補数について質問です

説明を読んでもわからないので解説お願いします。

10進数(3桁について)を見てみる。
10進数3桁なので、桁上がりした4桁目は無視される。ということは、123+877=000となる、つまり877は123の対の負数(-123)の意味になっている

このように、歩数を使えば負数を表現できる。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/12/27 18:06:45
  • 終了:2013/01/03 18:10:04

回答(1件)

id:999250008@twitter No.1

yuki0da回答回数3ベストアンサー獲得回数12012/12/27 21:39:41スマートフォンから投稿

質問の文だけを見て答えますが...

ある整数 "a" に足して "000" になる数を "a" の負数とした場合、

"123"の負数は、( a = 123 の時)

123 + (-123) = 000

で、"-123"となります。(マイナス付けただけ)


3桁までしか表示できない場合、
"1000"は"000"と表示されますね?

この時は、足して"1000"になる数も当然、"000"と表示されます。

よって"123"の負数は、

123 + 877 = 000 (1000)

で、"877"でもある訳です。

この時、"877"を"123"の補数といいます。
補数を使えば負数も出せるよ!
とこの文は言いたいのだと思います。


ある n桁 の整数 "a" の補数は、
{(n+1)桁の内、最小の整数} - a
( n = 3 の時は 1000 - a
n = 4 の時は 10000 - a )

この場合、a = 123 n = 3 ですね。
よって、 1000 - 123 = 877
と出せる訳です。

これはおそらく2進数の時に使うのだと思います。

分かりづらくてすいません。

id:999250008@twitter

見直したら、負数について説明がおかしかったですね💦
負数自体はただのマイナスの数で結構です。

足して"000"になる最大の負数と言えばよかったですね。

すいません。

桁数が限られている場合、マイナスを使わなくても引き算ができます。

例えば2桁までの場合、

82 + (-36) = 46 を、

82 + 64 = 46 (146) と表せます。

この時に、"-36"を補数で
100 - 36 = 64 と出せます。

こちらの方が分かりやすかったですかね?

2012/12/28 03:45:33

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません