コンピューターのルーター設定に関する質問です。

セキュリティを出来るだけ上げた状態にしたいと思っていますが、初心者であり、よくわかりません。
ポートを閉じたりするというようなことはわかるのですが、初心者にわかりやすいサイト、または書籍があれば紹介ください。
家族の者が以前、p2p?で個人情報を流出させた経験があり、出来る限りそういったことがないようにしたいです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/05/09 21:22:47
  • 終了:2013/05/16 21:25:03

ベストアンサー

id:holoholobird No.3

holoholobird回答回数574ベストアンサー獲得回数1042013/05/10 00:22:24

ポイント72pt

P2Pでの情報流出を防ぐためのセキュリティを構築したい、ということですね。

大きく分けて、「セキュリティソフトの導入」と「ルーターの設定」の2つがあります。
両方とも、やり方が分かれば、特に難しい動作を行わなくても簡単に設定できるものです。

簡単に設定できて、かつ効果が高いものから説明します。

1:まずはセキュリティソフトを入れる。

一口にセキュリティソフトと言っても様々なものがあります。
ソフトによってコンピューターウイルスの検出率が変わったり、パソコンの動作が重くなったりします。
http://memorva.jp/internet/security/antivirus_ranking_2013.php

avastというセキュリティソフトがあります。
http://www.avast.co.jp/index
企業とかが導入すると有料のソフトですが、家庭で使用する場合は、同じ機能を無料で使えます。

このソフトは、他のセキュリティソフトと違って、

・P2Pの動作を監視して、ウイルスが入った時に動作する機能
・メールのチェックをする機能
・コンピューターにインストールされたソフトウェアが、最新のものかどうかをチェックする機能

などが簡単に設定できます。

avastは、たくさんあるウイルスソフトの中でも比較的高い検出率を誇ります。

また、先ほども申しあげたとおり、セキュリティに関する設定が簡単に設定できることと、毎年数千円かかるウイルスソフトと同じ水準の機能を無料で使えるというのが大きいです。

ウイルスソフトはパソコンの台数購入しなければならないことが一般的なので、パソコンの台数によっては毎年数万円の出費になるでしょう。

そう考えると中途半端なウイルスソフトを導入するよりも、avastを導入するのは選択として有効だと思います。

なお、パソコンの台数が少なく、もしくは金銭的に余裕があるのでしたら、kasperskyというロシアのアンチウイルスソフトも有効です。

こちらはウイルスの検出率が圧倒的に高い(他のウイルスソフトの追随を許さないほど)ので、ウイルスチェックという面でしたら世界トップクラスでしょう。

ただ、avastと比べると、いろいろな設定がやりにくいです。



2:ルーターの設定

パソコンの使用台数が多い場合、一つ一つにウイルスソフトを入れるのは手間もかかり、更新も面倒になるので現実的ではありません。

また、パソコンの使用者によってはウイルスソフトをアンインストールしたりして、P2Pを使用するかもしれません。

こういった行動を防ぐには、ルーターでP2Pを規制するのが有効です。


大抵のルーターには不特定多数の接続を防ぐため、一定のセキュリティがついています。

P2Pを使用するには、「ルーターのポート解放」という動作が必要になります。

ポート解放というのは、ルーターのセキュリティに穴をあけるようなものだと思ってください。


現在、あなたの環境でP2Pが使える場合はまずルーターのポートが解放されています。

そこでルーターの説明書を読んで、「ルーターの設定を初期化」してください。

初期化するとポートが閉じます。

初期化の方法は、ルーターの機種によって変わるため、説明書を読んでもわからない、もしくは説明書を紛失した場合は、機種の型番を教えていただければこちらで方法を調べます。

そのあと、「管理者としてルーターにパスワードを設定」してください。

パスワードを設定すると、パスワードを知っているものしかルーターの設定が変更できなくなります。

パスワードの設定方法も、説明書にやり方が書いているはずです。

分からない場合は型番を教えていただければこちらで調べます。


ルーターを初期化して、パスワードを設定したら、そのルーターではP2Pは使用できません。

セキュリティソフトを入れれば、万が一ウイルスが入っても即座に隔離してくれるでしょう。

(無論、定期的にソフトは更新する必要があります。)

ネットに接続するパソコンの場合は、この2つの手続きを行えば、よほどのことがない限りはウイルスにはかかりません。


なお、セキュリティの書籍はお勧めできません。

パソコンのセキュリティとは信じられないほど範囲が広く、また発行年月が数か月前になると、そのセキュリティの本は的外れで役に立たないこともあります。

初心者用のセキュリティ設定の本が、自分の知りたいことを特集していた、などということがあっても、内容の書き方自体がある程度パソコンに精通していることを前提に書かれていることも珍しくはありません。

なぜならP2P自体がある程度パソコンに精通していないと設定できないものなので、「初心者」のレベルによっては、場合によっては本の内容を理解することすら苦労します。


設定で分からないことがあれば聞いてください。

問題なく設定できることを祈っています。

その他の回答(6件)

id:dawakaki No.1

だわかき回答回数797ベストアンサー獲得回数1222013/05/09 21:39:16

ポイント72pt

ルーターの製品によって設定の仕方が異なります。
メーカー名と製品名をお知らせ下さい。

一般的なセキュリティ設定は以下の通りです。
http://www.internet-ex-plorer.com/settei/router.html

ただ、個人情報を流出させないようにするのはルーターの設定だけでは不十分で、以下のようなセキュリティ対策ソフトを入れて下さい。

NORTON INTERNET SECURITY

NORTON INTERNET SECURITY

id:taknt No.2

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982013/05/09 22:18:51

ポイント72pt

いくらポートとか閉じても 怪しいソフトとかダウンロードして実行してしまうと ポートが開いてしまう場合があります。

そうならないためには アンチウイルスとか導入して 怪しいサイトには いかないことです。

ウイルスセキュリティZERO Windows 8対応版

ウイルスセキュリティZERO Windows 8対応版

マカフィー アンチウイルス プラス 2013 1台用

マカフィー アンチウイルス プラス 2013 1台用

id:holoholobird No.3

holoholobird回答回数574ベストアンサー獲得回数1042013/05/10 00:22:24ここでベストアンサー

ポイント72pt

P2Pでの情報流出を防ぐためのセキュリティを構築したい、ということですね。

大きく分けて、「セキュリティソフトの導入」と「ルーターの設定」の2つがあります。
両方とも、やり方が分かれば、特に難しい動作を行わなくても簡単に設定できるものです。

簡単に設定できて、かつ効果が高いものから説明します。

1:まずはセキュリティソフトを入れる。

一口にセキュリティソフトと言っても様々なものがあります。
ソフトによってコンピューターウイルスの検出率が変わったり、パソコンの動作が重くなったりします。
http://memorva.jp/internet/security/antivirus_ranking_2013.php

avastというセキュリティソフトがあります。
http://www.avast.co.jp/index
企業とかが導入すると有料のソフトですが、家庭で使用する場合は、同じ機能を無料で使えます。

このソフトは、他のセキュリティソフトと違って、

・P2Pの動作を監視して、ウイルスが入った時に動作する機能
・メールのチェックをする機能
・コンピューターにインストールされたソフトウェアが、最新のものかどうかをチェックする機能

などが簡単に設定できます。

avastは、たくさんあるウイルスソフトの中でも比較的高い検出率を誇ります。

また、先ほども申しあげたとおり、セキュリティに関する設定が簡単に設定できることと、毎年数千円かかるウイルスソフトと同じ水準の機能を無料で使えるというのが大きいです。

ウイルスソフトはパソコンの台数購入しなければならないことが一般的なので、パソコンの台数によっては毎年数万円の出費になるでしょう。

そう考えると中途半端なウイルスソフトを導入するよりも、avastを導入するのは選択として有効だと思います。

なお、パソコンの台数が少なく、もしくは金銭的に余裕があるのでしたら、kasperskyというロシアのアンチウイルスソフトも有効です。

こちらはウイルスの検出率が圧倒的に高い(他のウイルスソフトの追随を許さないほど)ので、ウイルスチェックという面でしたら世界トップクラスでしょう。

ただ、avastと比べると、いろいろな設定がやりにくいです。



2:ルーターの設定

パソコンの使用台数が多い場合、一つ一つにウイルスソフトを入れるのは手間もかかり、更新も面倒になるので現実的ではありません。

また、パソコンの使用者によってはウイルスソフトをアンインストールしたりして、P2Pを使用するかもしれません。

こういった行動を防ぐには、ルーターでP2Pを規制するのが有効です。


大抵のルーターには不特定多数の接続を防ぐため、一定のセキュリティがついています。

P2Pを使用するには、「ルーターのポート解放」という動作が必要になります。

ポート解放というのは、ルーターのセキュリティに穴をあけるようなものだと思ってください。


現在、あなたの環境でP2Pが使える場合はまずルーターのポートが解放されています。

そこでルーターの説明書を読んで、「ルーターの設定を初期化」してください。

初期化するとポートが閉じます。

初期化の方法は、ルーターの機種によって変わるため、説明書を読んでもわからない、もしくは説明書を紛失した場合は、機種の型番を教えていただければこちらで方法を調べます。

そのあと、「管理者としてルーターにパスワードを設定」してください。

パスワードを設定すると、パスワードを知っているものしかルーターの設定が変更できなくなります。

パスワードの設定方法も、説明書にやり方が書いているはずです。

分からない場合は型番を教えていただければこちらで調べます。


ルーターを初期化して、パスワードを設定したら、そのルーターではP2Pは使用できません。

セキュリティソフトを入れれば、万が一ウイルスが入っても即座に隔離してくれるでしょう。

(無論、定期的にソフトは更新する必要があります。)

ネットに接続するパソコンの場合は、この2つの手続きを行えば、よほどのことがない限りはウイルスにはかかりません。


なお、セキュリティの書籍はお勧めできません。

パソコンのセキュリティとは信じられないほど範囲が広く、また発行年月が数か月前になると、そのセキュリティの本は的外れで役に立たないこともあります。

初心者用のセキュリティ設定の本が、自分の知りたいことを特集していた、などということがあっても、内容の書き方自体がある程度パソコンに精通していることを前提に書かれていることも珍しくはありません。

なぜならP2P自体がある程度パソコンに精通していないと設定できないものなので、「初心者」のレベルによっては、場合によっては本の内容を理解することすら苦労します。


設定で分からないことがあれば聞いてください。

問題なく設定できることを祈っています。

id:Yacky No.4

エネゴリ回答回数1374ベストアンサー獲得回数1542013/05/10 06:49:24

ポイント71pt

特に難しい知識がなくても実行できる対策はこちら
http://is702.jp/special/1232/partner/70_m/
http://is702.jp/special/1233/partner/70_m/
少し難しい用語で説明しているのがこちら
http://www.atmarkit.co.jp/fpc/netdevice/013netdevice/bb_router_sec01.html
あと、既出の回答で強い検知ができるウイルスソフトを紹介していますが、検知が強すぎて、インターネットのCoookieまでウイルスとして検出するソフトがあります。
これには「サードパーティのcookie ブロック ブラウザ名」で検索するとだいたいの対策方法がヒットします。

id:boost_beast No.6

boost_beast回答回数785ベストアンサー獲得回数312013/05/15 09:39:39

ポイント71pt

http://www.pc-master.jp/words/router.html

こちらがわかりやすいですよ。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません