1353322847 これなんと読みますか?

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 登録:2012/11/19 20:00:47
  • 終了:--

回答(1件)

id:gtore No.1

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372012/11/19 20:57:17

左側が「立修齊志(りっしゅうせいし)」、
右側が「讀聖賢書(どくせいけんしょ)」だと思います。
※「齊」は「斉」、「讀」は「読」です。

「聖賢の書を読み、修斉の志を立てる」という意味で、
わかりやすくいうと、「聖人や賢人、つまり知識・人格にすぐれた人たちの書物を読み、自身を修め家庭を平穏にしようとする気持ちをしっかりと持つ」ということです。
朱子学における修養の工夫が説かれているようです。

また、朱文公大書拓本は、朱子の書の摸刻を拓本にとり軸装したもので、全四幅からなる。底本となった朱子の四行書は、徳川将軍家の所蔵品であったが、中井竹山がこれを借用し、大坂の篆刻家で竹山の門人でもあった前川虚舟が二枚四面の刻板に摸刻した。この刻板からさらに拓本をとり、掛軸の形に表装したものが本資料である。本文には「読聖賢書」「立修斉志」「存忠孝心」「行仁義事」(聖賢の書を読み、修斉の志を立て、忠孝の心を存し、仁義の事を行う)とある。内から外へという朱子学における修養の工夫を説いている。

http://www.icis.kansai-u.ac.jp/data/journal02-v2/journal02v2-08-yuasa.pdf

参考
http://kaitokudo.jp/Kaitokudo1_cgi-bin/DataDisplay.exe?StyleSheet=Bunko&DocID=117#

id:100001295983748@facebook

ありがとうございます。

2012/11/20 07:11:07

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません