金魚すくいの金魚について。

前、コメットと小さい鯉を一緒に飼っていたことが、2回ほどあったのですが、金魚すくいの金魚は一日で死んでしまうと思っていたので、飼っていなかったのですが、調べてみると飼育方法がいいなら10年以上も飼うことができると聞きました。
しかし、昨日、金魚をすくって、家に帰ったら白点病になっていました。
まだ少ししか白い点が無いのですが、金魚が背中をひねって震えたりしていたので、早く治したいです。
8匹和金がいます。
塩を小さじ4杯入れましたが、効果はありません。
温度を測ったら26度だったので、28.5度くらいにしようと思って熱湯を入れたら27.5度になりました。
お湯を入れてもなかなか温かくならないですし、一気に温度を上げてしまう事は良くないと聞きました。
どうすればいいでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2012/10/07 09:20:17
  • 終了:2012/10/07 12:03:23

ベストアンサー

id:seble No.1

seble回答回数4678ベストアンサー獲得回数6172012/10/07 09:45:46

温度や塩は薬の効果を高めるためのもので、薬自体を入れないと治らないようです。
金魚すくいなどの魚は、最初から病気持ちが多いので長生きしないので、仕入れてきたらまず、病気を治す事から始めなければなりません。それまでは、他の魚と一緒にする事もできません。
治れば、10年近くでも大丈夫だろうと思います。
我が家では、庭に穴を掘ってそこで飼っていましたが、近所の野良猫(半飼い猫)にみんな食われちまって、、、

id:toropiusu0326

>温度や塩は薬の効果を高めるためのもので、薬自体を入れないと治らないようです。
そうなんですか。
知りませんでした(°°;)"((;°°)
金魚すくいの金魚だから病気にはなっている事は初めから分かっていました。
でも、それを治して乗り越えればちゃんと飼えるようになるんですよね。
病気を治すために温度管理や餌の量などに気を付けようと思います。
回答ありがとうございました。

2012/10/07 12:01:36

その他の回答(1件)

id:seble No.1

seble回答回数4678ベストアンサー獲得回数6172012/10/07 09:45:46ここでベストアンサー

温度や塩は薬の効果を高めるためのもので、薬自体を入れないと治らないようです。
金魚すくいなどの魚は、最初から病気持ちが多いので長生きしないので、仕入れてきたらまず、病気を治す事から始めなければなりません。それまでは、他の魚と一緒にする事もできません。
治れば、10年近くでも大丈夫だろうと思います。
我が家では、庭に穴を掘ってそこで飼っていましたが、近所の野良猫(半飼い猫)にみんな食われちまって、、、

id:toropiusu0326

>温度や塩は薬の効果を高めるためのもので、薬自体を入れないと治らないようです。
そうなんですか。
知りませんでした(°°;)"((;°°)
金魚すくいの金魚だから病気にはなっている事は初めから分かっていました。
でも、それを治して乗り越えればちゃんと飼えるようになるんですよね。
病気を治すために温度管理や餌の量などに気を付けようと思います。
回答ありがとうございました。

2012/10/07 12:01:36
id:yk1997kobba No.2

こっば回答回数2400ベストアンサー獲得回数2122012/10/07 10:42:38

このページが参考になると思います
http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=9826

【白点病の原因】
繊毛虫のイクチオフチリウス(白点虫)が寄生することで白点に見えます。
金魚の栄養を吸って成長すると金魚から離れて水の底で何百匹もの小虫に分裂し、
その小虫がまた金魚に寄生します(((;□;)))
温度変化が激しいと、金魚が弱って発症することが多いようです。

【白点病の治療】
この虫は熱さに弱く、水温が25℃になると活動を停止し30℃以上になると
熱さに耐え切れずに金魚の体から出て離れていきます!!
ヒーターで25~30℃を保ちながら、薬で薬浴か、0.5%の塩水で塩水浴。
もしくは薬+塩両方で治療する方法が一般的みたいです。
塩を使うときは、水草やろ過器は使えなくなります・・・(((;▽;)))
塩分で水草が枯れたり、ろ過フィルターのバクテリアが死んでしまうので注意!!
治療中は、水質悪化を防ぐために必ずこまめに水換えをします。

■0.5%の塩水・・・水1リットルに対して塩5グラムの割合で入れます。
■専用の薬・・・「メチレンブルー」 「グリーンFゴールド」「マラカイトグリーン」

ほかには、唐辛子(鷹の爪)を使う方法まであるようです!!
ギャグじゃなくて本当に効くらしいけど使う勇気が出ませんでした(((;▽;)))
唐辛子には、消毒と金魚の抵抗力をつける効果があるらしいです。

けっきょく、『塩水浴+ヒーターで30℃』の方法で治療開始しました。

【治療開始 1日目】
治療用のバケツに引っ越して治療開始。
ヒーターで30℃に設定したまま、0.5%の塩水で塩水浴させる方法をとりました!!
普通のカルキ抜きしたお水に金魚さんを入れ、そのあとでヒーターで少しずつ温度を上げながら塩を徐々に入れていきます・・・
金魚は水質や水温変化に弱いので、塩を入れたり温度を上げるときは様子を見ながら
少しずつ入れました。0.5%食塩水は、水1リットルにつき塩5グラムの割合ですが、
実際塩を計ってみると見た目かなり多くて心配になったので、30分おきくらいに少しずつ
塩を入れてゆっくり温度を上げていきました。(;▽;)
次の日の水換え用の食塩水も、このときついでに作っておくとラクだと思って作り置きしました。

【治療開始 2日目】
次の日。 金魚さんの白い点は前日と比べてほとんど消えていた!!(((・▽・☆)))
左が前日で、右が翌日の様子。すごくよくなった!!
2匹ともまだ尾びれと背びれに白点があるので、水換え後治療用バケツに戻しました。
水換えは、バケツの塩水を半分捨てて半分入れ替え。
前日作っておいた0.5%食塩水を、もう1つのヒーターで同じ水温にしてから足します。

【治療開始 3日目】
3日目で白点はほぼ消えて、4日で完治(≧▽≦)
早めに対処したこともあってか、薬なしでも完全に治すことができました!!
対処が遅れた場合や症状が重いときは、薬を使わないと治らないことが多いようです。

うちはなんとか治ったのですが、早めの治療をおすすめしますm(__)m 

治療の基本は、ヒーターで25℃以上を保ち続けながら食塩かお薬で治療すること。
温度変化で体力が落ちるとかかりやすくなるので要注意ですが、初期ならちゃ~んと治ります!!

■0.5%の塩水・・・水1リットルに対して塩5グラムの割合で入れます。
■専用の薬・・・「メチレンブルー」 「グリーンFゴールド」「マラカイトグリーン」

心配なときや、症状が進んだときは、薬を使ったほうが効き目が格段にあがるようです。
白点病は、飼育初心者の方だとけっこう発症率が高いそうなので気をつけようと思います。


私も金魚すくいで取った金魚を飼っていましたが、やはり最初は病気でした。
治した後はすっかり元気になって最終的には10年は生きませんでしたが8年と数か月生きました

id:toropiusu0326

白点病が治らなかったら薬を買うことにします。
でも、ちょっと昨日よりは治まったってきたような感じがするので、2、3日様子を見てみます。
回答ありがとうございました。

2012/10/07 12:03:13

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません