filemakerについて教えてください。

給与計算システムを作るのに参考になるサイト等を教えてください<(_ _)>

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/01/24 01:20:26
  • 終了:2013/01/31 01:25:03

回答(5件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982013/01/24 11:03:25

ポイント20pt

http://e-kyu.com/kyu2013/index.html

こういうほかのソフトは どうなっているのか調べ
同様の機能を盛り込めばいいでしょう。

id:kaji0245

なるほど、こういう方法もありますね。参考になります。
ありがとうございます<(_ _)>

2013/01/24 11:28:34
id:kseikaku No.2

kseikaku回答回数48ベストアンサー獲得回数162013/01/24 14:44:43

ポイント20pt

 正直ファイルメーカーで給与ソフトというのは、聞いたことないです。
 
 そういう新しい領域でのビジネスを発掘する目的ではなく、もし自社の給与計算について利用しようという意図であれば、悪いことは言わないので、出来合いのソフトウェアを利用した方が良いです。

 給与計算がらみは、税法上/社会保険制度等頻繁に制度が変わりその度にアップデートをする必要があるため、トータルで見れば、市販ソフトウェアを購入して利用したほうが、良いと思います。(政権変わってまた税金とかの制度もいじりそうな雰囲気ですし)

id:kaji0245

ぴったりくる給与ソフトがなく思案中です。
段階的な歩合制や売上げに対する%変動など、毎月の給与計算にかかる時間を短縮したいと考えております。

2013/01/24 15:32:01
id:kseikaku

段階的歩合制も売上に対する%変動は、別に珍しくない支給体系だと思うので、通常の給与ソフトで対応可能だと思います。前者は2次元の計算式テーブルの設定で、後者は売上額を勤怠項目と同様に給与計算の根拠として取り込めば良いはずです。

しつこいですが、給与計算という汎用的な業務は、パッケージソフトウェアを使うのがトータルでは絶対お得です。パッケージを購入し、サポート契約をしておけば、法改正の時には、かならずその会社からアップデート等の情報が来ますし、いちいちプログラム修正を自分で行う必要がありません。

今、ファイルメーカーで作ったとしても、メンテナンスの手間を考えれば、給与計算を自作するのは絶対にさけるべきだと思います。(ましてや、給与計算にかかる時間短縮を目指すなら尚更です。メンテナンスをかけなきゃならないときは、その結果が正しくなるかどうかを本計算以外に検証しなければならず、給与計算そのもののスケジュールを圧迫します)

2013/01/26 06:07:04
id:pretaroe No.3

pretaroe回答回数531ベストアンサー獲得回数752013/01/24 22:36:18

ポイント20pt


業務系は・・・

業務SE系の本や、それらしい本を参考にする。

Excel2002でつくる給与計算と勤怠管理システム (実用アプリ開発シリーズ)
トップマネジメントサービス
489814375X


たとえばこういうもの。

EXCELとかAccessとかが意外と多いですが、
構造はそのまま参考にできるので、それを利用する


filemaker

給与システムもつくれますが、filemakerで同実装したらよいかの
ズバリの解説とかが知りたいのでしょうか?

filemaker自体、一般のユーザーは使用しないので情報がネットにはないと思います。

id:kaji0245

>ズバリの解説とかが知りたいのでしょうか?
その通りです<(_ _)>

2013/01/24 22:52:31
id:nikodesu No.4

ニコ回答回数1025ベストアンサー獲得回数392013/01/30 20:48:15

ポイント20pt

filemaker使うと楽しいですよ。
ここは参考になりますね。
http://isebs.jp/index.html

面倒でしたらお手伝いしますから声かけてくださいね。

id:kaji0245

助かります、ありがとうございます<(_ _)>

2013/01/30 22:12:07
id:mahosuto No.5

otusoham回答回数789ベストアンサー獲得回数282013/01/30 21:59:22

id:kaji0245

実際のファイルはどこにあるのでしょうか?

2013/01/30 22:11:41

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません