うつ病患者が習慣的に飲酒することは、治療上の問題はないのでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2013/02/17 14:59:54
  • 終了:2013/02/18 21:06:50

ベストアンサー

id:hathi No.10

hathi回答回数209ベストアンサー獲得回数462013/02/18 13:36:45

ポイント30pt

この質問をされた方は、結構詳しく考えることが好きなようだとお見受けします。
http://q.hatena.ne.jp/1361148854#a1190571
その前提で考えると、通常の診療方針の第一選択を述べても意味はないでしょう。
厚労省の一般向けの健康情報サイトでは、通常の推奨とそれ以外の配慮もしています。
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-006.html
それは、次のような記述です。
 
> 5) アルコール問題とうつ状態が合併した場合の対処
二次性うつ病の場合、すなわちアルコール依存症にうつ状態が合併した場合は、まず断酒から始めることは当然です。また、一次性うつ病の場合でも一定期間(最低数ヶ月程度)断酒してみると良いでしょう。うつ症状をアルコールが修飾している可能性も考えられ、うつ状態の改善も期待できます。また、抗うつ薬や抗不安薬といった薬物療法を行なう上でも飲酒は避けることが必要です。
 
> 4) うつ病の経過に及ぼすアルコールの影響
うつ病の人の飲酒がうつ病の経過に影響するかしないかという点については意見が分かれています。飲酒の問題によってうつ病の改善率が低下するという意見と飲酒とうつ病の再発には関連がないという意見があって見解が分かれています。
一方、うつ病では自殺の危険性を常に念頭に置かなければなりませんが、アルコール依存症の合併や飲酒問題はうつ病の自殺の危険性を高めるとされています。
 
疾病は一律に全員を述べることはできません。また習慣と思考傾向、精神状態の遷移は、原則論で判じることができるほど簡単ではありません。 緊急事態、非常に切迫した状態でない場合、行動の種類、生活習慣をどのようにコントロールさせていくかは、とても大事です。 精神科の主治医がどれだけしっかりしているヒトかにもよります。 何でも原則論でやれば問題ないという生き方の主治医ならば、飲酒習慣はうつ病治療の妨げになり、薬剤効果を不安定にするという理由でその飲酒習慣から脱却し、飲酒を一切しないことを強く勧めるでしょう。(通常、少しでも飲酒すると止まらなくなるのが飲酒習慣であり、強度のうつならそれは確実ですから) ただ、どのような場合にも個別事情があり、「うつ病患者」といっても、DSM-ⅣTRやICD-10でどの区分になるとしても、その状況は様々です。 うつの治療中に、以前からの飲酒習慣が続いているとして、どの程度のことなのか、飲酒がどう影響しているかも観ないと、飲酒習慣という言葉だけを頼りに 第一方針だからといって単純に断酒を推奨できるとは限りません。

id:oil999

ご回答ありがとうございます。
うつ病の人はアルコール依存症を合併するのですね。

2013/02/18 20:59:11

その他の回答(13件)

id:ume_boshi No.1

うめぼし回答回数34ベストアンサー獲得回数112013/02/17 15:24:54

ポイント10pt

うつ病の方が薬物治療中であれば、医師から飲酒を控える様に
指導されると思います。
また、薬物治療中でなくても、感情障害の患者さんはアルコールによって
気分変動が大きい傾向があるので、控えた方がよいと思われます。

id:oil999

ご回答ありがとうございます。
控えた方がいいですよね。

2013/02/18 19:55:36
id:odahaluto0902 No.2

odahaluto0902回答回数36ベストアンサー獲得回数12013/02/17 15:45:29

ポイント5pt

控えたほうがよろしいかと思います

id:oil999

ご回答ありがとうございます。
控えた方がいいですよね。

2013/02/18 19:56:02
id:ryo01523k No.3

¢huukaze¢回答回数263ベストアンサー獲得回数212013/02/17 15:46:09

ポイント7pt

うつ病というのは心の病気なので、アルコールの摂取を行うことで、
個人によりますが 心の変化が大きくなってしまいます。
そして、質問文にあるように習慣的の場合だと、
治療の意味が無くなると思います。
なので飲酒はやめた方がいいと思います

id:oil999

ご回答ありがとうございます。
飲酒は止めた方がいいですよね。

2013/02/18 19:56:31
id:ryo01523k No.4

¢huukaze¢回答回数263ベストアンサー獲得回数212013/02/17 15:47:50

絶対条件として、医師から許可がない限りは飲酒はダメだと思います

id:pokesyo No.5

pokesyo回答回数18ベストアンサー獲得回数02013/02/17 15:53:59

ポイント10pt

お酒は控えた方がいいと思います。
お医者さんの指示に素直に従うべきですよ。
看護婦の親もいつも言ってますしね。
上から目線すいません。

id:maya70828 No.6

楽1978回答回数1364ベストアンサー獲得回数1392013/02/17 16:29:43

ポイント7pt

うつ病の飲む薬によってお酒が制限される物があります。
例えばロナセンとか。
その方が病院に通っていて薬を飲んでいるのなら、あなたがお酒を飲んでいいかチェックしてあげましょう。

id:oil999

ご回答ありがとうございます。
その人がどんな薬を飲んでいるのか、私には分かりません。

2013/02/18 19:57:52
id:adgt No.7

adgt回答回数944ベストアンサー獲得回数662013/02/17 18:20:22

ポイント10pt

睡眠薬や抗不安薬を服用している場合に
アルコールと薬を一緒に飲んでしまうと非常に危険です。

id:oil999

ご回答ありがとうございます。
アルコールと一緒に飲むと危険な薬があるんですね。

2013/02/18 19:58:30
id:gm91 No.8

GM91回答回数1025ベストアンサー獲得回数912013/02/18 01:14:14

ポイント12pt

鉄則:医師に確認すべし。

ほんで、参考として素人の私の意見を言います。
うつ病だろうがなかろうが、習慣的に酒を飲むのはだめ人間のはじまり。
うれしいとき、めでたいとき、節度を守って楽しく飲む。
なんとなく、とか現実逃避でのむのはダメダメ。

id:oil999

ご回答ありがとうございます。
現実逃避はいけませんね。

2013/02/18 19:59:29
id:tibitora No.9

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022013/02/18 10:09:40

ポイント15pt

うつ病の人に限らずお酒を飲みたい人は適量をほどほどに飲む方が体に優しいと思います。
http://www.syutom.net/kokoro-yamai/insyuwa-hikaeru.html
治療中の飲酒は控えめにしょう

こちらも見つけましたのでお伝えしますね。
http://www.cocokarada.jp/column/qa/0804/03.shtml
うつ病とアルコール依存症
Q&A
うつの治療中も仕事帰りのお酒がやめられない

うつ病とアルコール依存症との関係は深く、危険
そのほか、アルコールと薬物との相互作用についても注意しなければなりません。代表的な治療薬であるSSRI(セロトニン再とり込み阻害薬)についても、服薬中は飲酒しないことが望ましい(ほかの抗うつ薬で作用の増強が報告されている)という併用注意がなされています。


また双極性障害(躁うつ病)とアルコール依存症は合併しやすいらしいのだそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/soukyokutaro/5607219.html
躁うつ病とアルコール依存症を併発するということ・・・


http://www.bur.osaka-kyoiku.ac.jp/gakusei/healthcarecenter/dayori29.pdf
3ページ目
アルコール依存症とうつ病
うつ病の人はうつ病でない人に比較して、アルコール依存症の合併率が高いこ
とが分かっています。それにはアルコール依存がうつ病に先行する場合、うつ病
がアルコール依存に先行する場合、さらには単なる合併の場合があります。

id:oil999

ご回答ありがとうございます。
うつ病の人はアルコール依存症を合併するのですね。

2013/02/18 20:58:03
id:hathi No.10

hathi回答回数209ベストアンサー獲得回数462013/02/18 13:36:45ここでベストアンサー

ポイント30pt

この質問をされた方は、結構詳しく考えることが好きなようだとお見受けします。
http://q.hatena.ne.jp/1361148854#a1190571
その前提で考えると、通常の診療方針の第一選択を述べても意味はないでしょう。
厚労省の一般向けの健康情報サイトでは、通常の推奨とそれ以外の配慮もしています。
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-006.html
それは、次のような記述です。
 
> 5) アルコール問題とうつ状態が合併した場合の対処
二次性うつ病の場合、すなわちアルコール依存症にうつ状態が合併した場合は、まず断酒から始めることは当然です。また、一次性うつ病の場合でも一定期間(最低数ヶ月程度)断酒してみると良いでしょう。うつ症状をアルコールが修飾している可能性も考えられ、うつ状態の改善も期待できます。また、抗うつ薬や抗不安薬といった薬物療法を行なう上でも飲酒は避けることが必要です。
 
> 4) うつ病の経過に及ぼすアルコールの影響
うつ病の人の飲酒がうつ病の経過に影響するかしないかという点については意見が分かれています。飲酒の問題によってうつ病の改善率が低下するという意見と飲酒とうつ病の再発には関連がないという意見があって見解が分かれています。
一方、うつ病では自殺の危険性を常に念頭に置かなければなりませんが、アルコール依存症の合併や飲酒問題はうつ病の自殺の危険性を高めるとされています。
 
疾病は一律に全員を述べることはできません。また習慣と思考傾向、精神状態の遷移は、原則論で判じることができるほど簡単ではありません。 緊急事態、非常に切迫した状態でない場合、行動の種類、生活習慣をどのようにコントロールさせていくかは、とても大事です。 精神科の主治医がどれだけしっかりしているヒトかにもよります。 何でも原則論でやれば問題ないという生き方の主治医ならば、飲酒習慣はうつ病治療の妨げになり、薬剤効果を不安定にするという理由でその飲酒習慣から脱却し、飲酒を一切しないことを強く勧めるでしょう。(通常、少しでも飲酒すると止まらなくなるのが飲酒習慣であり、強度のうつならそれは確実ですから) ただ、どのような場合にも個別事情があり、「うつ病患者」といっても、DSM-ⅣTRやICD-10でどの区分になるとしても、その状況は様々です。 うつの治療中に、以前からの飲酒習慣が続いているとして、どの程度のことなのか、飲酒がどう影響しているかも観ないと、飲酒習慣という言葉だけを頼りに 第一方針だからといって単純に断酒を推奨できるとは限りません。

id:oil999

ご回答ありがとうございます。
うつ病の人はアルコール依存症を合併するのですね。

2013/02/18 20:59:11
id:gogopo No.11

いんこLOVEちひろ回答回数27ベストアンサー獲得回数02013/02/18 16:31:03

ポイント5pt

控えたほうがよろしいと思います
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-006.html

id:oil999

ご回答ありがとうございます。

2013/02/18 21:00:12
id:sinrabanshyo No.12

sinrabanshyo回答回数139ベストアンサー獲得回数172013/02/18 16:58:54

ポイント1pt

薬と併用するのはダメだとおもいますが、薬を飲まないのであれば、飲んでもいいんじゃないでしょうか。
いくらうつの方でも、禁酒するまでは制約うけないのではないでしょうか。


禁酒とはおっしゃってないかな。。。

id:oil999

ご回答ありがとうございます。
薬を飲まないでうつ病は治るものなのでしょうか。

2013/02/18 21:01:00
id:sinrabanshyo

治ると思いますよ。
時間はかかりますが、漢方という手もありますから。
ただ、ちょっと高いですよ。。

頑張って下さい。

2013/02/19 12:06:07
id:yk1997kobba No.13

こっば回答回数2400ベストアンサー獲得回数2122013/02/18 19:59:17

ポイント10pt

普通に問題あります。

[うつ病]治療中の飲酒は破滅のもと。絶対にダメ!
http://d.hatena.ne.jp/omadog/20120221/1329847085

うつ病の治療のため、2月17日(金)から抗うつ薬(レクサプロ)を服用し始めました。
毎日欠かさず飲んでいますが、見事に副作用に苦しめられています。
治療のため、お酒も確固たる意思でやめました。高知で飲んで以来、一滴も口にはしていません。

なぜアルコール摂取を止めるべきか

医師との会話や書籍を読んでの私見ですが、次のような理由からうつ病の治療中の飲酒は絶対に避けるべきです。

  • アルコールは抗うつ薬との相性が悪い。薬の効果を増幅させ、体に負担がかかる。
  • お酒は熟睡を妨げ、早朝に目が覚める事も多くなり病気の回復を妨げる。

先日、前の会社の同期で私と同じくうつ病で休職中の友人と食事したのですが、
彼がお酒を普通に飲んでいたので後日、何か悪影響がないか確認してみたのです。
(ちなみに私は酔いが覚めた後の気分の落ち込みが辛いので何となく飲酒は辞めていました。)
うつ病で辛いときにお酒に頼って不安を紛らわすという人は結構いるのかもしれません。
しかしアルコールは抗うつ薬と同じく脳に作用するため頭痛や吐き気などの副作用を
増幅させる事が多く、体への負担が増すことになります。
さらに睡眠の質を低下させ、治療の妨げになります。
確かに酔えば眠たくなって寝付けがよくなるのは事実ですが、
アルコールは深い眠りを妨げ、午前4~5時頃に目が覚める早朝覚醒もおこりやすくなります。
うつ病の患者は神経伝達物質の働きが低下しており、ただでさえ睡眠の質が
下がっている状態ですから飲酒で更に眠りを浅くするのは望ましくないです。
医師によると不安をごまかすために飲酒量・頻度が増えると治療が遅れ、
結果的にはアルコール依存症になってしまうケースもあるそうです。
アルコール依存症は治癒率が10~20%と低く最終的には肝硬変で死ぬこともある非常に恐ろしい病気です。
私はこれを知って、人生を破滅させた自分の絵が浮かんできてゾッとしました。
何となく控えていたお酒を、復帰までは一切飲まない決意をしました。自宅にあったお酒も全て捨てました。


百薬の長は逆効果? 心の病気と飲酒
http://allabout.co.jp/gm/gc/300217/
http://allabout.co.jp/gm/gc/300217/2/

id:oil999

ご回答ありがとうございます。
やはりアルコールは止めた方が良いですね。

2013/02/18 21:01:37
id:oil999

多くのご回答をありがとうございました。
続く疑問を質問に出しました。
http://q.hatena.ne.jp/1361184845

こちらへのご回答もいただければ幸いです。

  • id:miharaseihyou
    深刻なアルコール依存症まで進行して、飲酒運転で事故を起こした例もあるって聞いたことがあるけど・・。
  • id:taknt
    控えればいいという回答があるが
    控えるとは
    「度を越さないように、分量・度数などを少なめにおさえる。節制する。」

    つまり 量が少なめならば 習慣的に飲酒してもよいことになる。
  • id:ume_boshi
    辞書的な意味合いは別として、受診時に医師から「控える様に」と言われたら
    「出来る限りしない様に」と受け取るべきでしょう。
    「絶対ダメですよ」と言えば、言葉のあたりがきつくなるので
    やんわりと表現しているだけで、医療側が優しいだけということでしょう。

    例えば、「胃カメラの前日、20時以降は食事や水分摂取は控えてください。」
    と表現する事がありますが、実際には「禁飲食」です。
    突き詰めていえば、「死んでも絶対するなとは言えません。」というところでしょう。

    どちらの表現をとって注意しても、飲む人は飲んでしまうし
    飲まない人は飲みません。
    拡大解釈をしてしまう性格に問題があるのでしょう。
    「量が少なめならば」という表現でも、人によって解釈が異なります。

    アルコール依存症の人に、酒は絶対ダメだと言っても、なんの効果もないでしょうし
    本人の自覚便りなのが現状です。
    アンタビュースなどの断酒薬も、本人が服用しなければ無意味ですから。

    ただ、言葉一つで治ったり、どうかなる様な簡単な疾患ではないのは事実です。
  • id:hakkohtai
    医者の臨床的な判断に任せるべきでしょう。
    医者、患者、検査結果によって変わる物に対して、
    なぜ質問を立てているかというと、はてな内というか、ハイク、人力等での私怨です。
    彼の質問一覧を見れば、分かることです。
    できれば、こういった質問者が出す者に参加しないで欲しい。
    といっても、仕様がない事だとも思いますが。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません