インドの家庭で女性が家の前の地面に具象的な神像の色絵を描くことがありますか。

コーラム、ランゴリなどの砂絵のことはwebで検索できたのですが、こうした幾何学的対称図形ではなくて、いかにもヒンズーの神様のような絵を、インドの家庭で女性が家の前の地面に描くことがあるのか、それはどんな場合か、目的はなんなのか、なんという絵か儀式なのかを知りたいのです。
かなり以前に、インド(どこだったか記憶がない)のどこかで、12月~1月頃に、女性が地面に描いていたような気がしているのです。描いた絵は、すぐ?に壊してしまうと聞いたような記憶もあるのです。 色々の記憶がゴチャゴチャと混乱してだけなのかもしれません。
もし、地面に色の砂で描いている状態の画像があるようでしたら、画像か、画像の載っているURLを合わせておしえてください。
http://ganga-jal.com/hindu-god.html

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/02/02 11:30:33
  • 終了:2013/02/09 11:35:03

ベストアンサー

id:mahosuto No.4

otusoham回答回数789ベストアンサー獲得回数282013/02/09 01:54:11

ポイント50pt

http://ameblo.jp/ayurvedicyogamassage/entry-10319143127.html

こちらが参考になると思います。

id:hathi

ご回答をいただきながら、気がつかずにいて済みませんでした。
シータ・デヴィさんの作品とは、イメージが違います。
紙や布に描くようになったり、個人の絵画のようになってしまったために、私のみた砂で地面に描く伝統的な神の姿?の絵がないのかもしれません。
http://ameblo.jp/birdie-353671226/entry-11391324116.html?frm_src=thumb_module
今webで見えるのとは違う種類のミティラー画、マドゥバニだったのかもしれません。
皆さん、ありがとうございました。

2013/03/09 21:08:31
id:hathi

ご回答をいただきながら、気がつかずにいて済みませんでした。
シータ・デヴィさんの作品とは、イメージが違います。
紙や布に描くようになったり、個人の絵画のようになってしまったために、私のみた砂で地面に描く伝統的な神の姿?の絵がないのかもしれません。
http://ameblo.jp/birdie-353671226/entry-11391324116.html?frm_src=thumb_module
今webで見えるのとは違う種類のミティラー画、マドゥバニだったのかもしれません。
皆さん、ありがとうございました。

2013/03/09 21:08:58

その他の回答(3件)

id:oil999 No.1

oil999回答回数1728ベストアンサー獲得回数3202013/02/02 12:11:33

ポイント50pt

ミティラー画といって、インド東北部のミティラー地方で、3千年にわたり、母から娘へと伝承されてきた絵画があります。家庭祭祀のたびに宇宙創造や自然神、ヒンドゥーの神々が、素朴な家の壁を飾るかのように描かれています。描き手は女性に限定されます。

【参考】ミティラー美術館

http://www.mithila-museum.com/

id:hathi

ありがとうございます。
絵の種類が、ワルリー画やミティラー画とは違います。壁ではなくて、地面ですし、カラフルな砂絵です。はっきりした記憶でないのですが、家の戸口の前で、何かの行事の一部としてやっている感じで、何日もおいておく雰囲気ではなかったような感じだったと思います。大きさは1平方メートルはなかったと思います。

2013/02/02 18:20:22
id:HARUME No.2

timmy回答回数340ベストアンサー獲得回数152013/02/02 12:41:02

ポイント50pt

インドといっても広いので一概に言えないです。
既に他の方が答えているようにミティラー画というのをかく地域はあり、そういうのは女性も描きます。
ただ、URLを挙げているようなヒンドゥーの神様のポスター宗教画をかくのはまた別の人達です。専門の人達(主に男性)がイラストレーターとかソフトを使ってかき、工場のようなところで印刷しています。http://kaken.nii.ac.jp/d/p/05J02094
つまり、質問者さんがしてらっしゃるような、女性が家の周りにかき、かつヒンドゥーの神様というのにあたるところはないように思います。どういう所からその情報を得たのか、確実な情報がないとお答えするのは難しいです。

id:hathi

ムンバイ、デイリー、カルカッタなどの横ののライン辺りです。どこかは記憶していません。南インドや北インドでみたのではないです。旅行したところでみた記憶があるのです。ただ、30年以上前のハズです。インドをうろうろしていたときで、通常のビジネスや観光の場所ではなかったのだろうと思っています。
色々の祭りもみていますが、祭りのときにみたのか、関係がない時期にみたのか、12月なのか、1月なのか、時期もはっきりしません。祭りで飾って流してしまう神像や売っている絵ではありません。結婚式のあった家とも関係がなかったように今は思っています。寺院や辻の尊像の前や名所旧跡のようなところでもなく、普通の家だったように思っています。
すっかり忘れていたのに、突然思いだしたので質問させていただいているのですが、記憶が混乱している可能性もあります。

2013/02/02 18:32:54
id:fiwa No.3

fiwa回答回数417ベストアンサー獲得回数2492013/02/02 18:28:10

ポイント50pt

ケララ州には具象的な神像の色絵を描く伝統があるようです。
ただ、ほとんどの場合は家の前よりは家の中や寺院内に描かれるもので、描き手も女性ではなくて、儀式的な絵を描く画家のコミュニティがあるということです。
こういった絵は"Kalam"とか"Kalam-Eluttu Pattu"と呼ばれているようです。
Kalam | Chantal Jumel

寺院で大がかりな絵が描かれている様子の動画がYouTubeにいろいろありますが、儀式の最後には消されてしまうようです。
D

id:hathi

Kalamの情報を教えていただきありがとうございました。興味深い内容でした。
ただ、私の記憶のものとは大分違います。画像でみると、私の記憶のものよりもサイズが2まわりくらい大きい大きいです。色々の画像があるのでしょうが、いかにも女神だったような記憶です。こうした神がかりの儀式というよりも、もっとおとなしい雰囲気でした。書き手は素人のご婦人かな(娘さんではなかった?)という感じでしたし、大きな寺院の中ではなかったように思っています。
インターネットで探しても容易には見つからないというのは、やはり、記憶が混乱しているのかもしれません。

2013/02/04 21:21:03
id:mahosuto No.4

otusoham回答回数789ベストアンサー獲得回数282013/02/09 01:54:11ここでベストアンサー

ポイント50pt

http://ameblo.jp/ayurvedicyogamassage/entry-10319143127.html

こちらが参考になると思います。

id:hathi

ご回答をいただきながら、気がつかずにいて済みませんでした。
シータ・デヴィさんの作品とは、イメージが違います。
紙や布に描くようになったり、個人の絵画のようになってしまったために、私のみた砂で地面に描く伝統的な神の姿?の絵がないのかもしれません。
http://ameblo.jp/birdie-353671226/entry-11391324116.html?frm_src=thumb_module
今webで見えるのとは違う種類のミティラー画、マドゥバニだったのかもしれません。
皆さん、ありがとうございました。

2013/03/09 21:08:31
id:hathi

ご回答をいただきながら、気がつかずにいて済みませんでした。
シータ・デヴィさんの作品とは、イメージが違います。
紙や布に描くようになったり、個人の絵画のようになってしまったために、私のみた砂で地面に描く伝統的な神の姿?の絵がないのかもしれません。
http://ameblo.jp/birdie-353671226/entry-11391324116.html?frm_src=thumb_module
今webで見えるのとは違う種類のミティラー画、マドゥバニだったのかもしれません。
皆さん、ありがとうございました。

2013/03/09 21:08:58
  • id:libros
    質問の条件とずいぶん違いますが『ヒンズーの神様のような絵を』『地面に色の砂で描いている状態の画像』を見かけたので、一応お知らせします。

    インド駐在ブログ マカイバリ紅茶日記
    http://makaibari.tea-nifty.com/blog/2011/08/index.html
    >>
    クリシュナ神を描いたランゴリ(色のついた粉で描いた砂絵のようなもの)。
    <<
    というキャプションがついた写真があります。
    8月のJanmashtami(ヒンドゥー教クリシュナ神の誕生を祝う日)の記事です。
  • id:libros
    もうひとつ。
    インド/デリー特派員ブログ - 地球の歩き方
    http://tokuhain.arukikata.co.jp/delhi/2010/11/post_143.html
    >>
    こちらは、象神ガネーシャを図案としたランゴリ。
    <<
    というキャプションがついた写真があります。
    11月のディワリ(インドの新年)の記事なので、ちょっぴり季節が近づきました(笑
  • id:hathi
    ありがとうございます。少しイメージが似ているところもあるように思います。
    > インド駐在ブログ マカイバリ紅茶日記 http://makaibari.tea-nifty.com/blog/2011/08/index.html
    >> クリシュナ神を描いたランゴリ(色のついた粉で描いた砂絵のようなもの)。 <<
     
    抽象図形のランゴリではイメージが違いすぎるのですが、「迷い込んだ住宅街で、素敵な風景、その家の方が、門前に描く、クリシュナ神の砂絵」というのは、かなりイメージに近いです。 
    この質問は時間切れで終わりになってしまうようです。
    『似たものがあった』ということで満足したいと思います。
    librosさんありがとうございました。
  • id:libros
    > 少しイメージが似ているところもあるように思います。
    まったくの見当違いでなかったのでしたら、良かったです。

    インド/ムンバイ特派員ブログ - 地球の歩き方
    http://tokuhain.arukikata.co.jp/munbai/2012/12/post_46.html
    >>
    模様は花や動物、神様や幾何学模様など多種多様。
    <<
    という写真もありますので、hathiさんがご覧になったのは、もしかするとランゴリの一種かもしれません。
    今回は時間切れで残念ですが、いつか記憶の中の絵と合うものが見つかるといいですね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません