35
合計100

集計

×
  • id:papa-tomo
    このアンケートの最初の大前提「クラウド的に預ければ、データの散逸リスクを回避」というところが間違っていると思います。

    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120625/404962/
    http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/24192/

    もともとクラウドはリスク回避目的で使うべきサービスではありません。
  • id:Yoshiya
    クラウド云々という話よりも、個人の特定をどうするかという根本的な問題が抜けていると思う。
    住民基本台帳コードは戸籍では無く、市区町村の住民基本台帳に基いて付与されるものだから、転居してしまえば住民基本台帳コードは無効になります。
    当然新しい住居地で住民基本台帳コードが付与されるのですが、前のコードと新しいコードがリンクしていない現在では、住民基本台帳コードを基に母子健康手帳データを検索する事は事実上不可能です。
    もしも、母子健康手帳データをクラウド(というよりサーバーで一括管理)化するのであれば、個人(戸籍抄本単位)にユニークなコードをつけなければ意味がありません。
  • id:Yoshiya
    追加

    ただし、乳児や妊婦の詳しい健康状態(出産前・出産後)の統計を取るのであれば、データの一括管理化も必要なのかもしれません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません