1345151217 抗原抗体反応をおこす免疫グロブリンの分子がなぜ、認識し、認識され、相互にネットワークをできるのか、実に不思議です。個々の分子の中に生命が宿っているのでしょうか。


生命とは何かという問題は、まだ未解明です。アルベルト・セント=ジェルジの『生体の電子論』に「生命の燃料は電子である。より正確には、光合成において光子からうばったエネルギーである。」とありますが、もしかしたら、生命とはこの光の振動そのものなのではないでしょうか。

生命が光そのものである。生命は光子の振動であるということを、述べた科学者や思想家がいたら、その主張を教えてください。(写真は、抗体のイディオトープを別の抗体のパラトープが認識・被認識している様子)

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/08/17 06:06:57
  • 終了:2012/08/24 06:10:02

回答(3件)

id:kitiko No.1

kitiko回答回数463ベストアンサー獲得回数422012/08/17 06:17:17

ポイント34pt

カリフォルニア大学バークレー校の化学者サロバールは、海生藻類の一種が緑色光合成細菌のアンテナで、まさに量子力学でいう「量子もつれ」状態にあるということを指摘しているらしいです。



光合成生物は、アンテナが行っていることを光をとらえるタンパク質の“アンテナ”を細胞内に持っており,光をエネルギーに変え,そのエネルギーを反応中心に導いている。反応中心は一連の反応の引き金をひく重要な分子で,電子を放出して化学的な変換を促しており、単なる混合状態ではなく,広範囲(ただし「量子力学的には」という意味で)に及ぶ「量子もつれ」の状態になっていると指摘している。





http://www.nikkei-science.com/?p=16818

id:ShinRai

ありがとうございました。日経サイエンス(=Scientific Americain)読んでみます

2012/08/17 19:58:22
id:ShinRai

ちなみに量子って、糸みたいにもつれるものですか。何がもつれるのでしょうか。

2012/08/17 22:06:32
id:maya70828 No.3

楽1978回答回数1364ベストアンサー獲得回数1392012/08/24 06:06:35

ポイント33pt

こういうことでしょうか?
http://blog.sq-life.jp/okabe/log/message/003762.shtml

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません