匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

減損損失の認識規準について


永久性規準・蓋然性規準・経済性規準
のうち、経済性規準の説明として

「蓋然性規準は、認識と測定の基礎が異なり、認識の段階で確率の要素を追加的に加えているが、
 回収可能な額を測定する段階で既に確率の要素は入っているため、
 国際会計規準では蓋然性規準でなく経済性規準を採用している」

という文章がありますが、意味がわかりません…

わかりやすく解説お願いします…

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/08/13 09:10:30
  • 終了:2012/08/18 08:06:32

ベストアンサー

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/08/13 10:41:37

「蓋然性規準は、認識と測定の基礎が異なり、認識の段階で確率の要素を追加的に加えているが、
 回収可能な額を測定する段階で既に確率の要素は入っているため、『それぞれの確率を乗じた結果が不確実性を大きくすることから』国際会計規準では蓋然性規準でなく経済性規準を採用している」

※言葉尻からですが、『』で補足しました。如何でしょうか。
具体的には、次のサイトが参考になると思います。
http://www.shinnihon.or.jp/services/ifrs/ifrs-commentary/ifrs-outlook/2010-07-01.html
このサイトの「結論』の前段に「起こりうる結果の発生確率の加重平均アプローチと組み合わせたときに、測定値にマージンを含めることは財務報告の改善にはつながらないと考えている。これらはすべて負債の測定の複雑性を増すだけであり、それに見合うほどのメリットはないと考えられる。」とあります。

匿名質問者

ありがとうございます!!

2012/08/18 08:06:17

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません