光速度不変の原理は真理ではなく、ローレンツ変換通りに時間は変換されないことが、証明出来ました。

ローレンツ変換は、
Ⅰt’= (t-(Vx/C^2)) / √(1-(V^2/C^2))
Ⅱx’=(x-Vt)/√(1-(V^2/C^2))
Ⅲy’= y
Ⅳz’= z
ですが、これを三角関数で表現することも出来ます。
変換前の光をⅤ(x,y,z)=(Ct*cosθ,Ct*sinθ,0)とし(平面で説明します)、変換後の光を(x’,y’,z’)とします。
光速度不変の原理の要請により、√(x^2+y^2+z^2)=Ct、かつⅥ√(x’^2+y’^2+z’^2)=Ct’が成立します。
ⅥにⅡからⅣを代入すると、
Ⅶ√{((x-Vt)/√(1-V^2/C^2))^2+y^2+z^2}=Ct’
ⅦにⅤを代入すると、
√{((Ct*cosθ-Vt)/ √(1-V^2/C^2))^2+(Ct*sinθ)^2+0^2}=(C-V*cosθ)* t/√(1-V^2/C^2)=Ct’
Ⅷt’=t*(C-V*cosθ)/C*√(1-V^2/C^2)
となります。
しかし、GPS衛星では時間の経過が
Ⅸt’=t/√(1-V^2/C^2)
と遅れます。
そうなるとV慣性系の光の相対速度は、
ⅩC’=(C-V*cosθ)
でなくてはなりません。リングレーザージャイロにおいて光の相対速度を、(C-V*cosθ)キロメートル/秒としていることからも、真実であることが分かります。
詳細は、
http://www42.tok2.com/home/catbird/
を参照下さい。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/08/16 00:48:02
  • 終了:2012/08/23 00:50:03
id:tmcatbird

マックスウェルの方程式において、光速度が不変と仮定した理由については、
http://www42.tok2.com/home/catbird/makkusuuerunohouteisiki.html
を参照下さい。

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません