宇宙科学の試みでは、よくミニマムサクセスという言葉を聞きます。プロジェクトの評価方法のなかの一つだと思うのですが、こういったミニマムサクセスをよく扱っているプロジェクト評価手法についての情報探しています。CINIIや、google scholar などでよさげな論文があったら教えてください。書籍(日本語ならなおよし)があればなおよしです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/11/25 15:24:35
  • 終了:2012/12/02 15:25:03
id:isogaya

回答は引用付きでお願いします。

回答(1件)

id:oil999 No.1

oil999回答回数1728ベストアンサー獲得回数3202012/11/25 16:19:06

ミニマムサクセス、フルサクセスというのは日本の宇宙開発委員会が用いているローカル用語です。
プロジェクト評価では、一般的には

  • 事前評価
  • 中間評価
  • 終了時評価
  • 事後評価

の4つの段階で評価します。
宇宙開発委員会では、中間評価を幾つかの段階に細分して、最初の段階を「ミニマムサクセス」としているわけです。

【参考】JICAプロジェクト評価の手引き

http://www.jica.go.jp/activities/evaluation/guideline/pdf/old_guideline.pdf

id:isogaya

ローカル用語だと断言されているのですが、確実な引用の提示お願いします。言葉そのものは、世の中でつかわれています。Minimum success で検索するといろいろでてきます。

2012/11/25 21:46:19
id:isogaya

サクセスレベルという概念ではかなり幅広くつかわれているようです。

2012/11/25 22:09:35

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません