民間の銀行の普通預金および定期預金における預金金利、また貸付金利は、何をもとに決定されるのでしょうか?(短期金利、それとも長期金利)

以上、よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/01/27 21:10:14
  • 終了:2013/02/03 21:15:03

回答(5件)

id:oil999 No.1

oil999回答回数1728ベストアンサー獲得回数3202013/01/27 21:46:17

ポイント20pt

銀行預金の金利は、各銀行が自由に決めていいことになっています。かつては規制によりどの銀行も同じでしたが、規制緩和により自由化されました。

日本の政策金利は無担保コール翌日物の金利となっています。
無担保コール翌日物の金利は、銀行が短期のお金を調達するときの金利ですから、自由化はされたとは言うものの、普通預金や1年未満の定期預金の金利に影響を与えています。

同様に、短期の貸付金利も政策金利の影響を受けます。
ただ、貸付金利の場合は、貸付先の担保や業績によるリスクが勘案されるため、単純に政策金利だけで決定される性質のものではありません。貸付期間が長くなれば、基準割引率および基準貸付利率(かつての公定歩合)の影響も受けます。

id:pretaroe No.2

pretaroe回答回数531ベストアンサー獲得回数752013/01/28 02:43:25

ポイント20pt

■短期金利
・日本銀行の政策金利(無担保コールレート)
http://www3.boj.or.jp/market/jp/menuold_m.htm

■長期金利
10年国債金利
http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/interest_rate/jgbcm.htm

大体、この2つを目安に決めているところがほとんど。

id:pigmon88 No.3

pigmon88回答回数501ベストアンサー獲得回数252013/01/28 14:42:48

ポイント20pt

民間銀行は自分の金だけを貸しているわけではなく、日本銀行や金融市場から借りた金も貸しています。従来日本の政府は、日本銀行が民間銀行に金を貸す場合の公定歩合を操作することで、政策金利としてきましたが、現在は民間銀行同士の短期金融市場に介入することで操作しています。操作方法を長期から短期に変えたわけですね。
ただし、具体的に銀行が顧客に貸付けをする場合(たとえば住宅ローン)には、その顧客の資産状況などを総合的に見て決めるので、誰にでも同じ利率というわけではありません。

id:mahosuto No.4

otusoham回答回数789ベストアンサー獲得回数282013/02/03 18:38:32

ポイント20pt

http://www.zenginkyo.or.jp/service/finance/know_how/
単利か複利か
複利なら、1年複利か半年複利か1ヵ月複利か
年利か月利か
固定金利か変動金利か
運用期間は
これらをもとに算出された利息を1年当たりに直して、元本で割った数値のことを「利回り」といいます。
複利の場合は、得られた利息を元本に加えて運用するため、同じ金利の場合には単利よりも利回りは高くなります。

id:akbhonoka No.5

akbhonoka回答回数18ベストアンサー獲得回数02013/02/03 19:09:09DSから投稿

ポイント20pt

運用期間は
1年当たり

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません