匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

今から消費増税を先送りする現実的な手順


安倍総裁が、消費税先送りを表明しているようです。
もうかなり通ってしまっていて、不可避だと思っていましたが、まだ回避できる可能性は残っているのでしょうか?

あるとしたら具体的にどのような方法ですか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/09/27 17:48:41
  • 終了:2012/10/04 17:50:03

回答(1件)

匿名回答2号 No.1

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/09/27 18:39:48

別に難しくないです。

消費税の引き上げに当たっての措置、「附則第18条」に関する考察 - できるだけごまかさないで考えてみる
もともと、附則があって、

消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成23年度から平成32年度までの平均において名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。

 この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第2条及び第3条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。

というように、名目2%、実質2%程度の経済成長があることが、実施判断の基準にあります。で、この附則を拠り所に、実施しない事はあります。

もちろん、あくまでも目安なんで、ゴリ押しして実施する可能性もあるとは思いますが、現在の状況ではハードルが高いと思います。

匿名質問者

なるほど、通過した法案はあくまで「条件付きで消費税率を上げることもできる」法案であって、「消費税率を上げることに決まった」わけではない、ということですね。

ありがとうございます。

2012/09/27 19:20:19
  • 匿名回答3号
    匿名回答3号 2012/09/27 21:12:32
    消費税が上がろうと上がるまいと、将来のデフォルトを回避するのはかなり難しい。
    結局、政治的な支出を少なくするか or インフレで帳尻を合わせるしかない。
    歳入の増加と景気の維持を両立させるのは不可能。
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2012/09/27 22:27:33
    >3号さん

    そう思います。いずれは不可避でしょう。

    麻生元総理の提言していた、まずは景気対策、その後消費増税、の流れが良いと考えています。
    少なくとも「今」は消費増税すべきではないという考えのため、先日の法案通過はかなり絶望しており、政権交代してもこれは覆らないだろうな…。という認識でした。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません