【年賀状印刷ソフトの改版で機能削減の訳】

ソフト通販から購入した年賀状印刷ソフトの住所録管理関連で、
便利だったある機能(※1)が改版によって削減(※2)されました。
問い合わせると、「よりシンプルにご利用いただけるように」という回答だけです。

初版からあった便利な機能を17版になって削減するとは、
何かユーザには公表できない特別の事情があると思われます。
どのような事情が考えられますか?

(※1)「再絞り込み」機能:住所録の条件を指定した絞り込みの後、絞り込みを解除せずに、
ひき続き絞り込みを行うと、それまでの絞り込み結果を基に次の絞り込みが行われる。

(※2)絞り込みを解除せずに次の絞り込みをしても、最初からの絞り込みと同じになる

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/11/28 14:46:45
  • 終了:2012/12/05 14:50:03
id:mkonomi

「再絞り込み」機能の使用例:
(例1)
属性の管理種別コード 1~13 のうち 5、6、10、11、12 であるものを抽出する。

まず管理種別コードが5以上のものすべてを抽出し
その結果から管理種別コードが7のものすべてを除き
その結果から管理種別コードが8のものすべてを除き
その結果から管理種別コードが9のものすべてを除き
その結果から管理種別コードが13のものすべてを除く

(例2)昨年当方から年賀状を出した人の中で、相手からは年賀状が来なかった人を抽出する。

(例3)昨年当方から年賀状を出さなかった人の中で、先方からは年賀状が来た人を抽出する。

回答(2件)

id:oil999 No.1

oil999回答回数1728ベストアンサー獲得回数3202012/11/28 18:50:17

ポイント50pt

データベース管理システムの仕様が変わったのかもしれません。

データベース管理システムの仕様を簡素化して高速化を図る目的で、絞り込んだ結果に対して追加で絞り込みをかけるというサブクエリーが行えなくなったのかもしれません。

id:mkonomi

回答ありがとうございます。
そのようなこともあり得ますねぇ!

そうだとした場合、
「ご利用のお客様に、よりシンプルにご利用いただけるようにとの変更」
という説明で済まそうとするメーカの姿勢は疑問ですね。
どこがご利用のお客様のための改善なのでしょうね。

2012/11/28 21:01:35
id:mkonomi

製品プログラムの開発経験者の方のご意見もお聞かせください。

id:pigmon88 No.2

pigmon88回答回数501ベストアンサー獲得回数252012/11/28 22:23:48

ポイント50pt

コードが盗用だったとか、他社のサービスを無断流用していたとかですね。あとセキュリティ関係の不備もあると思います。

id:mkonomi

回答ありがとうございます。

2012/11/29 10:10:29
id:mkonomi

下記「質問者から」欄にコメントを書きます。

2012/11/29 10:13:30
id:mkonomi

 
メーカーが言う「シンプルにご利用いただける」とは具体的にどういうことか考えてみました。
改版前の機能のままでも、[絞り込みを解除]ボタンを押して次の絞り込み操作を行えば
改版後の振る舞いと同じです。

このように複合絞り込み機能を排除することで[絞り込みを解除]ボタンを押す手間を省くよりは、
 [絞り込みを解除]ボタンを押さずに絞り込み操作を行えばそれまでの絞り込み結果を基に次の絞り込みを行う
 [絞り込みを解除]ボタンを押して絞り込み操作を行えば新たに最初から絞り込みを行う
という選択肢がある方がより高級なソフトに見えると思います。
むしろ、この複合絞り込み機能の存在はセールスポイントになるはずです。

新たな絞り込みをするときに、[絞り込みを解除]ボタンを押すことが煩わしいなどと思う人などいないと思います。むしろ、[絞り込みを解除]ボタンを押すことで、リセットして、条件を変えて最初から絞り込みをやり直しているという意識を持つことができます。

元の機能を復活する場合、あらたな新機能を実現する訳でもなく、基本的には元の機能に戻すだけなので、特段の技術的問題は存在しないはずだと思います。

このように考えると、元の機能を復活できないのは、ユーザには公表できない技術面以外のやむを得ない理由があるのだろうと推察できます。

pigmon88さんのNO.2の回答のどれかがその技術面以外のやむを得ない理由かもしれませんね。
 

id:mkonomi

質問文を編集しました。詳細はこちら

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません