「楽聖少女」における音楽史の記述について


http://www.amazon.co.jp/dp/4048865668
現代からヴェートーヴェンたちクラシック作曲家全盛の時代にワープした主人公は、ベートーベン以降の音楽史について、「19世紀以降の音楽における本質的な変化は、バックビートの登場だけだ」と語ります。(P190周辺)はたしてこの音楽史に対する認識はどの程度妥当なのでしょうか? 音楽の作り手・受け手双方をとりまく環境については、20世紀に大きな進歩があったいっぽう、たとえば電子音楽の発展などは、音楽そのものの本質的な変化とは呼びえないものなのでしょうか。一般的な音楽史に対する見方でも、個人的な音楽史観でもかまいませんので、この認識の妥当性についてお答えいただけると嬉しいです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/09/17 14:05:26
  • 終了:2012/09/22 10:16:33

回答(2件)

id:seble No.1

seble回答回数4675ベストアンサー獲得回数6172012/09/17 15:15:57

妥当かどうかは何ともと思いますが、電子音楽は音楽その物の変化ではなく、単に楽器が変わったに過ぎません。
人間自体の感覚にさほどの変化はなく、音楽も本質的には同じ物と言って良いと思います。
かの誰かさんも言ってます。
「音楽にはジャズもクラシックも無い。あるのは良い音楽と悪い音楽だけだ」
ちゃんちゃん。

id:adlib No.2

adlib回答回数1919ベストアンサー獲得回数1152012/09/18 09:35:21

 
 作家の素養 ~ 読めない者とは語れない、読める者とは争えない ~
 
 ふつう文学を語る人は、いちおう文字が読み書きできるはずです。
 ところが、音楽を語る人は(批評家や評論家という肩書があっても)、
かならずしも楽譜が読めず、歌ったり、楽器を弾けないのです。
 
 それはそれでかまわないとしても、あまり踏みこんだ意見を述べると、
論理的に破綻するのではないでしょうか。
 以下は、ごく最近のQ&Aに投稿した私見の断片です。
 
…… その夜のコンサート ~ 次郎と純一郎のベートーヴェン ~
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1390193318
── 赤川 次郎《ベートーヴェンを聴く夜 20120701 図書》P24-26
 
…… つぎの二人は楽譜が読めず、楽器の演奏もできなかったとみられ
ます。しかるに、楽譜の読めない読者から、もっとも信頼されたようで
す。楽譜が読めなくても音楽を楽しめますが、論じることは不可能です。
 
…… 小林 秀雄《モオツアルト》と、ゲーテ《エグモント》《運命》。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6229553.html (No.4)
 共感・共鳴・共振 ~ うそかまことか出まかせか ~
 
…… ベートーヴェンを学ぶには、かならずしもロランを読まなくてよ
いが、ロランを読むには、かならずやベートーヴェンを学ぶべきです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7665105.html (No.1)
 
…… 古典主義にロマン主義が発現する劇的瞬間!
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7694772.html (No.3)
 危うし危機かじり ~ Stranger in paradise ~
 

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません