匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

妻の(自分名義での)クレジットカード作りを辞めさせたい


タイトルの通りですが、別に
「妻がカードで無駄遣いするから辞めさせたい」という趣旨ではありません。
(年収1,000万円超、預貯金2,000万円、ローン無しなので、金には困っていません)

自分が解約の電話をしなければならず、勤務時間を割かれるのが困っているのです。
(コメント参照下さい)

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/10/29 14:45:27
  • 終了:2012/11/05 14:50:04

回答(7件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/10/29 15:16:19

 44歳のおばさんです。結婚してたこともありましたので生活費の管理等については理解していますし、小遣いのためにポイントサイトなど利用していました。

 最初に浮かんだ方法としては、質問者さんのメインバンクの印鑑(銀行印)を変更し、その印鑑を決して奥様に握られないようにすることです。そうすれば、クレジットカードを申し込んでも、印鑑不一致で申し込みができなくなるのではないでしょうか。

 奥様には、ポイントサイトやアンケートサイトでがんばってもらったほうがいいのではと思います。頑張っても年に1万円位にしかならないかもしれませんが。
 それか、ポイントサイト経由でクレジットカードを申し込んだりして、それでポイントを稼いでいるのかも知れませんね。

 それとは別に、家計についての話し合いが上手くいっていないのではと個人的に感じました。
 何故奥様がそういう手段を使って商品券をゲットするのか。その使い道はどうなのか。質問者さんと奥様双方のお小遣いは、正当な用途でかつ、足りているか、食費などの無駄遣いはないか……など、一度「家のお金」について話し合う機会を持つのも良いかと思います。

id:Kaoru_A

匿名回答1号

 あと、使っていない通帳がないかもチェックしましょう。質問者さんの名義の口座を全て押さえることです。そういうものは、小型の手提げ金庫などに入れて、自分の部屋などに隠しておくなりすると良いかも知れません。

 今は本人確認がないと口座が作れないので、奥様が勝手に質問者さんの口座を作る事は出来ないと思います。

2012/10/29 15:27:44
匿名回答2号

☆☆

2012/10/29 17:19:54
匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/10/29 15:37:08

旦那さん名義の申し込みには、旦那さんの職場とか年収の確定が必要なので、職場の住所や電話番号を奥さんに教えないこと。すでに知らせてあるのなら、職場の経理あてにもしかしたら電話がかかってきているかもしれないので、「そんな人は居ませんといっといて」てお願いする。確定申告は自分でやる(源泉徴収票をわたさない)給与明細など手渡しする書類も電話番号などをぬりつぶしてしまう
法的に奥さんを禁治産者にするという手もありますがとても不便でつかいづらいとおもいますのでまずはそのあたりから確認していってはどうでしょうか。
 
ただし今までめんどくさいことやっていたら、旦那さんご本人もカードが作りづらくなっていくし、
今後住宅ローンなどを組むときに不便があるかもしれないので、もうちょっと厳しくあたってもいいかもしれません。(解約は今後いっさいできない。年会費を払い続け、生活費からさしひくぞといえばいい。また同じブランドのカードを複数枚つくることはできません)。
おまえはそういうある種物乞いのような手段で稼ぐ必要はないのだよといってやってください。

匿名回答4号 No.3

匿名回答4号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/10/30 00:14:35

年収1000万もあるんだからそんな商品券プレゼントとかみみっちいことヤメロ!
と教育しましょう

あるいは・・・
あなたの収入と解約にかかる手間でロスした時間からそれがどれくらいの金額に相当するのか示したらよいのかと。

匿名回答5号 No.4

匿名回答5号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/10/30 08:04:42スマートフォンから投稿

奥さんにこう言います。
俺の年収は一千万円。52で割って週給、それを5で割って日給、それを8で割って時給は5千円。
解約電話には5千円の経費がかかる。だから解約電話はしない。解約にかかる経費よりも年会費の方が安い。
そう言って、解約しないで年会費を払い続けます。
奥さんとアレコレと口喧嘩したり、いろいろどうしようかと思い悩む時間のことを考えたら、年会費なんて安いもんです。

匿名回答6号 No.5

匿名回答6号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/10/30 21:13:45

奥さんの趣味は極端です。
暇つぶしとしても限度を超えている。
確かに違法な行為ではありませんが、その筋のリストには載っているでしょう。
 
原因としてはコレしかないんだが、家庭生活に不満があるので、欲求不満を発散させている・・・んじゃあないかな?
仕事が忙しいことを理由に、日々の対応がおざなりになっていませんか?
ちょっとした気遣いだけでもかなり違うんだが・・。
釣った魚に餌をやらないじゃあ、角が伸びてくると思いますよ。

匿名回答7号 No.6

匿名回答7号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/10/31 14:28:36

奥さんはお金が欲しくてやってるのではなくて、タダで商品券などを貰うことに楽しみを見出していると思いますので、理屈で説得しても無駄なんじゃないでしょうか。

でも散財とは無縁な感じの結構いい奥さんを貰ったのかもしれませんよ。
カード破産をするような買い物魔だったら、今の稼ぎでも収拾できなくて、下手をすれば仕事や出世にも響く惨事になるかもしれないわけですからね。

ただ、質問者さんはたとえ月に1回でも嫌なんでしょう。
ちょっと強行策ではありますが、コメントの3号さんの言う「貸付自粛制度」の手続きをとって2年ぐらいできないようにするのがいいんじゃないでしょうか。

匿名回答8号 No.7

匿名回答8号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/11/03 13:40:15

クレジットカードの短期解約を繰り返すと、クレジットカード自体が作れなくなってきます。奥様は既にそういった状態で、奥様名義でカードを作れないのはコメントで読みました。
質問者様名義でも同じ事です。放っておけば旦那様と奥様でクレジットカードが作れない状態になります。そうしたら商品券ゲットどころではありませんね。

奥様にクレヒスという物がある事を知って貰いましょう。あと、夫婦とは言え、クレジットカードを申請するときに本人かどうかで虚偽の記載があれば良い事は起きないでしょうね。

  • 匿名質問者
    匿名質問者 2012/10/29 14:45:59
    妻は「●●カード初年度無料、今入会すると漏れなく商品券プレゼント」の
    キャンペーンのタイミングでで入会し、商品券の権利をちゃっかりゲットすると、
    年会費が発生する直前に解約する、その繰り返しです。
    過去に何十枚もカード作っては解約しています。
    (どの公共料金をどのカードで払うか?いつまでに解約すべきか?のエクセル作って管理している)

    困るのは、妻名義でなく自分の名義でカード作ってくるので、
    「このカード解約するから、アンタ勤務先からカード会社へ解約の電話してよ」と勝手に頼まれることです。
    (カードを作り過ぎたのか、妻名義では作れないようだ)

    カード会社は妻でなく本人からの電話でないと解約申出を受け付けず、
    解約電話を入れようにもカード会社のコールセンターが超混んでいて、
    何回解約電話を掛けても「お待ち下さい」のテープが流れるだけ。

    仕事時間を割いて解約電話しなきゃならないのが「困って」いるのです。
  • 匿名回答3号
    匿名回答3号 2012/10/29 21:05:58
    日本貸金業協会に「貸付自粛制度」という制度があります。

    http://www.j-fsa.or.jp/personal/contact/way.php
    >>
    貸付自粛制度

    貸付自粛制度とは、資金需要者が、自らに浪費の習癖があることその他の理由により、自らを自粛対象者とする旨又は親族のうち一定の範囲の者が、金銭貸付による債務者を自粛対象者とする旨を日本貸金業協会に対して申告することにより、日本貸金業協会が、これに対応する情報を個人信用情報機関に登録し、一定期間、当該個人信用情報機関の会員に対して提供する制度です。登録手数料等の費用はかかりません。

    申告される方は、下記の‘貸付自粛情報の登録内容’から‘申込者の範囲’を読んで申込手続きを願います。
    貸付自粛の申告方法には、日本貸金業協会支部への来協か、郵送による方法があります。

    (略)

    貸付自粛情報の利用目的

    株式会社日本信用情報機構、株式会社シー・アイ・シーの加盟会社が、契約者(申込者)の支払能力に関する調査のために利用します。

    申込者の範囲

    (1)本人

    (以下略)
    <<

    上記の貸付自粛制度を利用すれば、奥様が質問者さん名義でクレジットカードを新規契約したり、ローンを組んでも与信段階で拒否されますので、これ以上質問者さん名義のクレジットカードが増える事はありません。

    詳しくは、上記のサイトをご覧下さい。

    参考サイト
    http://www.jicc.co.jp/kaiji/request/index.html
    貸付自粛制度とは(株式会社日本信用情報機構)

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません