【締め切り前日まで構想を練るの故事を正確に知りたい】

 たぶん中国の故事かと思うのですが、どこで聞いたものか恥ずかしながら詳細を忘れてしまいました。
 
 うろ覚えながら、確か、以下のような感じだったかと。
 
 大きな画布に絵を描かせようと、王が絵師を雇います。
 で、絵師は
「できあがるまで一年ください。
 ただし、くれぐれも途中で絵を覗いてはなりません」
 王は承諾したものの、絵のできあがりが気になって仕方がなく、ついに期日の前日、部下に密かに覗いてくるよう命じてしまいます。
 すると慌てて帰ってきた部下曰く、
「大変です、奴は詐欺師です。画布は一年前同様真っ白なまま、何をした形跡もありませんでした」
 激怒した王は、翌日兵を伴って絵師のところに向かいます。
 すると絵師は
「これは丁度良いところに。たった今、できあがったところです」
 と、見事に仕上がった絵を披露します。
 王は狐につままれたような思いで、
「……一体、昨日までは何をしておったのか?」
 と問うと、絵師答えて曰く
「想を練っておりました」
 
 ……というような話だったのですが、正確な内容をご存じの方、どうかご教示ください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/09/23 08:19:01
  • 終了:2012/09/30 08:20:03

回答(0件)

回答はまだありません

  • id:filinion
    あ、カテゴリ設定するの忘れた……。
  • id:gtore
    気になる質問ですね。どこかできいたような…

    締め切り直前に見事な回答出るでしょうか。^^;

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません