アート作品として、実際の人物と同じサイズのフィギュアを制作予定です。

しかしどのような材料が適切なのか、調べてみてもいまいち検討がつきません。
個人製作ですので、あまり大規模なことはできません。

今現在考えているのが、発泡スチロールをパーツごとに削り出し、周りを紙粘土等で補強し、その上から着色をおこない組み立てる、といったものです。

これ以外にも個人の規模で且つ、予算を抑えた材料と制作方法を教えていただきたいです。重さもある程度抑えて頂ければと思います。

これまで立体造形にはあまり手をつけたことがなかったため、材料についての知識はほとんどありません。詳しく解説して頂ければ幸いです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/05/15 22:11:06
  • 終了:2013/05/22 22:15:06
id:uma666

完成予定作品をもう少し詳しく説明しておきます。まず毛髪等は再現せず、形だけ再現できれば問題ありません。マネキンに近い感じになります。上から絵具を塗り、さらにニスを縫って色落ちを防ぐ予定です。

ベストアンサー

id:NAPORIN No.2

なぽりん回答回数4692ベストアンサー獲得回数8602013/05/16 01:16:56

彫塑系の知識には詳しくないのですが、発泡スチロールは良さそうですね。
1.まず発泡スチロールブロックと、電熱線カッターを買ってきて、真ん中(というかブロックとブロックをあわせる面に溝をきっておく)にアルミ棒などを通し、アルコール系接着剤でブロック同士をくっつけます。
アルミ棒は、たとえば100円ショップでフロアモップの柄として売っています。モップ部分の首を針金などでしっかり固定して、台座に使うのもいいかもしれません。重みのあるもの(雑誌など)を台座にしてしっかり固定して、倒れないようにしてください。
2.電熱線カッターでまわりからけずっていき、紙ヤスリで曲線をだして形をつくります(マスクしてください)。また、アルコール以外のベンジンなどの溶剤を刷毛でぬることにより、なめらかな面や細かい凹みをつくることができますし、失敗した部分は電熱線カッターで平らに切り落として追加のブロックをアルコール系接着剤で貼ることも出来ます。(ただし刷毛はあとでその溶剤で洗わないとかぴかぴになります)
3.プライマー(下塗り剤)を塗るか、紙ヤスリをかけて、絵の具の定着がよくなるようにします。(絵の具の種類によっては不要かもしれません。絵の具側の説明をよく読んでください)
4.水性のアクリル系絵の具で塗ります。かわくと水にとけなくなります。溶剤系はスチロールに影響がありますので使えません。
5.ニスはアクリル系では必要ありません。アクリル系でない場合は、プライマーで木工用ボンド、ニスはあきらめたほうがいいです。通常のニスは溶剤があるためスチロールを溶かします。紙粘土ごしでも溶剤によって内部のスチロールが溶け縮んでしまうとおもうので、質問者さんの案そのままでは実行不可能かもと思います。まあ、ニスの溶剤とスチロールの相性次第ですがアルコール系ニスはないとおもいます。
 
と、こんな手順になるかとおもいます。
ハッポウスチロールが溶ける液体 - その他(ライフ) - 教えて!goo

専用接着剤 / 発泡スチロール・ビニールの接着|セメダイン

http://www.cosp.jp/chie_question.aspx?id=8430
そういえばコスプレ雑誌の小物づくりにこういうことが詳しくかいてありましたよ。

その他の回答(1件)

id:miharaseihyou No.1

miharaseihyou回答回数4499ベストアンサー獲得回数5572013/05/15 23:11:06

http://item.rakuten.co.jp/auc-himitsukichi/l-3dp-200/

「低予算で」という部分に合致するかどうか微妙ですが、約10万円の3Dプリンターがあります。
と言ってもあまり大きな部品は製作できませんし、細かい細工は無理のようですが、正確な加工という点では使えると思います。
ご参考までに。

id:miharaseihyou

スチロールはホームセンターでスチロール製のブロックとか、東急ハンズでスチロールの球などあります。
蓋付きの箱は普通に売られていても加工用のブロックはなかなか少ない。
建設用資材でスタイロフォームの板がありますが、厚さが限られるので貼り合わせる必要があるでしょう。

http://www.dowkakoh.co.jp/product/

2013/05/16 19:50:12
id:NAPORIN No.2

なぽりん回答回数4692ベストアンサー獲得回数8602013/05/16 01:16:56ここでベストアンサー

彫塑系の知識には詳しくないのですが、発泡スチロールは良さそうですね。
1.まず発泡スチロールブロックと、電熱線カッターを買ってきて、真ん中(というかブロックとブロックをあわせる面に溝をきっておく)にアルミ棒などを通し、アルコール系接着剤でブロック同士をくっつけます。
アルミ棒は、たとえば100円ショップでフロアモップの柄として売っています。モップ部分の首を針金などでしっかり固定して、台座に使うのもいいかもしれません。重みのあるもの(雑誌など)を台座にしてしっかり固定して、倒れないようにしてください。
2.電熱線カッターでまわりからけずっていき、紙ヤスリで曲線をだして形をつくります(マスクしてください)。また、アルコール以外のベンジンなどの溶剤を刷毛でぬることにより、なめらかな面や細かい凹みをつくることができますし、失敗した部分は電熱線カッターで平らに切り落として追加のブロックをアルコール系接着剤で貼ることも出来ます。(ただし刷毛はあとでその溶剤で洗わないとかぴかぴになります)
3.プライマー(下塗り剤)を塗るか、紙ヤスリをかけて、絵の具の定着がよくなるようにします。(絵の具の種類によっては不要かもしれません。絵の具側の説明をよく読んでください)
4.水性のアクリル系絵の具で塗ります。かわくと水にとけなくなります。溶剤系はスチロールに影響がありますので使えません。
5.ニスはアクリル系では必要ありません。アクリル系でない場合は、プライマーで木工用ボンド、ニスはあきらめたほうがいいです。通常のニスは溶剤があるためスチロールを溶かします。紙粘土ごしでも溶剤によって内部のスチロールが溶け縮んでしまうとおもうので、質問者さんの案そのままでは実行不可能かもと思います。まあ、ニスの溶剤とスチロールの相性次第ですがアルコール系ニスはないとおもいます。
 
と、こんな手順になるかとおもいます。
ハッポウスチロールが溶ける液体 - その他(ライフ) - 教えて!goo

専用接着剤 / 発泡スチロール・ビニールの接着|セメダイン

http://www.cosp.jp/chie_question.aspx?id=8430
そういえばコスプレ雑誌の小物づくりにこういうことが詳しくかいてありましたよ。

  • id:miharaseihyou
    構造材に太めのアルミ針金を何本も撚って使えば軽量で動かし易い。
    鉄骨を使う手もあるが、かなりハードルが高い。
    スチロールだけでは安定しないでしょう。
    立体なので正確な加工技術が一番問題になると思う。
    特に頭部や肌の露出を演出する部分は最難関だと思う。
    細かいうぶ毛まで埋め込むのは無理だと思うけど・・。
  • id:uma666
    早速回答ありがとうございます。
    毛髪等は表現しませんので、針金の部分を参考にしたいと思います。
    価格的にも抑えられると思いますので。
  • id:Kaoru_A
     自分が実際に見た作例では、針金のようなものを芯にしてパーツごとに発泡スチロールを通し、整形。その後石膏を塗って整え、塗装でした。

     有名所だと、「折田先生の像」が参考になる……なる、なるか、なったらいいかも?……です。
     ◆折田先生を讃える会:https://sites.google.com/site/freedomorita/
     H12年の「ハリボテ編」からになります。完成像の画像しかありませんが、大体の感じはつかめるかと思います。
  • id:uma666
    コメントありがとうございます。
    発泡スチロールも芯となる部分があれば安定しそうです。
    あとは大量の発泡スチロールを手軽に入手できれば、問題のほとんどが解決しそうです。
  • id:miharaseihyou
    スチロールを使うとして、一番の問題は大きなブロックのスチロールが売られていないと言うことです。
    充分な大きさのもの、特に胴体部などは特注になる可能性があります。
    3cmくらいの板(90cm×180cm)ならホームセンターにあるので、複数枚貼り合わせることになると思いますが、なかなか難しい。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません