匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

頑張れ教な親

私の親は頑張れば報われるという考え方の持ち主です。自分もそれを信じていたのですが、
中学生時代にがんばってもがんばっても絶望しかなく挫けました。親は、「お前は勉強さぼってたからな」といい、自分が部活(部長職で部員のケアやまとめること)や人間関係でがんばっていた事は全く評価してくれません。
親はみんな勉強以外の頑張りは気付きにくいものなんでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/07/28 08:34:18
  • 終了:2012/08/04 08:35:02

回答(4件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/07/28 09:08:22

まず、この文面だけからいうと、親も仕事で評価されるかどうかという一面的な評価にさらされているのではないでしょうか、といえます。
人にはいろんな生き方があり、人にケアできる人のほうが重宝されますので、無駄ではないとおもいますが、気になるのはそこまでがんばっていたあなたがそれでも絶望したということです。それはどういったことでしょうか。がんばりが部活仲間に通じなかったりしたのでしょうか。
その絶望の様子をみていた親御さんのいうことですから、そう思ったほうが気が楽だよ、というアドバイスの面もあるのかもしれませんね。

匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/07/28 10:12:03

「頑張り」はプロセスです。あなたは結果を評価しています。頑張れば良い結果になる理屈は全くありません。
 仕事や勉強は結果が重んじられます。しかし、人生はプロセスです。問題はあなたが何に価値を置くかだと思います。今は親御さんと同じ評価基準なのでしょうね。同じことが嫌であれば、あなたが親になった時に、そうはならないのでしょうね。
 東日本大震災で「頑張り」を強要しなくなりました。コツコツやりましょう。

匿名回答3号 No.3

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/07/28 19:42:21

やっぱり親としては、子どもにはいい成績をとってほしいし、いい大学に行ってほしいし、いい会社に入ってほしい。そして、将来いい生活をしてしてほしい。こうした思いがあるために、「がんばれ」というんでしょうね。

でも、私は「がんばれ」という言葉がきらいです。いわれる側は、少しもがんばっていないような印象になるからです。勉強はたいてい黙々とするものなので、がんばっているかどうかがわかりにくいものです。どれくらいがんばっているのかわからないのに「がんばれ」というのは、ちょっと酷だと思いますね。

あと、親も人間なので、子どもに対してきついことを言ってしまうなどの失敗はあります。そこは「親も完ぺきではないんだな」と温かく見てあげるのが理想ですね。なかなか難しいですが…。

勉強以外のがんばりは、気づきにくいものと思いますね。もし気づいていたとしても、「甘やかしてしまう」などと思って、あえて口にしないかもしれません。勉強での挫折も周りは気づきにくいものと思いますね。本当はそれに気づいて、部分的にでもほめてあげることが必要なのですけどね。

ただ、少なくともいまの日本の企業は、勉強がある程度できる人を求めています。ですので、ちょっとずつ進んでいくしかないと思います。しかし、その一方で、人をまとめることができる人、協調性のある人などをメインに求める企業もあります。

いずれにしても、いつも諦めないことが大切です。諦めずにちょっとずつ進んでいれば、思ってもみないチャンスが巡ってきたりもします。

匿名回答5号 No.4

匿名回答5号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/08/03 02:23:29

 文面をみる限り、ご両親(お父さんだけかもしれませんが)はおそらく無自覚だと思われますが、「頑張れば報われる」と本当に思っている訳ではありません。

 「報われたのは頑張ったからだ」と思っているのです。

 よって結果が出ていないことに関しては「頑張ってないから」ということになります。

 ある意味わかりやすいですが、一見「成せば成る」の精神主義にみえて、結果しかみない「成果主義」です。

 プロセス主義より成果主義の方がラクです。プロセスはずっとみていないとわからない(また見ていてもわかるとは限らない)ので大変ですが、成果は最後に「合否」や「点数」だけみれば判断できるからです。

 厳しい言い方かもしれませんが、あなたの親は、この点において、かなり「手を抜いている」「ラクしようとしている」と言わざるを得ません。(仕事が忙しいとか時間がないとか本人の言い分はあるにしても)

 あなたとしては、そんないい加減な親はほっといて、地道に自分を信じる道をこつこつ進んでいって下さい。

 人間関係でがんばっているあなたは将来報われることでしょう。

匿名質問者

質問者から

匿名質問者2014/01/02 07:07:19

コメントくださった方ありがとうございます。あれから色々ありまして親との仲は大分修復されました。私の精神状態も質問した当初と比べると何百倍もよくなりました。
私はこの質問をした後、反応が怖くて見ないようにしていました。自分から質問しといて矛盾しているのですが、自分が傷つけられるのが怖かったんだと思います。
今、コメントを見てみると皆さん大変暖かい米をしてくださっており、お礼を言いたく今更補足させて頂きました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません