昨今「植物工場」が注目されています。人工設備での農産物栽培システムですが、政府からの助成金が投下されていることもあり、ベンチャーから大手まで、様々な企業が参入しています。さて、この植物工場で使用されている液肥(肥料)ですが、大塚化学(大塚アグリテクノ)が大きなシェアを持っており、寡占化といっていい状態と聞きました。あくまで人から聞いた話なのですが、この件に関して、事実と裏づけできるようなデータや情報はありませんでしょうか。また、それが事実ならどうしてそのような状態に至ったのか?大塚の液肥が他社と比較して特に優れている、とか、マーケティングがうまくて売るのが上手だった、とか理由も教えて頂ければ助かります。よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/02/12 16:18:01
  • 終了:2013/02/19 16:20:03

回答(2件)

id:maya70828 No.1

楽1978回答回数1364ベストアンサー獲得回数1392013/02/13 00:21:56

ポイント100pt

状況証拠として
まず、ニュースの記事に「水耕栽培肥料のトップメーカー」とあり、「売上高が概算で2011年12月期の90億円から今12月期は100億円に増加する見通し」とある。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/121106/bsl1211060503000-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/121106/bsl1211060503000-n2.htm
次に施設園芸・植物工場展の展示内容に「水耕栽培用の肥料のシェアナンバーワン」と書いてある。
そして、下記サイトの10ページ目で株数が多いことから大きなシェアを持っていることが分かる。
http://bit.ly/1593XF7
その理由としては、下記サイトでこの会社の社員が第9回「産学官連携功労者表彰 文部科学大臣賞」を受賞していることから推測できます。
http://www.riken.go.jp/r-world/topics/110929/index.html

というのでいかがでしょう?

他2件のコメントを見る
id:aceK

ご返答をどうもありがとうございます!
上記了解しました。
もし本件に関し更に調べて頂けるのなら、大塚の優位性 ~ 液肥の品質?使える品種の多さ?販売力? などについて知りたく、お答え頂ければ幸甚です。。

2013/02/14 11:40:57
id:maya70828

すいません。なかなかいい情報がなかったので書き込みませんでした・・・

2013/02/19 20:30:11
id:boost_beast No.2

boost_beast回答回数785ベストアンサー獲得回数312013/02/19 15:45:26

ポイント100pt

講演要旨集 - 日本農業気象学会 関東支部

http://agmkanto.ac.affrc.go.jp/meeting/pdf/proceedings/proceedings_9_2012.pdf

こちらはどうでしょうか。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません