中毒や化学物質の生体への影響の個体差について

アレルギーが出る人と出ない人がいます。インフルエンザや食中毒、発がん物質でも、ほぼ同じ環境で同様の曝露があった人でも、影響を発する人は、全体の中で少数です。医薬品で治療しても、プラセボや励ましでも、効く人/効かないように見える人もいます。物理化学の実験ではこうした差は大きくはでません。
中毒や化学物質で症状が発生するという単純なメカではなくて、個体側の色々な状況が色濃くでるのでしょうか。
そうした発症差は、偶然の状況の差でしょうか。
個体の持っている素養?素質が一番の要因でしょうか。
そうした研究をしている参考書などを紹介してください。
また個体差を重視した研究や説明をあまり見かけないのはなぜでしょうか。
個体差そのものの研究がまだ成果を上げるほど進んでいないのでしょうか。
下記URLの別の質問を、ポイントなしでしてしまいました。
http://q.hatena.ne.jp/1348895989
パンデミックのメカニズムに嬉しい回答をしてくださった方が、この質問にも回答してくだされば、ポイントを追加させていただきます。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/09/29 15:00:20
  • 終了:2012/10/06 15:05:03

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません