Icチップが搭載されたパスポートにはMRZ(Machine Readable Zone)と呼ばれるエリアがあるようですが、これは日本のパスポートにもあって、世界共通の仕様なのでしょうか?またここには何が書かれているのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/03/24 20:14:34
  • 終了:2013/03/31 20:15:04

回答(2件)

id:windofjuly No.1

うぃんど回答回数2625ベストアンサー獲得回数11492013/03/24 20:29:48

外務省のFAQより
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/qa.html

(1)Machine Readable

日本国内で発行されたパスポートはすべて「機械読み取り式」です


(2)記載内容はパスワードに記載されている事項と同等

現在我が国が開発している「IC旅券」とは、旅券にIC(集積回路)チップを搭載し、国籍、氏名、生年月日等の旅券面の身分事項の他、所持人の顔画像をICチップに記録した旅券です。バイオメトリクス旅券、e-Passportとも呼ばれています。


(3)ICAO準拠

ICAO(国際民間航空機関)

他2件のコメントを見る
id:mamoru_t

いろいろ不快感を与えてしまって申し訳ありません。もうすこしマナーを守るように気をつけます。すみません。

2013/03/26 12:21:11
id:windofjuly

こちらこそ。いろいろ関係ないこと言って、すみませんでした。

またよろしくです。

2013/03/26 16:24:24
id:Yoshiya No.2

Yoshiya回答回数1047ベストアンサー獲得回数2802013/03/24 20:40:49

旅券法が改正されました(2005.09 外務省)

1. はじめに

 外務省では、旅券の偽変造対策の強化、旅券犯罪への厳格な対処等を目的に旅券法改正案を第162回国会に提出していましたが、衆議院本会議での可決を経て平成17年6月3日に参議院本会議で全会一致で可決、成立し、6月10日に公布されました。

 主な改正点は、

 1) IC旅券(注)の導入

(注)名義人の写真や名前等を旅券に組み込んだICチップに電磁的方法により記録する旅券を言います。

 2) 旅券犯罪に対する罰則の強化

 3) 紛失又は焼失した旅券の失効制度の導入及び旅券の再発給制度の廃止

です。以下、旅券法改正の背景と改正の概要について説明します。

2. 旅券法改正の背景

 (略)

3. 旅券法改正の概要

(1)IC旅券の導入

(イ)IC旅券の概要

 わが国が現在開発を進め、平成18年3月の導入を目指している「IC旅券」は、これまで同様冊子型で、姓名、国籍、性別、生年月日、旅券番号等を記載した身分事項ページに印刷される内容は従来の旅券と変わりません。しかし、冊子の中央部にプラスチックカードを挟み、その中に非接触型ICチップを格納する予定です。また偽変造対策の強化や各ページのデザイン変更を予定しております。

(ロ)ICチップに記録される情報と改正法第7条

 ICチップに記録される情報は、平成16年5月に国際民間航空機関(ICAO)が公表したIC旅券に関する技術仕様の中で必須とされている項目です。旅券の名義人に関する情報としては、身分事項ページに印刷されたデジタル顔画像、身分事項ページ下部の88文字の機械読取領域(Machine Readable Zone ;MRZ)に記載された情報(姓名、国籍、性別、生年月日、旅券番号、有効期間満了日等)がICチップに記録されます。
 なお、ICAOは、生体情報として顔画像を必須とし、各国が任意に指紋や虹彩を利用することを認めている一方で、セキュリティの観点からICチップに記載された情報の書き換え、追記を行わないことを決定しています。改正法第7条では、「名義人の写真」等、ICチップに記録される情報を「旅券に電磁的方法により記録することができる」と規定し、IC旅券発行の根拠規定を新たに設けています。

(以下略)


参考法令

旅券法

(旅券の記載事項)
第六条  旅券には、次に掲げる事項を記載するものとする。
 一  旅券の種類、番号、発行年月日及び有効期間満了の日
 二  旅券の名義人の氏名及び生年月日
 三  渡航先
 四  前三号に掲げるもののほか、外務省令で定める事項
2  前項第三号の渡航先を地域名をもつて包括記載する場合の地域の範囲は、外務大臣が官報で告示するところによる。

(旅券の電磁的方法による記録)
第七条  外務大臣又は領事官は、旅券の名義人の写真及び前条第一項に掲げる事項の一部であつて外務省令で定めるものを、旅券に電磁的方法により記録することができる。


旅券法施行規則

(旅券の電磁的方法による記録)
第六条  法第七条 に規定する法第六条第一項 に掲げる事項の一部は、次に掲げる事項とする。
 一  旅券の番号及び有効期間満了の日
 二  旅券の名義人の氏名、生年月日、性別及び国籍のコード
 三  旅券の発行国のコード

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません