DTPに詳しい方に質問です。

B5判、100ページぐらいの冊子(月刊)を作っています。 

1.カラー写真の編集には、やはり Photoshop などが必要なのでしょうか?
現在は写真はモノクロのみで、無料のGIMPを使って、グレースケールにし、TIFF形式で保存し、貼り付けています。

2.表紙は、表表紙と裏表紙の間に背表紙が入りますよね。
もちろん背表紙の横幅 (本の厚さ) は、ページ数の多い少ないによって変わってきます。
表紙の編集は、InDesign ではできないのでしょうか?
(Illustrator が必要だということをネットで見たことがあります。)

今までは全部印刷屋に頼んでいたので、前任者がいないので聞く人がいません。
社内にも、そのような知識を持った人もいません。

ちなみに、PCはWindows 7 です。

よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/03/19 13:41:03
  • 終了:2013/03/26 13:45:04

回答(2件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4644ベストアンサー獲得回数8512013/03/19 14:13:21

・イラレ(Illustraterの略語)はロゴ作成に必要といわれているが、フォトショップでもなんならオフィスのワードでも、普通の活字を使うダサイデザインならできないことはない。
・背表紙コミで、表1,表4をつなげた大きなファイルをつくる。トンボをうつか、背幅がわかるように添え書き。
・モノクロだと印刷代は安いが、キレイに打ち出すには600dpiという大きなファイルが必要になる。(パソコンで見えているのは72dpi。パソコン画面ではキレイでも印刷するとぼやけてインパクトがなくなる)
・印刷所により入稿ファイルの形式に指定があり、それにあわせたソフトが必要。psd形式、pdf形式がつかえるところは多い。psd形式を書き出せるのがフォトショップ、イラレ。(変換料をはらえばオフィスの.docなどでも入稿できる印刷所もある)インデザインは大体どこでも受け入れてくれるがそれ自体はフォトショップのような念入りな画像編集ができない
・100ページということで、デジタル入稿にも手間がかかる。デジタルのみの入稿のほうが安い印刷所が多い。
 
まずは安い印刷所をみつけて、そこにあわせてソフトを買いそろえては。
ただ、お話を聞いているかぎり全般的に混乱されているようなので1ヶ月でどうこうできるとはとても思えません(フォトショップ、インデザイン、イラストレータのどれか1つだけでも、普通は研修に1ヶ月以上かかります)し、滑り出し部分だけでも外部の編集スタジオに外注に出して毎月の仕事を楽にされたらいいのではないかとおもいます。以前の印刷所から以前の入稿データをもらえたら参考になりますが。

id:alpinix No.2

あるぴにっくす回答回数615ベストアンサー獲得回数972013/03/20 12:22:27

1.カラー写真の編集には、やはり Photoshop などが必要なのでしょうか?
現在は写真はモノクロのみで、無料のGIMPを使って、グレースケールにし、TIFF形式で保存し、貼り付けています。

どんな編集するのか、アウトプットに何使うのかにもよりますがカラーだからフォトショップということはないです。(最近のものは出来がいいから別に画像処理だけなら無料のソフトでも十分通用するとは思う。トーンカーブいじったり、ヒストグラム調整したりしないんだろうし)
カラープリンタで出力するだけなら適当にやってみていろいろ試してみるのがいいと思う。

2.表紙は、表表紙と裏表紙の間に背表紙が入りますよね。
もちろん背表紙の横幅 (本の厚さ) は、ページ数の多い少ないによって変わってきます。
表紙の編集は、InDesign ではできないのでしょうか?
(Illustrator が必要だということをネットで見たことがあります。)

できます。
B5版ということは版形は257×182、左綴じ本を作るなら、真ん中に背表紙分の幅(一般的な紙厚の本文なら100P=50枚=5mm)と、天地左右に3mmドブを入れるとして、
縦263mm横375mmの長方形の中にレイアウトすればいい。
 
ただ、5mmの背幅に背文字を入れる場合、作る部数にもよるが嫌がられる可能性はあると思う。背の厚さが想定できない場合、表表紙の小口側を起点にくるんでもらうとして、裏表紙の小口側には文字を入れずに絶ち落とし画像を数ミリの余裕をって入れる、というテクニックがある。
 
と、わざと難しく書いたのだけど、ここまでの内容が多少なりとも想像できるなら自分で勉強してみてもいいと思うけど、さっぱりの宇宙語状態であれば、なぽさんと同じく最初は外部にお願いしながら少しづつ覚えていった方がいいと思う。
 

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません