株を買う場合、株価(株の単価)の高い株と安い株では、どちらがどのように有利(不利)なのでしょうか?またその理由もよろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/01/22 17:34:16
  • 終了:2013/01/29 17:35:03

回答(11件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982013/01/22 18:38:24

ポイント10pt

高いか安いかだけでは 判断できません。

高い株は それ以上に値が上がらないと 損することになります。

安い株は さらに安くなる恐れがありますから。

買うのは 値上がりしそうな株です。

確実に値上がりするとわかるならば 安いほうがいいでしょう。
ま、どちらにせよ 値上がりする金額によって 儲けが決まりますからね。

id:cno No.2

cno回答回数124ベストアンサー獲得回数122013/01/22 20:44:40

ポイント9pt

(銘柄の価値は無視したとして)同じ1000円分の株式でも

・1株が1円で単元が1000株(以後Aとします)
・1株が1000円で単元が1株(以後Bとします)

の両者では株価の変動による営業度合いが異なります。

例えば株価が1円上がった場合、

Aの価値は2円*1000株=2000円
Bの価値は1001円*1=1001円

となります。

ですので、1株の価格が低いほど、ハイリスク・ハイリターン
になると言えるかと思います。

id:oil999 No.3

oil999回答回数1728ベストアンサー獲得回数3202013/01/22 21:21:46

ポイント9pt

株価(株の単価)の高い株(高位株)と安い株(低位株)とでは、低位株の方が株価の変動が激しいことが知られています。
http://www.drnoxu.com/article/122432966.html

したがって一般論としては、低位株ほどリスクも大きいがリターンも大きいということになります。

id:jackal3 No.4

jackal3回答回数79ベストアンサー獲得回数82013/01/23 14:50:57

ポイント9pt

おそらく当然の(当たり前の)答えを期待した質問ではないと思うので、独断と偏見でポイントで答えます。

高い株は、今がその会社のピークではないかという不利。
「ピーク」とは、株価のピークではなく、業績のピークです。
増資や株式分割があるという有利。

安い株は、倒産するのではないかという不利。
意外に簡単に倒産します。
倒産する又は吸収合併するおそれがなかったら、今が底ではないかとの有利。
「底」とは、業績ではなくて、株価です。

id:kuroyuli No.5

ももんがらす回答回数250ベストアンサー獲得回数552013/01/23 15:13:51

ポイント9pt

株の単価を考えるとき、1株あたりの単価だけではなく、売買単位(単元株式数)も同時に考える必要があります。

例えば、ヤフー(株)は1株あたり31,250円で売買単位が1株なので、31,250円で買えます。
一方、トヨタ自動車(株)は1株あたり4,165円とヤフーより安いですが、売買単位が100株なので、416,500円ないと買えません。(ミニ株を使えば1/10の値段で買えるという裏技もありますが...)

1単位買うための金額が低ければ参加する個人投資家(浮動株主)も多く、値動きも大きくなる場合があります。
逆に、1単位買うための金額が高すぎると、資金力の足りない個人が参加しにくくなります。同時に、企業等の大株主が安定的に株を持っていて、値動きが小さくなる場合があります。また参加者が少ないということは、適正な評価を受けにくいということも考えられます。これを嫌って、個人投資家の参加を促すために、単元株式数の変更や株式分割をする会社もあります。

もちろん個別の銘柄によって事情は千差万別ですから、1株あたりの単価や売買単位だけで 値動きの大きさが規定されるわけではありません。あくまで単なる傾向です。

id:haruyo_koi No.6

haruyo_koi回答回数125ベストアンサー獲得回数32013/01/25 01:40:18

ポイント9pt

1円を1000株と
1000円を1株で1円上がった場合という仮定がありますが
そもそも、1000円の株は1000円スタートだったら1円の値動きではありませんよね。

この二つを比較すること自体がおかしな計算です。
リスク計算では考えることは不可能。

安い株と高い株、どちらがいいのかという話しですが、
安い株は、誰でも買いやすい。
注意:値段は、株価×単元で判断するものとします。つまり、1回に購入できる最低金額の話です。

誰でも買えるが、大体の場合において投機の対象となり、値動きが激しい。また、投機対象であるがゆえに、企業の業績などが反映されていないことがある。

高い株は、安全のようにも思えるが、下がったときに下がる余地がありすぎてリスクが大きくなる。上場廃止まえのJALのように。

自分の投資力で判断するしかないですね。経験をつめば、長期でいいのか、短期のほうがいいのか見えてきます。

id:SweetSmile1978 No.7

SweetSmile1978回答回数191ベストアンサー獲得回数292013/01/26 19:24:20

ポイント9pt

大昔は会社設立時に一株あたり50円の額面で発行されていました。
いまでは、一株あたり5万円や50万円は普通です。
その後は会社が利益を出していれば一株あたりの会社の資産も増えるので、
上場されている会社については株価もそれを踏まえてあがることがおおいですし、
一株を複数株に分ける株式分割や、
複数株を一株にする株式併合なども行われますので
株価もそれに合わせて変動します。
一株50万円の株式が10株に分割されれば一株5万円ですね。

これらを考えると「高いから有利」「安いから不利」ということはありません。
もちろん、成長性があって将来性が有望であれば株価は上がり続けますし、
成長性も将来性もなければ人気がないために株価は下がる傾向にあります。

ただ、それは会社の中身が株価に反映されているだけで、
株価だけを見て有利・不利はありません。

むかし、上場初値が100万円を超えていた会社の株が
いつのまにか、1万円を割っていたなんて笑えない話も
当たり前のようにあります。

きちんと会社の中身を見て投資をするか、
日経平均連動型投信をおすすめします。

id:ruirui01231 No.8

ruirui01231回答回数641ベストアンサー獲得回数172013/01/28 17:29:16

ポイント9pt

株の単価の高い株は、買い付ける資金がある程度必要なので、不利。
株の単価の安い株は、買い付ける資金がそれほど必要ないので、有利。

id:speed-0 No.9

speed-0回答回数312ベストアンサー獲得回数222013/01/28 17:32:46

ポイント9pt

低位株は急騰しやすく買いやすい
http://diamond.jp/articles/-/4955?page=2

id:speed-0 No.10

speed-0回答回数312ベストアンサー獲得回数222013/01/28 17:33:55

ポイント9pt

間違えました、すみません。
回答が消せない。

id:mahosuto No.11

otusoham回答回数789ベストアンサー獲得回数282013/01/29 16:29:07

ポイント9pt

安い株•高い株にとくに特にメリットデメリットはないらしいです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2562567.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません