匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

Excelのデータを共有、登録なしで閲覧できるサイトを探しています。


具体的にいうと、学科生の課題作成です。
学科生20人が集めたexcelデータを、100人の学科生が閲覧し、個々で課題に取り組みたいと考えています。

とりあえずwindows live in MSNに登録、office appを活用しようと思いましたが、
この場合、閲覧者も全員登録しなければならないですよね?

・excelのデータを共有
・登録なしで閲覧できる
・無料
のサイトがありましたら、教えてください。
よろしくお願い致します。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/12/18 23:32:01
  • 終了:2012/12/25 23:35:02

回答(2件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/12/19 08:25:19


セキュリティのレベルを求めなければ、

http://sharedfile.jp/

http://q.hatena.ne.jp/1240877004

ではないでしょうか。

匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2012/12/19 14:16:12

閲覧者も全員登録しなければならないですよね?

閲覧だけなら登録なしでも出来ます。
http://office.microsoft.com/ja-jp/web-apps-help/HA101820121.aspx

共有の注意点

[受信者が表示するにはサインインが必要です] をオンにしていなかった場合、メールが他のユーザーに転送されると、メールを受け取った誰もがファイルを確認できるようになるということに注意してください

世界中のユーザーと共有する

~文書へのリンクがクリックされると、クリックしたユーザーの Web ブラウザーでドキュメントが開きます (編集することはできません)。~

Microsoft Office Web AppsはSkyDriveにファイルを保存します。ですのでSkyDriveでの共有方法と同じで、色々な共有(アクセス用リンク取得)方法があります。
http://windowslive.jp.msn.com/guide/skydrive/step2.htm
公開方法に関してはGoogle DriveやDropboxなども同じような感じです。

ところで、データの共有・閲覧といっても具体的にはどのようなレベルで必要なのでしょう?たとえば、

  • データの登録・更新のタイミングは
    • あなたの元へファイルが提出され一括して/随時登録する
    • 基本的に更新はしないが、各自にアップロードさせたい
    • 随時更新する可能性があり20人各自が編集更新できるようにしたい
  • 公開・閲覧は
    • 閲覧用リンク一覧は
      • 手作業で作るつもり。公開方法も確保している。
      • 更新も含め自動的に出来ててほしい。
    • 利用するのは
      • データそのものなので極端な話、htmlの表やcsvでもいい。
      • excelファイルじゃないとダメ。
      • 閲覧だけなのでPDFでもいい。
    • 公開する期間は数日/数週間/数ヶ月

などなどによって利用できる手が変わってくると思います。
登録なしで使えるサービスだと、アップロードは誰でも出来ますが、リンク一覧は手動で取りまとめて別に公開する必要があります。また、閲覧というよりダウンロードして見ることに(PDFなら別?)なります。
オンラインストレージの場合、フォルダごと公開できますし、SkyDriveならオンラインで閲覧(google driveも?)できますが、アップロードには当然パスワードが必要です。
しかし、1台のパソコンでオンラインストレージと同期させてやり、そのフォルダをLANで共有するという手もあるかもしれません。ただし、20人でそれを行うのはWindowsのライセンス上出来たかどうか。
たぶん一番楽なのはLAN上にファイルサーバを置くことなのですが……

[追記]
Windows7なら20人いけるようです。そうでなくとも複数台使えば可能にはなります。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1349maxusr/maxusr.html
したがって条件にはよりますが、Live Mesh使ってフォルダを同期しつつ、そのフォルダをSkyDrive上でもパソコン上でも共有もしておき、学科生20人にはパソコン上の共有フォルダにファイルをほうり込んでもらい、100人の学科生にはSkyDrive上の共有フォルダを閲覧してもらう、という手もあるかもしれません。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません