wordpress3.5にて、ブログを作成して七年目になります。

サイトアドレス http://architectural-site.jp
テーマは、Platform1.3.9を使用しております。
昨年の9月頃から、アクセス数が極端に落ち込みました。
(一日3000〜4000程度から、約半分に落ちました)
ウェブマスター ツールを調べてみると、重複するメタデータが、1910・短いメタデータが、54・タイトルタグの重複が、748でした。
そこで、それまで使用していた、all in one seoを撤去し、新たに、headspace2を導入しました。
以来ずっと経緯を見ているのですが、かんばしくなく、all in one seoを、再度入れ直したり、headspaceを削除したり、編集したりしています。(その間、減ったり増えたり)
現在(2013年1月5日)、headspaceを導入して様子を見ているのですが、重複するメタデータが、2390・短いメタデータが、1076・タイトルタグの重複が、974です。
明らかに昨年9月より、悪化しています。(アクセス数も)
headspace2の編集は、下記サイトを参考にしています。
http://kenyo--c.com/wordpress/816/
いろいろいじっているのですが、わかりません。
せめて以前の数値までは、戻したいです。
どうしたらよいのでしょうか。
よろしく御教授願います。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/01/05 13:18:04
  • 終了:2013/01/12 10:25:16

ベストアンサー

id:rouge_2008 No.2

rouge_2008回答回数594ベストアンサー獲得回数3512013/01/07 18:12:21

ポイント300pt

遅くなりましてすみません。
Googleの検索結果を確認してみましたが、まだ変更が反映されていないページがたくさんあるようです。
最後に変更を加えたのがいつなのかは不明ですが、記事更新時にサイトマップを送信して更新を知らせながら、1ヶ月程度はそのまま待ってみてください。
インデックスに反映されるまでの時間は特に決まっていないようで、時間が掛かる場合もあるようです。
http://www.seo-blogs.biz/2012/10/15/4101/
http://surftv.blog90.fc2.com/blog-entry-103.html

なお、個別投稿、月別アーカイブなど、ページの種類によっては「HeadSpace2 SEO」プラグインによるディスクリプションの生成を行っていないようでしたので、参考記事の設定の通りではないように思います。
コメントで返信を頂いてから変更したのかもしれませんが、こちらにも一応知らせていただきますと助かります。

設定の問題点ですが、「アーカイブ」のディスクリプションが「短いメタデータ」とされている可能性があります。
「example.jp/archives/date site:example.jp」で検索してみてください。
ほとんどのアーカイブは、『*月, ****に投稿した記事になります。No:*** | Page.』となっています。
その他、「%%page%%」「%%pagetotal%%」「%%pagenumber%%」は、2ページ目以降のみ出力されるようです。1ページ目は出力されませんので、「%%pagenumber%% Page.」や「Page %%pagenumber%%.」とせずに「%%page%%」を利用する方がいいように思います。(※「page * of *」と出力されます。)
あるいは、ブログ名とページ数については、Platformテーマデフォルトの機能を利用するといいかもしれません。ブログのホーム(※トップページを最新記事一覧にしている場合)やアーカイブなど複数ページにわたる場合、1ページ目にはページ数は表示されませんが、2ページ目以降は「Page *」と表示されます。
※「%%sitename%%」を使用しなくても、タイトルの最後にブログ名とページ数(※ある場合)が表示されます。(逆に使用するとブログ名が重複してしまいます。)


以下、設定例です。(あくまでも例ですので、好みで変更して大丈夫です。)

ホームページ

タイトル 空欄のまま
説明文 「%%sitename%%」の記事一覧 %%page%% このページの最新の記事は「%%title%%」 %%excerpt%%


アーカイブ

タイトル 空欄のまま
説明文 年月別アーカイブ【%%date%%】%%page%% このページの最新の記事は「%%title%%」 %%excerpt%%


カテゴリー

タイトル 空欄のまま
説明文 カテゴリーアーカイブ【%%category%%】%%page%% %%category_description%%このページの最新の記事は「%%title%%」 %%excerpt%%

※「%%category_description%%」のために、カテゴリーの編集ページの「説明」を入力しておく必要があります。(「HeadSpace セッティング」でもどちらでもいいです。)

Posts(個別記事)

タイトル 空欄のまま
説明文 「%%category%%」に関する記事。[%%date%% 投稿] %%excerpt%%


ページ

タイトル 空欄のまま
説明文 %%excerpt%%


著者のページ

タイトル 空欄のまま
説明文 著者別アーカイブ【%%name%%】 %%page%% このページの最新の記事は「%%title%%」 %%excerpt%%


検索ページ

タイトル 空欄のまま
説明文 【%%searchphrase%%】で検索した結果のページです。 %%page%% このページの最新の記事は「%%title%%」 %%excerpt%%


タグページ

タイトル 空欄のまま
説明文 タグアーカイブ【%%tag%%】%%page%% このページの最新の記事は[%%title%%] %%excerpt%%


Attachment Pages

タイトル 空欄のまま
説明文 画像のページ「%%caption%%」この画像の記事は「%%title%%」

※不具合があるようで、反映されません。個別投稿の設定が反映されます。
画像のリンク先に添付画像のページ「http://example.jp/?attachment_id=*」あるいは「http://example.jp/~/attachment/~」を指定している場合は、個別投稿の設定に「%%category%%」を使用しない方がいいです。(添付画像のページでは出力されません。)

※現在、「Wordbooker」でもOGPのタグと一緒にメタディスクリプション設定が出力していて、そちらが反映されているページが結構ありました。
年月別アーカイブやカテゴリアーカイブでは、そのページの最新の記事の本文から抜粋して生成しているようですので、ディスクリプションが偶然同じになるページもあると思います。
数が多すぎるようなのでそれだけではないと思いますが、そのようなページも重複するメタデータとして記録されているかもしれません。
上でも書きましたが個別投稿は「HeadSpace2 SEO」プラグインによるディスクリプションの生成を行っていないようですが、どちらが生成するタグを利用する予定でしょう?
どちらかに統一した方がいいと思いますので・・・(※「Wordbooker」での出力を止める場合、OGPタグは別のプラグインで出力する事になると思います。)

※「重複するメタデータ」「タイトルタグの重複」の調べ方ですが、リストに載っているURLを検索して、現在の検索結果の表示の確認、さらに重複しているとされたタイトルで検索して、重複するタイトルの別の記事のURLが検索結果に表示されるか確認してみてください。
それぞれの検索結果の表示と現在の実際のページ出力が異なっていて重複しない場合は、時間が経てば反映されて少しずつ検出数が減少すると思います。
「http://~/archives/***」は個別記事、「http://~/archives/date」は年月別アーカイブ、「http://~/archives/tag/~」はタグページという具合に、ページの種別がURLで判別できると思いますので、もしも現在の実際のページ出力でも問題が見られる場合は、上記の種別のタイトルの設定を見直してみてください。


※あともう一つ、重要な問題があります。
なぜかheadタグ内のかなりの部分(※メタディスクリプションを含む)が重複して出力されています。
プラグインを一つずつ止めて、その都度HTMLソースの出力を確認し、原因となっているプラグインを特定してください。
同じバージョンのPlatformテーマで確認しましたが、「HeadSpace2 SEO」と「Wordbooker」プラグインを合わせて使用しても問題は発生しませんでしたので、おそらく別のプラグインが原因では内科と思います。(キャッシュで確認しましたが、この問題は「All in One SEO Pack」を使用していた頃にも発生していたようです。)

他7件のコメントを見る
id:Ninaaaa

(本日):重複するメタデータが、1984・短いメタデータが、1197・タイトルタグの重複が、1100となりました。2日前に設定を変更してから、数値が減りました。今後、この状態で様子を見ようと思います。

2013/01/11 09:30:47
id:rouge_2008

メンテナンスモード用のデザインテンプレートです。(※コメントしたように、デザイン以外にも少し変更あります。)
自分自身もメンテナンスモードの影響で何も操作できなくなっていたので修正したバージョンです・・・
以下を「maintenance.php」という名前で保存して、「wp-content」ディレクトリにアップロードしておきます。

<?php

// メンテナンス終了時刻を変更したい場合は、次の行の数値を変更します。(※秒指定)
$maintetime = filemtime( ABSPATH . '.adminmaintenance' ) + 1800;
header( 'HTTP/1.1 503 Service Unavailable' );
header( 'Last-Modified: ' . gmdate( 'D, d M Y H:i:s' ) . ' GMT' );
header( 'Cache-Control: no-cache, must-revalidate, max-age=0' );
header( 'Pragma: no-cache' );
header( 'Content-Type: text/html; charset=utf-8' );
header( 'Retry-After: ' . gmdate('D, d M Y H:i:s T', $maintetime) );
?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset=utf-8" />
    <title>メンテナンス中 : example.jp</title>
	<style type="text/css">
		html {
			background: #f9f9f9;
		}
		body {
			background: #fff;
			color: #333;
			font-family: sans-serif;
			margin: 2em auto;
			padding: 1em 2em;
			-webkit-border-radius: 3px;
			border-radius: 3px;
			border: 1px solid #dfdfdf;
			max-width: 700px;
		}
		h1 {
			border-bottom: 1px solid #dadada;
			clear: both;
			color: #666;
			font: 24px Georgia, "Times New Roman", Times, serif;
			margin: 30px 0 0 0;
			padding: 0;
			padding-bottom: 7px;
		}
		#error-page {
			margin-top: 50px;
		}
		#error-page p {
			font-size: 14px;
			line-height: 1.5;
			margin: 25px 0 20px;
		}
		#error-page code {
			font-family: Consolas, Monaco, monospace;
		}
		ul li {
			margin-bottom: 10px;
			font-size: 14px ;
		}
		a {
			color: #21759B;
			text-decoration: none;
		}
		a:hover {
			color: #D54E21;
		}
		.button {
			display: inline-block;
			text-decoration: none;
			font-size: 14px;
			line-height: 23px;
			height: 24px;
			margin: 0;
			padding: 0 10px 1px;
			cursor: pointer;
			border-width: 1px;
			border-style: solid;
			-webkit-border-radius: 3px;
			border-radius: 3px;
			white-space: nowrap;
			-webkit-box-sizing: border-box;
			-moz-box-sizing:    border-box;
			box-sizing:         border-box;
			background: #f3f3f3;
			background-image: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#fefefe), to(#f4f4f4));
			background-image: -webkit-linear-gradient(top, #fefefe, #f4f4f4);
			background-image:    -moz-linear-gradient(top, #fefefe, #f4f4f4);
			background-image:      -o-linear-gradient(top, #fefefe, #f4f4f4);
			background-image:   linear-gradient(to bottom, #fefefe, #f4f4f4);
			border-color: #bbb;
		 	color: #333;
			text-shadow: 0 1px 0 #fff;
		}

		.button.button-large {
			height: 29px;
			line-height: 28px;
			padding: 0 12px;
		}

		.button:hover,
		.button:focus {
			background: #f3f3f3;
			background-image: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#fff), to(#f3f3f3));
			background-image: -webkit-linear-gradient(top, #fff, #f3f3f3);
			background-image:    -moz-linear-gradient(top, #fff, #f3f3f3);
			background-image:     -ms-linear-gradient(top, #fff, #f3f3f3);
			background-image:      -o-linear-gradient(top, #fff, #f3f3f3);
			background-image:   linear-gradient(to bottom, #fff, #f3f3f3);
			border-color: #999;
			color: #222;
		}

		.button:focus  {
			-webkit-box-shadow: 1px 1px 1px rgba(0,0,0,.2);
			box-shadow: 1px 1px 1px rgba(0,0,0,.2);
		}

		.button:active {
			outline: none;
			background: #eee;
			background-image: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#f4f4f4), to(#fefefe));
			background-image: -webkit-linear-gradient(top, #f4f4f4, #fefefe);
			background-image:    -moz-linear-gradient(top, #f4f4f4, #fefefe);
			background-image:     -ms-linear-gradient(top, #f4f4f4, #fefefe);
			background-image:      -o-linear-gradient(top, #f4f4f4, #fefefe);
			background-image:   linear-gradient(to bottom, #f4f4f4, #fefefe);
			border-color: #999;
			color: #333;
			text-shadow: 0 -1px 0 #fff;
			-webkit-box-shadow: inset 0 2px 5px -3px rgba( 0, 0, 0, 0.5 );
		 	box-shadow: inset 0 2px 5px -3px rgba( 0, 0, 0, 0.5 );
		}

	</style>
</head>
<body id="error-page">
<h1>503 Service Unavailable</h1>
    <p>
        ただいまサーバのメンテナンス中です。<br>
		このメンテナンスは <?php date_default_timezone_set('ASIA/TOKYO'); echo date('n月j日 H:i ', $maintetime); ?>に終了する予定です。<br>
        終了後に再度リロードしてみてください。
    </p>
    <p>ご不便おかけしますが、よろしくお願いいたします。</p>
    <p style="text-align: right;"><a href="http://example.jp/">http://example.jp/</a></p>
</body>
</html>


※メンテナンス終了時刻は、メンテナンス開始(「.adminmaintenance」アップロード)から30分にしてあります。(秒数で指定していますので、例えば1時間に変更する場合は、「+ 1800」を「+ 3600」にします。)


さらに、以下を利用中のテーマとデフォルトテーマの「functions.php」(2つのファイル)に追記してアップロードします。(デフォルトテーマに変更した後も、メンテナンスモードを有効にしておくためです。)

function wpadmin_maintenance_mode() {
    if ( !current_user_can( 'edit_themes' ) || !is_user_logged_in() ) {
		if ( !file_exists( ABSPATH . '.adminmaintenance' ) || defined( 'WP_INSTALLING' ) )
			return;

		global $upgrading;

		include( ABSPATH . '.adminmaintenance' );
		// If the $upgrading timestamp is older than 10 minutes, don't die.
		if ( ( time() - $upgrading ) >= 600 )
			return;

		if ( file_exists( WP_CONTENT_DIR . '/maintenance.php' ) ) {
			require_once( WP_CONTENT_DIR . '/maintenance.php' );
			die();
		}

		wp_load_translations_early();

		$protocol = $_SERVER["SERVER_PROTOCOL"];
		if ( 'HTTP/1.1' != $protocol && 'HTTP/1.0' != $protocol )
			$protocol = 'HTTP/1.0';
			header( "$protocol 503 Service Unavailable", true, 503 );
			header( 'Content-Type: text/html; charset=utf-8' );
			header( 'Retry-After: 600' );
?>
	<!DOCTYPE html>
	<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"<?php if ( is_rtl() ) echo ' dir="rtl"'; ?>>
	<head>
	<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
		<title><?php _e( 'Maintenance' ); ?></title>

	</head>
	<body>
		<h1><?php _e( 'Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute.' ); ?></h1>
	</body>
	</html>
<?php
		die();
    }
}
add_action('init', 'wpadmin_maintenance_mode');
?>


※デザインカスタマイズした画面「maintenance.php」を使用する場合、次のように余分な部分を削除した短いコードで大丈夫です。

function wpadmin_maintenance_mode() {
    if ( !current_user_can( 'edit_themes' ) || !is_user_logged_in() ) {
		if ( !file_exists( ABSPATH . '.adminmaintenance' ) || defined( 'WP_INSTALLING' ) )
			return;

		global $upgrading;

		include( ABSPATH . '.adminmaintenance' );
		// If the $upgrading timestamp is older than 10 minutes, don't die.
		if ( ( time() - $upgrading ) >= 600 )
			return;

		if ( file_exists( WP_CONTENT_DIR . '/maintenance.php' ) ) {
			require_once( WP_CONTENT_DIR . '/maintenance.php' );
			die();
		}

	}
}
add_action('init', 'wpadmin_maintenance_mode');
?>


※上記はWordPressデフォルトのメンテナンスモードの関数を流用しています。(ユーザーの権限等を判別をしないですべての訪問者に適用されてしまう点と、メンテナンスモードの実行を判別するファイルを「.adminmaintenace」に変更してあります。)
※メンテナンスモードの実行および解除には、「.adminmaintenace」のみ変更(※削除もしくはコメントアウト)します。

2013/01/15 16:45:06

その他の回答(3件)

id:oil999 No.1

oil999回答回数1728ベストアンサー獲得回数3202013/01/05 20:23:39

ポイント50pt

これまではWordPressがGoogleに対してSEO的に有利に働いていたのですが、この指摘が多くなったため、Googleは2012年度第3四半期の検索エンジン変更の中でWordPressブログのランクが落ちるようにしたようです。

失礼ながら、貴サイトのコンテンツは単なるデータを箇条書きにしたものが多く、Googleのランクを上げたいのであれば、メタタグに見合うオリジナリティの高いコンテンツにすることが必要です。

id:Ninaaaa

回答ありがとうございます。

2013/01/08 09:08:01
id:rouge_2008 No.2

rouge_2008回答回数594ベストアンサー獲得回数3512013/01/07 18:12:21ここでベストアンサー

ポイント300pt

遅くなりましてすみません。
Googleの検索結果を確認してみましたが、まだ変更が反映されていないページがたくさんあるようです。
最後に変更を加えたのがいつなのかは不明ですが、記事更新時にサイトマップを送信して更新を知らせながら、1ヶ月程度はそのまま待ってみてください。
インデックスに反映されるまでの時間は特に決まっていないようで、時間が掛かる場合もあるようです。
http://www.seo-blogs.biz/2012/10/15/4101/
http://surftv.blog90.fc2.com/blog-entry-103.html

なお、個別投稿、月別アーカイブなど、ページの種類によっては「HeadSpace2 SEO」プラグインによるディスクリプションの生成を行っていないようでしたので、参考記事の設定の通りではないように思います。
コメントで返信を頂いてから変更したのかもしれませんが、こちらにも一応知らせていただきますと助かります。

設定の問題点ですが、「アーカイブ」のディスクリプションが「短いメタデータ」とされている可能性があります。
「example.jp/archives/date site:example.jp」で検索してみてください。
ほとんどのアーカイブは、『*月, ****に投稿した記事になります。No:*** | Page.』となっています。
その他、「%%page%%」「%%pagetotal%%」「%%pagenumber%%」は、2ページ目以降のみ出力されるようです。1ページ目は出力されませんので、「%%pagenumber%% Page.」や「Page %%pagenumber%%.」とせずに「%%page%%」を利用する方がいいように思います。(※「page * of *」と出力されます。)
あるいは、ブログ名とページ数については、Platformテーマデフォルトの機能を利用するといいかもしれません。ブログのホーム(※トップページを最新記事一覧にしている場合)やアーカイブなど複数ページにわたる場合、1ページ目にはページ数は表示されませんが、2ページ目以降は「Page *」と表示されます。
※「%%sitename%%」を使用しなくても、タイトルの最後にブログ名とページ数(※ある場合)が表示されます。(逆に使用するとブログ名が重複してしまいます。)


以下、設定例です。(あくまでも例ですので、好みで変更して大丈夫です。)

ホームページ

タイトル 空欄のまま
説明文 「%%sitename%%」の記事一覧 %%page%% このページの最新の記事は「%%title%%」 %%excerpt%%


アーカイブ

タイトル 空欄のまま
説明文 年月別アーカイブ【%%date%%】%%page%% このページの最新の記事は「%%title%%」 %%excerpt%%


カテゴリー

タイトル 空欄のまま
説明文 カテゴリーアーカイブ【%%category%%】%%page%% %%category_description%%このページの最新の記事は「%%title%%」 %%excerpt%%

※「%%category_description%%」のために、カテゴリーの編集ページの「説明」を入力しておく必要があります。(「HeadSpace セッティング」でもどちらでもいいです。)

Posts(個別記事)

タイトル 空欄のまま
説明文 「%%category%%」に関する記事。[%%date%% 投稿] %%excerpt%%


ページ

タイトル 空欄のまま
説明文 %%excerpt%%


著者のページ

タイトル 空欄のまま
説明文 著者別アーカイブ【%%name%%】 %%page%% このページの最新の記事は「%%title%%」 %%excerpt%%


検索ページ

タイトル 空欄のまま
説明文 【%%searchphrase%%】で検索した結果のページです。 %%page%% このページの最新の記事は「%%title%%」 %%excerpt%%


タグページ

タイトル 空欄のまま
説明文 タグアーカイブ【%%tag%%】%%page%% このページの最新の記事は[%%title%%] %%excerpt%%


Attachment Pages

タイトル 空欄のまま
説明文 画像のページ「%%caption%%」この画像の記事は「%%title%%」

※不具合があるようで、反映されません。個別投稿の設定が反映されます。
画像のリンク先に添付画像のページ「http://example.jp/?attachment_id=*」あるいは「http://example.jp/~/attachment/~」を指定している場合は、個別投稿の設定に「%%category%%」を使用しない方がいいです。(添付画像のページでは出力されません。)

※現在、「Wordbooker」でもOGPのタグと一緒にメタディスクリプション設定が出力していて、そちらが反映されているページが結構ありました。
年月別アーカイブやカテゴリアーカイブでは、そのページの最新の記事の本文から抜粋して生成しているようですので、ディスクリプションが偶然同じになるページもあると思います。
数が多すぎるようなのでそれだけではないと思いますが、そのようなページも重複するメタデータとして記録されているかもしれません。
上でも書きましたが個別投稿は「HeadSpace2 SEO」プラグインによるディスクリプションの生成を行っていないようですが、どちらが生成するタグを利用する予定でしょう?
どちらかに統一した方がいいと思いますので・・・(※「Wordbooker」での出力を止める場合、OGPタグは別のプラグインで出力する事になると思います。)

※「重複するメタデータ」「タイトルタグの重複」の調べ方ですが、リストに載っているURLを検索して、現在の検索結果の表示の確認、さらに重複しているとされたタイトルで検索して、重複するタイトルの別の記事のURLが検索結果に表示されるか確認してみてください。
それぞれの検索結果の表示と現在の実際のページ出力が異なっていて重複しない場合は、時間が経てば反映されて少しずつ検出数が減少すると思います。
「http://~/archives/***」は個別記事、「http://~/archives/date」は年月別アーカイブ、「http://~/archives/tag/~」はタグページという具合に、ページの種別がURLで判別できると思いますので、もしも現在の実際のページ出力でも問題が見られる場合は、上記の種別のタイトルの設定を見直してみてください。


※あともう一つ、重要な問題があります。
なぜかheadタグ内のかなりの部分(※メタディスクリプションを含む)が重複して出力されています。
プラグインを一つずつ止めて、その都度HTMLソースの出力を確認し、原因となっているプラグインを特定してください。
同じバージョンのPlatformテーマで確認しましたが、「HeadSpace2 SEO」と「Wordbooker」プラグインを合わせて使用しても問題は発生しませんでしたので、おそらく別のプラグインが原因では内科と思います。(キャッシュで確認しましたが、この問題は「All in One SEO Pack」を使用していた頃にも発生していたようです。)

他7件のコメントを見る
id:Ninaaaa

(本日):重複するメタデータが、1984・短いメタデータが、1197・タイトルタグの重複が、1100となりました。2日前に設定を変更してから、数値が減りました。今後、この状態で様子を見ようと思います。

2013/01/11 09:30:47
id:rouge_2008

メンテナンスモード用のデザインテンプレートです。(※コメントしたように、デザイン以外にも少し変更あります。)
自分自身もメンテナンスモードの影響で何も操作できなくなっていたので修正したバージョンです・・・
以下を「maintenance.php」という名前で保存して、「wp-content」ディレクトリにアップロードしておきます。

<?php

// メンテナンス終了時刻を変更したい場合は、次の行の数値を変更します。(※秒指定)
$maintetime = filemtime( ABSPATH . '.adminmaintenance' ) + 1800;
header( 'HTTP/1.1 503 Service Unavailable' );
header( 'Last-Modified: ' . gmdate( 'D, d M Y H:i:s' ) . ' GMT' );
header( 'Cache-Control: no-cache, must-revalidate, max-age=0' );
header( 'Pragma: no-cache' );
header( 'Content-Type: text/html; charset=utf-8' );
header( 'Retry-After: ' . gmdate('D, d M Y H:i:s T', $maintetime) );
?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset=utf-8" />
    <title>メンテナンス中 : example.jp</title>
	<style type="text/css">
		html {
			background: #f9f9f9;
		}
		body {
			background: #fff;
			color: #333;
			font-family: sans-serif;
			margin: 2em auto;
			padding: 1em 2em;
			-webkit-border-radius: 3px;
			border-radius: 3px;
			border: 1px solid #dfdfdf;
			max-width: 700px;
		}
		h1 {
			border-bottom: 1px solid #dadada;
			clear: both;
			color: #666;
			font: 24px Georgia, "Times New Roman", Times, serif;
			margin: 30px 0 0 0;
			padding: 0;
			padding-bottom: 7px;
		}
		#error-page {
			margin-top: 50px;
		}
		#error-page p {
			font-size: 14px;
			line-height: 1.5;
			margin: 25px 0 20px;
		}
		#error-page code {
			font-family: Consolas, Monaco, monospace;
		}
		ul li {
			margin-bottom: 10px;
			font-size: 14px ;
		}
		a {
			color: #21759B;
			text-decoration: none;
		}
		a:hover {
			color: #D54E21;
		}
		.button {
			display: inline-block;
			text-decoration: none;
			font-size: 14px;
			line-height: 23px;
			height: 24px;
			margin: 0;
			padding: 0 10px 1px;
			cursor: pointer;
			border-width: 1px;
			border-style: solid;
			-webkit-border-radius: 3px;
			border-radius: 3px;
			white-space: nowrap;
			-webkit-box-sizing: border-box;
			-moz-box-sizing:    border-box;
			box-sizing:         border-box;
			background: #f3f3f3;
			background-image: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#fefefe), to(#f4f4f4));
			background-image: -webkit-linear-gradient(top, #fefefe, #f4f4f4);
			background-image:    -moz-linear-gradient(top, #fefefe, #f4f4f4);
			background-image:      -o-linear-gradient(top, #fefefe, #f4f4f4);
			background-image:   linear-gradient(to bottom, #fefefe, #f4f4f4);
			border-color: #bbb;
		 	color: #333;
			text-shadow: 0 1px 0 #fff;
		}

		.button.button-large {
			height: 29px;
			line-height: 28px;
			padding: 0 12px;
		}

		.button:hover,
		.button:focus {
			background: #f3f3f3;
			background-image: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#fff), to(#f3f3f3));
			background-image: -webkit-linear-gradient(top, #fff, #f3f3f3);
			background-image:    -moz-linear-gradient(top, #fff, #f3f3f3);
			background-image:     -ms-linear-gradient(top, #fff, #f3f3f3);
			background-image:      -o-linear-gradient(top, #fff, #f3f3f3);
			background-image:   linear-gradient(to bottom, #fff, #f3f3f3);
			border-color: #999;
			color: #222;
		}

		.button:focus  {
			-webkit-box-shadow: 1px 1px 1px rgba(0,0,0,.2);
			box-shadow: 1px 1px 1px rgba(0,0,0,.2);
		}

		.button:active {
			outline: none;
			background: #eee;
			background-image: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#f4f4f4), to(#fefefe));
			background-image: -webkit-linear-gradient(top, #f4f4f4, #fefefe);
			background-image:    -moz-linear-gradient(top, #f4f4f4, #fefefe);
			background-image:     -ms-linear-gradient(top, #f4f4f4, #fefefe);
			background-image:      -o-linear-gradient(top, #f4f4f4, #fefefe);
			background-image:   linear-gradient(to bottom, #f4f4f4, #fefefe);
			border-color: #999;
			color: #333;
			text-shadow: 0 -1px 0 #fff;
			-webkit-box-shadow: inset 0 2px 5px -3px rgba( 0, 0, 0, 0.5 );
		 	box-shadow: inset 0 2px 5px -3px rgba( 0, 0, 0, 0.5 );
		}

	</style>
</head>
<body id="error-page">
<h1>503 Service Unavailable</h1>
    <p>
        ただいまサーバのメンテナンス中です。<br>
		このメンテナンスは <?php date_default_timezone_set('ASIA/TOKYO'); echo date('n月j日 H:i ', $maintetime); ?>に終了する予定です。<br>
        終了後に再度リロードしてみてください。
    </p>
    <p>ご不便おかけしますが、よろしくお願いいたします。</p>
    <p style="text-align: right;"><a href="http://example.jp/">http://example.jp/</a></p>
</body>
</html>


※メンテナンス終了時刻は、メンテナンス開始(「.adminmaintenance」アップロード)から30分にしてあります。(秒数で指定していますので、例えば1時間に変更する場合は、「+ 1800」を「+ 3600」にします。)


さらに、以下を利用中のテーマとデフォルトテーマの「functions.php」(2つのファイル)に追記してアップロードします。(デフォルトテーマに変更した後も、メンテナンスモードを有効にしておくためです。)

function wpadmin_maintenance_mode() {
    if ( !current_user_can( 'edit_themes' ) || !is_user_logged_in() ) {
		if ( !file_exists( ABSPATH . '.adminmaintenance' ) || defined( 'WP_INSTALLING' ) )
			return;

		global $upgrading;

		include( ABSPATH . '.adminmaintenance' );
		// If the $upgrading timestamp is older than 10 minutes, don't die.
		if ( ( time() - $upgrading ) >= 600 )
			return;

		if ( file_exists( WP_CONTENT_DIR . '/maintenance.php' ) ) {
			require_once( WP_CONTENT_DIR . '/maintenance.php' );
			die();
		}

		wp_load_translations_early();

		$protocol = $_SERVER["SERVER_PROTOCOL"];
		if ( 'HTTP/1.1' != $protocol && 'HTTP/1.0' != $protocol )
			$protocol = 'HTTP/1.0';
			header( "$protocol 503 Service Unavailable", true, 503 );
			header( 'Content-Type: text/html; charset=utf-8' );
			header( 'Retry-After: 600' );
?>
	<!DOCTYPE html>
	<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"<?php if ( is_rtl() ) echo ' dir="rtl"'; ?>>
	<head>
	<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
		<title><?php _e( 'Maintenance' ); ?></title>

	</head>
	<body>
		<h1><?php _e( 'Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute.' ); ?></h1>
	</body>
	</html>
<?php
		die();
    }
}
add_action('init', 'wpadmin_maintenance_mode');
?>


※デザインカスタマイズした画面「maintenance.php」を使用する場合、次のように余分な部分を削除した短いコードで大丈夫です。

function wpadmin_maintenance_mode() {
    if ( !current_user_can( 'edit_themes' ) || !is_user_logged_in() ) {
		if ( !file_exists( ABSPATH . '.adminmaintenance' ) || defined( 'WP_INSTALLING' ) )
			return;

		global $upgrading;

		include( ABSPATH . '.adminmaintenance' );
		// If the $upgrading timestamp is older than 10 minutes, don't die.
		if ( ( time() - $upgrading ) >= 600 )
			return;

		if ( file_exists( WP_CONTENT_DIR . '/maintenance.php' ) ) {
			require_once( WP_CONTENT_DIR . '/maintenance.php' );
			die();
		}

	}
}
add_action('init', 'wpadmin_maintenance_mode');
?>


※上記はWordPressデフォルトのメンテナンスモードの関数を流用しています。(ユーザーの権限等を判別をしないですべての訪問者に適用されてしまう点と、メンテナンスモードの実行を判別するファイルを「.adminmaintenace」に変更してあります。)
※メンテナンスモードの実行および解除には、「.adminmaintenace」のみ変更(※削除もしくはコメントアウト)します。

2013/01/15 16:45:06
id:pigmon88 No.3

pigmon88回答回数501ベストアンサー獲得回数252013/01/07 23:48:19

ポイント50pt

メタデータくらいでアクセス数に変化があるとは思えませんが、googleでの検索順位が影響しているとお考えならば、まずgoogleのサイトオーナーのページで、検索オプションなどが適切になっているかを確認された方がよいと思います。
ただ、google側でのシステム変更による検索順位の大きな変化は、こちらではどうしようもないと思いますが。

id:Ninaaaa

回答ありがとうございます。確認してみます。

2013/01/08 11:28:47
id:taroe No.4

taroe回答回数1099ベストアンサー獲得回数1322013/01/11 11:04:41

ポイント100pt


Ultimate Noindex Nofollow Tool
http://wordpress.org/extend/plugins/ultimate-noindex-nofollow-tool/

WPのプラグインのこれを使用して、noindexの設定をしてみてください。

 Ad noindex meta tag to date based archives.
 月別アーカイブ
 Add noindex meta tag to category pages.
 カテゴリーページ
 Add noindex meta tag to tag pages.
 タグページ


All in One SEO Packでも同じことが可能ですが、
All in One SEO Packとか入れても効果はない割には、Googleのアルゴリズムの変更で最近は特に不利になりつつあるので、お勧めはしません


ブログで個別記事外は、すべてNoindex 設定するほうが良いです
そうすれば、重複コンテンツの問題はクリアですし、多くのサイトもそうしています。

カテゴリーは使用しても、タグは最近はかなり不利です。

参考
"noindex,follow” robots metaタグを使うのはどんな時?
http://www.suzukikenichi.com/blog/when-would-someone-use-noindex-follow-in-robots-meta-tag/

id:Ninaaaa

回答ありがとうございます。
実践してみます。

2013/01/12 10:20:50
  • id:rouge_2008
    WordPressがSEOに有利に働くのは事実ですが、それを理由にGoogleが特定のCMSのランクが落ちるあるいは評価しないように変更する事はないと思います。
    簡単に調べただけですが、情報元も見つかりませんでした。
    WordPressがSEOに有利と言われているのは、SEOで推奨されている事を取り入れた作りになっているからです。
    推奨されている事を行って効果が出ているのを理由に、特定のCMSのランクを下げる事はないと思います。

    『Google SEOの順位決定に大きな影響を与える30の要因【最新版】』
    http://bazubu.com/google-seo-9070.html


    今回の質問で問題となっているタイトルやメタディスクリプションについても、適切に設定する事がSEOおいて重要であるとGoogleが公式に公開しています。

    『検索エンジン最適化(SEO)』
    http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=35291

    『サイトのタイトルと説明』
    http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=35624


    「HeadSpace2 SEO」プラグイン導入後も次のように改善するどころか悪化しているのでしたら、設定が適切ではないのだと思います。

    (以前):重複するメタデータが、1910・短いメタデータが、54・タイトルタグの重複が、748
    (現在):重複するメタデータが、2390・短いメタデータが、1076・タイトルタグの重複が、974


    参考記事を元に設定したという事ですが、現在はどのような設定になっていますか?
    設定が適切であれば、タイトルとメタデータの重複については0に近くできるはずです。
    それから、短いメタデータの詳細は分かりますか?
  • id:Ninaaaa
    コメントありがとうございます。
    ・・・参考記事を元に設定したという事ですが、現在はどのような設定になっていますか?
    ホームページ以下すべて記事通りの設定です。
    何が適切でないのかわかりません。
    ・・・それから、短いメタデータの詳細は分かりますか?
    短いメタデータ(descriptions)のあるページは、ほとんどが、一般設定のキャッチフレーズ「建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。」です。
    以上、よろしくお願いします。
  • id:rouge_2008
    一応減ったようですが、思ったより効果がないようですので、現在の状態を少し調べてみました。
    「HeadSpace2 SEO」プラグインが上手くディスクリプションを生成しているページと、生成できていないページがあるようです。

    例えば固定ページの「料理」ですが、こちらはきちんと生成されていて、検索結果にも反映しているようです。
    ただし、「建築用語集」のページの場合、「HeadSpace2 SEO」プラグインが生成したディスクリプションの中身が「建築用語」だけになっています。
    これは「短いメタデータ」として検出されているかもしれません。
    なお、「Wordbooker」が生成するタグもまだそのままになっていました。
    「建築用語集」のページの場合、「HeadSpace2 SEO」および「Wordbooker」のどちらでもない内容(※ページの内容から自動生成された可能性あり)が検索結果に反映されています。

    カテゴリーアーカイブの現在の状態ですが、「04.チャーハン」(※「/archives/category/dish/tya-han」)と「06.鍋料理」(※「/archives/category/dish/nabe」)のディスクリプションがなぜか空白ですが、「09.野菜料理」(※/archives/category/dish/yasai)はきちんと出力されています。
    (※検索結果は自動生成された内容になっているようです。)

    すべて調べたわけではありませんので、他のカテゴリーアーカイブやページ、タグ別アーカイブ等についても確認してみてください。

    Wordbookerの場合、個別投稿や固定ページは問題なくページの内容から生成しているようですが、各種アーカイブについては、一般設定の内容がディスクリプションの内容となっているようです。
    これらが検索結果に反映された場合、「重複するメタデータ」の検出数が多くなる可能性がありますし、メタディスクリプションタグ自体が複数のプラグインで生成されて重複しています。
    「HeadSpace2 SEO」プラグインの方が細かく設定できますので、「Wordbooker」のメタタグ出力を無効に設定した方がいいと思います。(※無効にするには、「Wordbooker」の設定ページを開いて、「上級者向け設定」の「オープングラフタグのインラインプロダクションの利用不可」にチェックを入れるといいですが、OGPタグもすべて出力されなくなりますので、OGPタグが必要な場合は、別のプラグインで代用する必要があります。
    現在既に別のプラグインを導入しているようですが、「og:type」「og:title」「og:url」「og:site_name」「og:description」のみとなっていて、「Wordbooker」が出力する「og:locale」「og:image」には対応していないようです。
    なお、カテゴリーアーカイブのURLも正しく設定できないようで、トップページのURLとなっています。「Wordbooker」はカテゴリーアーカイブでは「og:url」の出力自体をしていませんので、他のアーカイブに関しても同様かもしれません。
    OGPタグの出力については調べていませんので、どのプラグインや方法がいいのかは分かりませんが、Facebook公式のプラグインを試してみるといいかもしれません。)

    何回か書いていますが、同じ機能を持つ複数のプラグインによる重複の他に、head内の一部(※けっこう大量)のタグがそっくりそのまま重複しています。(「HeadSpace2 SEO」「Wordbooker」だけでなく、「litebox」「Popular Posts」その他のプラグインが生成する各タグがそっくりそのまま別の箇所にもあります。)
    今回問題となっていた「重複するメタデータ」等とは関係ないかもしれませんが、原因を特定して対処した方がいいと思います。


    カテゴリーやタグアーカイブ等に対する「noindex」の設定についてですが、カテゴリーや年月別アーカイブをインデックスされるようにしておいても、検索順位への影響は特にないようです。
    (※「wordpress」で検索して上位に表示されるWordPressで作成されたブログサイトで確認しました。
    日本人が作成したサイトを3つ確認しましたが、カテゴリ、年月別アーカイブへの「noindex」指定なしが1つ(※タグ別アーカイブは使用していないのか探せなかったので未確認)、年月別アーカイブのみ「noindex」指定が1つ(※こちらも同じくタグ別がない?)、カテゴリ、年月別、タグ別アーカイブすべて「noindex」指定しているのが1つと、3つのサイトがそれぞれ別の指定状態でした。
    なお、回答内で紹介されている記事のサイトはSEO専門サイトのようですが、タグを使用していないようで、タグ別アーカイブのみ「noindex」が指定されています。カテゴリーと年月別アーカイブは「noindex」指定なしで、検索結果にも表示される事を確認済みです。
    上記のような状態ですので、あまり気にせず好みに合わせて「noindex」指定を使い分けるといいように思います。
    ※カテゴリーアーカイブに「noidex」を指定しない場合は、「robots.txt」から「Disallow: /category/*/*」を除外しておく必要があります。)
  • id:Ninaaaa
    rouge_2008 さん、コメントありがとうございます。

    以下、わかる範囲でお答え致します。

    ※すべて調べたわけではありませんので、他のカテゴリーアーカイブやページ、タグ別アーカイブ等に
    ついても確認してみてください。
    ---下記に於いて、ディスクリプションの空白箇所がありました。(全て調査はしておりません)
    カテゴリー(魚料理)、月別(2010年1月、2月)、タグ別(目地棒、スラブ)

    ※Wordbookerのメタタグ出力を無効に設定
    ---設定しました。
    様子を見てかんばしくないようでしたら、Wordbookerは、無効にしようと思っています。
    (そもそもこのサイト自身、Facebook等にそれほど依存しているわけではないと、考えています)

    ※「litebox」「Popular Posts」その他のプラグインが生成する各タグがそっくりそのまま別の箇所にもあります。
    今回問題となっていた「重複するメタデータ」等とは関係ないかもしれませんが、原因を特定して対処した方がいいと思います。
    ---これが、悩みの種で、2007年のWordpress.ver2時代から、幾度となくいろいろなpluginの使用・撤去を繰り返してきました。Wordpressのバージョンアップごとに入れ替えたり、とにかく数え切れないほどです。
    叉、2011年にサーバーを変更した際に、テーマも変更し、多くのカスタマイズを施しました。
    以来、実はバックアッププラグインが、機能しないのです。
    (いろいろな方法を試しているのですが、エラーになります)
    気になるプラグインとしては、Simple tag, Smart 404 などがありますが、いずれもいまは使っておりません。

    ※「noindex」の設定
    ---いまは、静観致します。

    以上、設定確認しましたが、本当に何回も丁寧な回答・コメントありがとうございます。
    自分の無知および無計画なWordpressの使用を、後悔しております。
    本来であれば、真っ白なキャンパスにもう一度書き直したいのですが、技術と時間が足りないようです。
    参考本などにて、今後勉強していきたいと考えます。
    (ただ、記事を描く情熱などは失わないように。。。)

  • id:rouge_2008
    カテゴリーおよび年月別アーカイブの一部でディスクリプションが空白になっていますが、該当する投稿(※アーカイブページ内の最初の投稿)の方でメタディスクリプションタグ自体が生成されていないのが関係あるかもしれません。
    「設定」→「HeadSpace」の設定で、「Posts」の「Description(説明文)」を回答で提示したような設定にしてあるでしょうか?
    問題ない場合は、該当する投稿の編集ページを開いて、HeadSpaceの「Description(説明文)」に「%%excerpt_only%%」など別の設定をしていないか確認してみてください。(※投稿やページの編集画面の設定が優先されます。)
    ※「%%excerpt_only%%」を設定した状態で抜粋が入力されていない場合、メタディスクリプションタグ自体を生成しない事を確認しました。(HeadSpaceの設定および個別の編集画面どちらで設定した場合も同じですので、どちらかの設定が「%%excerpt_only%%」あるいは、その種類のページで文字列が出力されない別のタグ「%%term_description%%」等が設定されているかもしれません。
    HeadSpaceの設定で正しく出力されるように設定してあって、問題のある投稿の編集画面で上書きで出力されないタグが設定してあるか、あるいはその逆でHeadSpaceの設定で出力されないタグが設定してあって、問題のない投稿の編集画面で正しく設定されているのではないかと思います。
    固定ページの「建築用語集」の編集画面も確認してみてください。(こちらも上書き設定されているのではないかと思います・・・)

    カテゴリー、年月別アーカイブについては、タグ自体は出力されていて内容が空白になっていますが、このような現象になる設定は分かっていません。(※環境による違いかもしれませんが、空白文字を設定した場合、空白文字が出力されました。)


    head内タグがごっそり重複している件ですが、プラグインの全停止とデフォルトテーマへの変更で現象が発生しないようでしたら、データ自体には問題がない事になりますので、とりあえず一度確認してみてください。
    確認中に訪問者や検索エンジンのボットが訪問した時の為に、メンテナンスモードにしてから作業するといいです。

    「.maintenance」というファイルに以下のコードを記述して、WordPressのディレクトリにアップロードします。

    <?php $upgrading = time() - 120; ?>

    http://dogmap.jp/2012/03/01/wordpress-maintenance-mode/

    ※デザインを変更する場合は、次の記事を参考にしてください。
    http://dogmap.jp/2010/01/19/wordpress-customized-maintenance-mode/
    ※「Retry-After」ヘッダ追加とメンテナンス終了時刻の表示など、上記を少し変更して一例をコメントの返信欄の方に投稿しました。
    ※「.maintenance」の更新時刻を取得してメンテナンス終了時刻を決定していますので、メンテナンス開始直前にアップロードし、終了後はファイルを削除するか、上記コード(※「$upgrading = ~」)をコメントアウトして無効にして再度アップロードしてください。

    作業手順としては、
    1.デフォルトテーマへの変更
    →解決した場合、
    2-1.テーマ内ファイルをすべて調べます。(※分からなければ、専門の人に依頼した方がいいと思います。)
    →デフォルトテーマで解決しなければ、
    2-2.プラグインの全停止
    →解決した場合、
    3-1.適当に一つずつプラグインを有効化して、問題のプラグインを特定します。(※問題のプラグインが特定できれば、そのプラグインの利用を止めるだけで済みます。どうしても必要な機能の場合、代用のプラグインを探す必要があるかもしれませんが・・・)
    →全停止でも解決しない場合、
    3-2.WordPress本体のファイルを変更しているでしょうか?
    この場合、対処が難しくなると思いますので、解決の必要があるようでしたら専門の人に依頼してみてください。

    バックアップのプラグインが動作しないという事ですが、phpMyAdminでエクスポートしてバックアップを取ってから試してみてください。
    適用するテーマの変更とプラグインの停止と有効化だけですので、おそらく影響はないと思いますが、一応バックアップを取っておいた方が安全ですので・・・
  • id:rouge_2008
    メンテナンスモードが自分にも適用されてしまう問題があったので、修正したバージョンを回答のコメントに投稿し直しました。
    テーマの編集権限があるユーザーまたはログインしているユーザーには適用されませんが、ログインしていないと権限が判別できませんので、メンテナンスモードの実行前(※「.adminmaintenace」のアップロードまたはコード有効化前)に、ログインを済ませて置いてください。

    本題の「重複するメタデータ」等の件ですが、おそらく「Wordbooker」での出力を停止した事でほとんど解決するのではないかと思います。
    こちらで記事数の少ないサイトで確認した結果、ウェブマスターツールの「HTML の改善」機能では、検索結果には反映されていない記述(※検索結果画面には「HeadSpace」等他のメタディスクリプションの記述が反映されていて「Wordbooker」の記述は反映されていないケース)も対象になっているらしい事が推測できる状態になっています。
    違うカテゴリーアーカイブ同士で、それぞれ違う記事が先頭に表示されるアーカイブ同士が重複している事になっていたので、ほぼ間違いないと思います。(※これらのアーカイブでは、検索結果には「HeadSpace」が生成したタグあるいは本文から自動生成された内容で表示されていますが、「Wordbooker」のメタディスクリプションタグには、すべて一般設定のディスクリプションが適用されています。)

    「HTML の改善」がいつ更新されるのかは不明ですが、おそらく「Wordbooker」での出力を停止した事でほとんどは解決すると思います。
    一応まとめとして報告しました・・・
  • id:Ninaaaa
    コメントありがとうございます。

    了解致しました。

    Wordbookerは、停止致しました。

    現在、重複するメタデータが、2031・短いメタデータが、1124・タイトルタグの重複が、1015です。(1月14日更新)
    今後の更新はたぶん、1月18日だと思います。
    少なくなっていることを期待します。

    プラグインの問題は、メンテナンスモードを利用して、後日調査致します。
    (専門の方にお願いするようになるのかもしれませんが。。。)

    phpMyAdminのバックアップですが、かなり以前より取り組んでいるのですが、いつも文字化けを起こします。
    もう一度、設定方法の見直しを致します。
    いろいろな問題の見通しがついてから、現在テーマで採用しているPlatformバージョン 1.3.9を、最新Ver1.4.3にアップしようと思います。
    いつも、バージョンアップするたびに、レイアウトが崩れたり、諸問題が発生して、難儀しています。

    今後、知識を高め、対処してゆきます。
  • id:Ninaaaa
    1月18日(金)現在、重複するメタデータが、1802・短いメタデータが、1025・タイトルタグの重複が、715です。
    減ってきているようです。
  • id:rouge_2008
    その後のご報告ありがとうございます。
    減ってきているようで良かったのですが、やはり思ったより少しずつですね・・・
    インデックス数が多いので、すべて反映されるまで時間が掛かりそうですが、ウェブマスターツールの「Fetch as Google」機能を利用してみてはいかがでしょう?
    未確認なのでインデックスに早く反映されるのかどうかは不明ですが、この機能を紹介している記事やグーグルのヘルプを読む限り、クロールをリクエストできます。

    https://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=1352276&topic=2371374&ctx=topic
    ※「重複するメタデータ」等として検出されているページに何らかの変更を加えたら、上記の操作を実行してみてください。
  • id:Ninaaaa
    コメント、ありがとうございます。
    Fetch as Googleは、以前より使用しておりました。
    ただし、今迄は[URL] を選択して [送信] をクリックしており、今回は[URL とすべてのリンク ページ]を選択して送信しました。
    ウェブマスターツールを使用して、昨年の9月から「重複するメタデータ」等に関しては、統計を取っているのですが、規則正しく三日間に1回、更新されます。
    次回更新日は、1月20日(日)です。
    楽しみにしております。
  • id:Ninaaaa
    現在、重複するメタデータが、1789・短いメタデータが、674・タイトルタグの重複が、658です。(1月20日更新)

  • id:rouge_2008
    ご報告ありがとうございます。
    「短いメタデータ」が一気に減ったようですが、それ以外はあまり減りませんね・・・
    ウェブマスターツールの「HTML の改善」の画面で、それぞれの詳細を確認してみてください。

    例えば、「重複するメタデータ(descriptions)」をクリックすると、「重複するメタデータ(descriptions)のあるページ」と「ページ」(※そのメタデータが検出されたページ数のようです。)の項目があって、メタデータごとに一まとめになって表示されていると思います。
    各メタデータをクリックすると、リンクを貼った状態でページのURL(※登録したサイトURL以降の部分)が表示されますから、URLをクリックして現在のページにアクセスし、ブラウザでHTMLソースを表示して、「重複するメタデータ(descriptions)のあるページ」の項目に表示されていたメタデータがあるか確認してみてください。
    ※例えば、「建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。」で検出されていたら、「<meta name="description" content="建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種を~略~">」があるかどうかを確認します。
    現在のHTMLソースで該当するタグが見つからなかった場合は、Googleのインデックス(キャッシュ)に反映されるのを待つだけになります。
    次のキャッシュ(※チャーハンカテゴリーのアーカイブ「/archives/category/dish/tya-han」)の場合、まだ「2013年1月2日 16:08:16 GMT」に取得した内容になっていて、重複タグもある状態でしたので、すべてのページの最新の状態が反映されるのはしばらく掛かりそうです。
    http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:NP98qDtmURcJ:architectural-site.jp/archives/category/dish/tya-han+&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

    「Fetch as Google」機能を使ってもすぐに反映されるのではないようですが、「URL とすべてのリンク ページ」には「サイトを大幅に変更した場合に選択します。Google ではこの URL を基にサイト コンテンツのインデックスを作成しますが、サイト上のすべてのページがインデックスに登録されるとは限りません。」とありますので、サイトの構成変更やリニューアルを行ったのでない限り、あまり使わない方がいいように思います。
    今後は、また今までのように「URL」を選択して、1ページずつリクエストしてみてください。(※1週間に500件送信できるとの事なので、重複が検出されているすべてのページのリクエストが1ヶ月で完了します。
    同じページを複数回リクエストしないように、メモしながら作業してみてください。)


    ※「短いメタデータ」「タイトルタグの重複」についても同様の手順で確認するといいのですが、「重複するメタデータ」などそれぞれ別の理由で検出されたページも検出されていると思いますので、必ず既に送信済みでないかを確認してからリクエストを送信する必要がありそうです。
    ※現在のHTMLソースによる問題の有無は、「重複するメタデータ」および「短いメタデータ」はメタディスクリプションタグ「<meta name="description" content="~(略)~">」を確認しますが、「タイトルタグの重複」については、titleタグ「<title>~(略)~</title>」を確認します。
  • id:Ninaaaa
    コメント、ありがとうございます。

    ソースを調べていると、下記ソースが確認されました。

    <br />
    <b>Warning</b>: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/sites/heteml/users157/a/r/c/architectural/web/architectural-site.jp/wp-content/themes/platform/index.php:3) in <b>/home/sites/heteml/users157/a/r/c/architectural/web/architectural-site.jp/wp-content/plugins/404-plugin/404-plugin.php</b> on line <b>84</b><br />
    <br />
    <b>Warning</b>: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/sites/heteml/users157/a/r/c/architectural/web/architectural-site.jp/wp-content/themes/platform/index.php:3) in <b>/home/sites/heteml/users157/a/r/c/architectural/web/architectural-site.jp/wp-content/plugins/404-plugin/404-plugin.php</b> on line <b>85</b><br />
    <br />
    <b>Warning</b>: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/sites/heteml/users157/a/r/c/architectural/web/architectural-site.jp/wp-content/themes/platform/index.php:3) in <b>/home/sites/heteml/users157/a/r/c/architectural/web/architectural-site.jp/wp-content/plugins/404-plugin/404-plugin.php</b> on line <b>86</b><br />
    <br />
    <b>Warning</b>: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/sites/heteml/users157/a/r/c/architectural/web/architectural-site.jp/wp-content/themes/platform/index.php:3) in <b>/home/sites/heteml/users157/a/r/c/architectural/web/architectural-site.jp/wp-content/plugins/404-plugin/404-plugin.php</b> on line <b>89</b><br />
    <!DOCTYPE html>
    <html lang="ja">

    「建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオで。。。。」の項目なのですが、数カ所のURLにて、発見しました。

    重複するメタデーターとの関連性はないのでしょうか。
    その部分には、HTMLソースで該当するタグは見つかりません。

    以外、まだ反映されていない部分もあるようですので、「Fetch as Google」を、指示通りに使用してみます。

    更新しましたら、また、コメント致します。
  • id:rouge_2008
    『Cannot modify header information - headers already sent by ~』のエラーは「/wp-content/plugins/404-plugin」のプラグイン(「404 SEO Plugin」?)が原因のようです。
    404ページをカスタマイズするプラグインのようですが、一旦停止させて動作を確認してみてください。
    ※現在は配布されていない古いプラグインのようですし、どうしても必要というのではないのでしたら、アンインストールした方がいいかもしれません。


    > 重複するメタデーターとの関連性はないのでしょうか。

    「重複するメタデータ」の詳細を表示して、「建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオで。。。。」の項目に検出されていたURLから数箇所見つかったのではないのですか?
    各項目をクリックして表示される内容は、これらのURLのページが該当する項目の内容で重複しているということを示しているようです。
    どういう手順で探したら、数箇所のURLから見つかったのでしょう?
    キャッシュではなく、現在のページのHTMLソースで該当するタグ(※メタディスクリプション)に「建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に~」が指定されていない場合は、ページを改善済みですので、そのページはそれ以上の修正は必要ありません。
    「Fetch as Google」でページを取得して、リクエスト送信してみてください。


    作業と報告大変だと思いますが、またよろしくお願いします。
  • id:Ninaaaa
    コメント、ありがとうございます。

    「404 SEO Plugin」は、削除しました。
    導入した経緯は、記憶に無く、また、必要性は、よく理解できませんでした。

    撤去したことにより、ソースに於いて、<b>Warning</b>: Cannot modify。。。の警告は、なくなりました。
    実際の表示は、単に、404表示となりました。

    ただし、「Fetch as Google」取得では、「見つかりませんでした」と表示されます。

    ※「重複するメタデータ」の詳細を表示して、「建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオで。。。。」の項目に検出されていたURLから数箇所見つかったのではないのですか?

    まったく、そのとおりです。

    探した手順は、「建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオで。。。。」の項目が、一番多く重複していたので、そこから先に、「Fetch as Google」の取得を行っており、偶然にも一番最初にそのURLが表示されていたのです。

    /2007/03/16/
    /2009/05/24/の、ふたつです。
    他は今のところありません。

    引き続き、「Fetch as Google」でページを取得してゆきます。

    また、報告致します。

    追伸、
    じつはいまメタタグよりも、一番気になっていることがあります。
    失礼とは存じますが、お聞かせ願えないでしょうか。
    rouge_2008さんは、どうしてこのように親切なのですか?
    わたしには、たくさんの時間を費やして毎回コメントしていただいていることが、とても申し訳なく感じております。
  • id:Ninaaaa
    現在、重複するメタデータが、1030・短いメタデータが、309・タイトルタグの重複が、423(1月24日更新)となりました。

    だいぶん、減りました。ありがとうございます。


    ちょっと、気になったのですが、ウェブマスターツールの最適化-サイトマップにおいて、下記表示が出ています。

    1 /?feed=rss2--RSS---2013年1月23日---警告数: 4---ウェブ12--1

    2 /feed-RSS---2013年1月25日---警告数: 4

    警告文は、下記です。

    無効な XML: タグが多すぎます
    タグを記述するタグが多すぎます。 修正してから、再送信してください。
    4
    親タグ: channel
    タグ: feedFlare
    14
    2013年1月23日
    親タグ: channel
    タグ: feedFlare
    14
    2013年1月23日
    親タグ: channel
    タグ: feedFlare

    じつは、FeedBurnerを、かなり以前(5,6年前)より使用しており、今回の重複がはじまった昨年の10月頃、関連性があると考え、一時はずしておりました。

    数日前より、関係が全くないと判断し、再開しました。
    気づいたのは、昨日なのですが、問題があるのでしょうか。

    重複するメタデーターとの関連性も気になります。
  • id:rouge_2008
    引き続きのご報告ありがとうございます。
    かなり減ってきたようですね。効果があったと分かり安心しました。

    「/2007/03/06/」と「/2009/05/24/」は404ページ(※ページが見つからないエラーでステータスコードも「404」を返します。)となるので、インデックスされないはずですが、なぜかキャッシュも404の状態で保存されているので、Googleの動作不良なのか反映されるまでの一時的な状態なのか不明です。
    存在しないページ(※ステータスコード「404」)は、上記2つ以外にもインデックスされているようです。
    サイトドメインを指定して「"THIS PAGE DOES NOT EXIST"」で検索すると167件、「"工事中です"」で検索すると48件見つかりました。
    「404」を返すページはインデックスから自動的に削除されるはずですので、次回のクロールで削除されるかもしれません。(このままもう少し様子を見てください。もし削除されない時は、その時に何か対処方法を考えます。)

    「重複するメタデータ」の件ですが、上記2つのページのOGPタグのディスクリプション「<meta property="og:description" content="~" />」になら「建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオで。。。。」があるのですが、通常のメタディスクリプションは存在しないので、「HTML の改善」機能がメタディスクリプションだけでなくOGPタグも対象にしている可能性が出てきました。(※これは他のページでも同様ですので、この件もこのまま少し様子をみたいと思います。)


    「FeedBurner」はRSSフィード配信サービスですよね?
    「サイトマップ」機能とは関係がないはずですが、「サイトマップの追加」で「FeedBurner」のRSSフィードのURLを追加したのですか?
    サイトマップとして無効な為、エラーが出ているのだと思います。(※サイトマップに「channel」や「feedFlare」のようなタグはありません。)
    「サイトマップ(すべてのコンテンツの種類)」に追加済みのサイトマップが一覧表示されていると思いますが、問題のファイルの左側のチェックボックスにチェックを入れて、「削除」ボタンで削除してください。


    -- 追伸へのお返事

    「重複するメタタグ」等、「HTMLの改善」機能に興味があるからですので、気にしないでください。
    結果報告は私にも参考になっています。
  • id:Ninaaaa
    コメント、ありがとうございます。

    404ページは、様子を見てみます。

    ※FeedBurner
    「サイトマップ」機能とは関係がないはずですが、「サイトマップの追加」で「FeedBurner」のRSSフィードのURLを追加したのですか?

    まったくその通りで、どういうわけか、URLを追加していました。
    早速削除致しました。

    また、報告させていただきます。
  • id:Ninaaaa
    現在、重複するメタデータが、590・短いメタデータが、158・タイトルタグの重複が、295(1月28日更新)となりました。

    順調に減っているようです。

    昨年9月からずっと統計を取っているのですが、今回初めて、更新間隔が4日間となりました。
    いままでは、規則正しく3日間だったのですが。

    当然、アクセス数には、まだ、まったく反映されておりません。
    (最初に書きましたが、一日3000〜4000程度から、約半分に落ちました)

    今後も、SEOに留意しながら、気長に、記事を書き続けようと思います。
  • id:rouge_2008
    ご報告ありがとうございます。
    かなり減ってきたようで良かったです。

    アクセス数よりも順位の確認はしていますでしょうか?
    どのキーワードでのアクセスが多いのかと、そのキーワードでの順位を確認してみてください。
    ※「トラフィック」→「検索クエリ」で確認できるようです。
    http://usamimi1969.blog21.fc2.com/blog-entry-396.html

    ただし、ウェブマスターツールでは現在の状態しか確認できないと思います。
    もしグーグルアナリティクスを利用していれば、そちらの方で確認できるかもしれません。
    ※操作方法が分からなければ、ご自分で操作方法を調べてみてください。(私はアナリティクスを利用していないのでアドバイスできません。)
    キーワードの順位を取得するように変更する方法は、次の記事で紹介されています。
    http://www.suzukikenichi.com/blog/track-keyword-ranking-with-google-analytics-event-traking/
    ※設定以降のアクセスに反映されます。

    ※今までキーワードや順位を確認していなかった場合、「HTMLの改善」で検出されている事が要因で順位に大きな変動があり、アクセス数に影響があったのかが分かりませんし、「HTMLの改善」に対処した事で順位が元に戻ったのかどうかも分かりません。
    アクセス数の変化として考えられる一番の原因は順位だと思いますので、一応目安にはなるかもしれませんが・・・

    順位の変動には「HTMLの改善」以外の原因がある可能性もありますので、「HTMLの改善」への対処と合わせて、別の原因も探ってみてください。
    「健全性」→「クロールエラー」でエラーの発生確認や「健全性」→「インデックス ステータス」でインデックス登録の状態を確認してみるといいかもしれません。

    「クロール エラー」
    http://support.google.com/webmasters/bin/topic.py?hl=ja&topic=2446029&parent=2371374&ctx=topic

    「インデックス ステータス」
    http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=2642366


    ガイドラインに沿ったサイト(※違反がない事の他、「HTMLの改善」等にも問題がない状態)なのでしたら、「パンダアップデート」と呼ばれる変更の影響かもしれません。
    順位変動のアルゴリズムは公表されていませんし、「パンダアップデート」も詳細は不明ですが、ガイドラインに沿っているのでしたら、現在の順位はサイトの新しい評価基準による物だと思いますので、引き続きガイドラインに違反しないようにしながら際と作成を続けていくしかないと思います。

    「Content guidelines」
    http://support.google.com/webmasters/bin/topic.py?hl=ja&topic=2371375
    ※日本のサイトが影響を受ける可能性は低いようですが、前回のアップデートでまだ「HTMLの改善」で見つかった問題が改善されていない状態ではないかと思いますし、現時点でもまだ数が多いのかもしれません。
    「パンダアップデート」が原因ではないかもしれませんが、引き続き「HTMLの改善」で見つかっている問題に対処しながら、その他のエラーがないかも確認して、次回のアップデートを待ってみてください。


    ※インデックスの状態やキャッシュに変化がなく(以前取得した時と同じ)、現在のページにも変更を加えていないのに、1月31日の「HTMLの改善」で「重複するメタデータ」と「短いメタデータ」に変化がありました。
    (OGPタグも検出されている可能性を確認していたのですが、改善されたのかもしれません。確認用に追加したタグの反映がまだなので、引き続き様子を見ている所です。)
  • id:Ninaaaa
    毎回のコメント及び御教授ありがとうございます。

    現在、重複するメタデータが、244・短いメタデータが、75・タイトルタグの重複が、93(1月31日更新)となりました。
    かなり、減りました。
    アクセス数は変わりません。

    ※アクセス数よりも順位の確認はしていますでしょうか?
    ---ウェブマスターツールおよびグーグルアナリティクス双方とも、使用して確認をしております。
    昨年の、秋以降ずっと、順位がおちこんでいます。

    ※「健全性」→「クロールエラー」でエラーの発生確認や「健全性」→「インデックス ステータス」でインデックス登録の状態を確認してみるといいかもしれません。
    ---クロールエラーは、毎日確認しており、現在もURLエラーの「みつかりませんでした」が表示され、修正を続けています。
    インデックスステータスは、未選択が、今年1月13日に急激に減りました。
    また、ロボットのブロック済みが、時を同じく、0から3502となっています。
    クロール済みは、緩やかにアップしています。

    また、コメント致します。
  • id:Ninaaaa
    現在、重複するメタデータが、106・短いメタデータが、42・タイトルタグの重複が、36(2月4日更新)となりました。
    かなり、減りました。

    アクセス数は変わりません。

    今後も、様子を見てゆきます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません