ウェブサイトの評価指数について質問です。自社サイトのアクセス数(ユニークユーザー数)や、平均滞在時間、平均ページ閲覧数ばかりを気にして、一喜一憂しているクライアントがいます。ECサイトではないので、企業の情報発信の役割としては、自社サイトばかりではなく、自社で運営するSNSやニュースサイトなどでの掲載も大事かと思います。また、テレビ・新聞・雑誌・ラジオなどの「露出件数」「広告換算」に以上にこだわる体質を変更してもらい、もっと幅広い視点でネット上のPR施策を考えてもらうために、役立つようなコラムやニュースや調査結果があれば教えてください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/03/12 16:01:07
  • 終了:2013/03/19 16:05:04

回答(12件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982013/03/12 16:06:33

ポイント84pt

http://markezine.jp/article/detail/15189

こちらは いかがでしょうか?

id:oil999 No.2

oil999回答回数1728ベストアンサー獲得回数3202013/03/12 20:08:28

ポイント84pt

グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 (幻冬舎新書)

グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 (幻冬舎新書)



iモードの産みの親であり、現在はドワンゴ取締役としてネットビジネスの最前線で活躍しておられる夏野剛さんによる著作です。

本書では、ECサイトですら、サイトへのアクセス数ではなく次のようなことが重要だと指摘しています。

「ウェプだから何か新しいことをやろう」という発想ではなく、「自分のビジネスをウェプを使ってどう強めるか」の方が重要なのだ。

ここまで説明してきたように、ウェプは正しく使いさえすれば、これまでアクセスできなかった顧客へリーチできる強力な武器になる。
とりわけ「飛ぴ道具」としての性格が強い。地方からでも東京、あるいは日本全国、さらには世界を相手に商売ができる。


ご一読になって、良かったらクライアントさんにお勧めしてください。
なお、こういう情報もまたネットにはないわけで、昔ながらの書籍から仕入れることをお勧めします。

id:nikodesu No.3

ニコ回答回数1025ベストアンサー獲得回数392013/03/14 15:29:28

ポイント84pt

これを示してやるのもいいとおもいます。
http://www.tribeck.jp/usability/ranking/2011/overview/measures.html

id:boost_beast No.4

boost_beast回答回数785ベストアンサー獲得回数312013/03/14 15:43:19

ポイント84pt

http://www.insightnow.jp/article/6791

こちらはどうでしょうか。

id:Bougainvillea No.5

しじまも回答回数25ベストアンサー獲得回数12013/03/18 03:50:49

ポイント83pt

直接の回答にはならないかもしれませんが、
つるさんはどのような指標が良いと考えているのでしょうか?
サービスや商品などによって、指標は変わるものだと思うので、まずはそこの分析を。
それがあれば、回答のレベルがより上がります。

id:chikayohide999

ECサイトではないので、自社サイトにアクセスなどなくても(そもそも自社サイトがなくても)それに変わるサイト(たとえばFBページなど)で十分だと思っています。自社がサーバーを管理しないサイトであっても、必要かつ十分な情報が不特定の人に正しくオンタイムで提供され、客観的な企業への意見や批判、あるいはコラムが掲載され、また、それらに対する自社の回答などがタイムラグなく掲載されれば、そもそも何のために自社サイト(自社サーバー)にコンテンツを蓄積し、管理しないといけないのか?と思っております。

2013/03/19 12:07:39
id:Bougainvillea

質問だけでポイントをいただいたので少しだけ。

なんとなくわかりました。
そういう事を行う場合、ポイントは2つあります。

1.「必要かつ十分な情報が不特定の人に正しくオンタイムで提供され」たかをなんらかの形で確認し、次の施策へフィードバックするか

2.「客観的な企業への意見や批判、あるいはコラムが掲載され、また、それらに対する自社の回答などがタイムラグなく掲載」する場として適した環境はどこか。重要な情報がサービス元によって削除された場合どうするか。

以上の事を予算と天秤にかけ、より良い伝達とフィードバックの道を探っていくのがよいと思います。
情報を得るよりもまずは、現状の運営に対する考え方を理解し、
自分でプランを練り、それの実証としての情報収集をしましょう。
現状ではプランの練り方が甘いと感じます。
ポイントが配布されたあとなのでこの辺で。

2013/03/20 03:07:46
id:ruirui01231 No.6

ruirui01231回答回数641ベストアンサー獲得回数172013/03/18 20:14:56

ポイント83pt

Web、メール、SNS――ANAのネット戦略に学ぶ
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1208/03/news096.html

id:zzman No.8

燕雀安知鴻鵠之志回答回数285ベストアンサー獲得回数362013/03/19 08:44:19

ポイント83pt

こちらのサイトはご参考になると存じます。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/02/17/5016

すでに企業にとって、ネットをうまく活用しないと成功から離れてしまう状況になっています。なぜなら消費者の世界はすでに変わってしまっているのだから。そして、企業がネットを活用するには「マーケ」や「広報」の枠組みにこだわっていては、正しい動きができないし、実際に行うアクションもブログ、SNS、検索エンジン、オンラインメディアルーム、リリース配信など、さまざまな方法があり、常に新しい技術が生まれるので、それぞれをうまく使い、さらに現場の人が試行錯誤しながら進むしかないのです。


先程のサイトでご紹介されておる書籍がこちらでございます。あわせてお読みになると宜しいかと存じます。

マーケティングとPRの実践ネット戦略

マーケティングとPRの実践ネット戦略

id:TAK_TAK No.9

tak回答回数988ベストアンサー獲得回数822013/03/19 10:46:37

ポイント83pt

まずはこういうことが基本です
ネットPRの最新動向



成果に繋げるネット広告効果測定データの上手な活用法
このように、アクセス数のような単純な数字ではない効果測定が必要でしょう

id:boost_beast No.10

boost_beast回答回数785ベストアンサー獲得回数312013/03/19 11:33:16

ポイント83pt

こちらを参考に

http://pr-seo.jp/entry4.php

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません