私によくわからない事がありました、いつも心のすみにあった事です。

目がみえない、声が聞こえない、足が思い道理に動かない…などといった事がある方が何かに挑戦しようとしたら周りの方は色々応援します。なのに私たちが何かに挑戦しようとすると「当たり前だろう」と言うような目で見てる…。なんとなく差別感があります…
同じように生きてるのに、同じ人間なのに…どうしてなのですか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2012/11/24 12:23:20
  • 終了:2012/12/01 12:25:04

回答(4件)

id:ru-siiha-to No.1

ロイル回答回数3ベストアンサー獲得回数02012/11/24 13:23:18

言われてみれば、あたしもそう思いますね。(ちゃんとした回答になってないorz

他1件のコメントを見る
id:atusalove

別に良いですよ^^私は皆さんの意見がききたいので質問しているので、ルーシィさんの意見を書いて頂いただけで嬉しいです。ありがとうございました

2012/11/26 21:12:23
id:atusalove

別に良いですよ^^私は皆さんの意見がききたいので質問しているので、ルーシィさんの意見を書いて頂いただけで嬉しいです。ありがとうございました

2012/11/26 21:12:24
id:toshi_nishida No.2

toshi_nishida回答回数525ベストアンサー獲得回数382012/11/24 13:33:27

 大部分の人々の場合の理由は、健常者が障害を持つ人にばったり出会うことで義侠心を刺激されるからで、このためには出会いが日常的ではなく稀である必要があります。毎日出会って同じ介助を要求されたり、手のかかる自分の家族であれば、そんな感情は生じません。年に一度タレントがテレビで煽れば寄付をする気になるけれど町内会で毎週寄付金を集めると反感を覚える、同じです。

 少数の人に現れる別の理由は「私がこの人のような障害があったら毎日がどんなに辛いだろう」と相手と立場を入れ替えて発想するタイプの人に現れる現象で、自分に与えられた偶然の幸福に対する支払いをしなければならないような気持ちにさせられるからです。こんな人たちの計算式では(仮に自分が相手の立場だったらという空想を基準とするので)障害者と健常者が同じように生きている同じ人間だという結論が得られません。

id:hagarenn11 No.3

hagarenn11回答回数216ベストアンサー獲得回数332012/11/24 22:56:01

先日私の学校で障がい者の方が講演会をしたのですが、確かに差別だと思います
その人が言ってたんです「障がい者は出来ないんじゃない 時間が普通の人より時間がかかるだけなんです」って
その人は足が悪かったのですが、確かに階段を登るのは決して出来ない事ではないと思いました
普通の人が手を差し伸べればみんなと同じ様に階段だって登れます
目が不自由な人だって手伝ってあげれば道だって普通に歩けます
それを「可哀想」とか「何も出来ない」など勝手な意識でそういう考えが生まれてしまったんだと思います
体の不自由な人だって普通の人に生まれてくれば私たちの様な普通の生活もできて可哀想なんてそんな事はきっと思われなかった
人間の勝手な考えが生み出したんだとおもいますよ

他1件のコメントを見る
id:atusalove

確かにそうですよね…体に障害がある人たちもみんなと同じように、普通してほしいんですね…。その方の事すごく言い話しですね><(なんかスミマセン)回答ありがとうございました

2012/11/26 16:51:50
id:atusalove

すみません、コメントにミスがありました「すごくいい話し」でした。すみません。

2012/11/26 21:08:46
id:madoka-175 No.4

山田のさくてぃー回答回数12ベストアンサー獲得回数02012/11/28 18:45:40

わかります!!
なんか、歌のテストでも障害児の子は声が大きいだけでいい評価もらってたんですよ・・・


でも、相手の気持ちを考えることも大切です。
きっと、自分があの人だったら・・・って考えると辛いです。
いろんな意味でですけど・・・(笑)

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません