ネット上の書き込みで名誉毀損で、

原告側弁護士から、初回80万円の示談交渉が来た場合。

1)示談では高額をふっかけてくるという話をよく聞きますが、
これは及び腰と言えますか?
被告側は一切示談について話してないのですが、
原告側は焦っているのでしょうか?

2)ここからさらに安くできる余地はありますか?

3)加害者側が、示談交渉を弁護士に依頼すれば、
どの程度まで示談金を安くすることができるのでしょうか?
着手金、報酬などを含めて、80万円よりも、どれくらいまで安くできますか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/08/23 21:05:37
  • 終了:2012/08/30 21:10:03

回答(2件)

id:kitiko No.1

kitiko回答回数463ベストアンサー獲得回数422012/08/23 22:11:45

ポイント50pt

1)名誉毀損の内容次第だと思います。というのも精神的な苦痛という名目で取れることはとれるんですが、一般的な暴言等の場合、なんらかの実害(損害)の領収書や証拠物件がないとそれほど高額な要求はできないからです。

2)もちろん安くできますが額面が小さいので弁護料と相殺できるかどうかがポイントだとおもいます(本人訴訟でいけるとはおもいますが)

3)すべて含めて50万程度が関の山だと思います。弁護費用に着手金などを含めて30万はかかるでしょうから。

id:suppadv No.2

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682012/08/25 22:55:34

ポイント50pt

原告側弁護士から、初回80万円の示談交渉が来た場合。

ということは、裁判ですね。
相手は、判決より、その方が良いと思っているということです。

自分で納得できない額なら、飲む必要は全くないですね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません